インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  学芸員募集の掲示板  >  相模原市の市民ギャラリーとアートラボはしもとで「美術専門員」を募集!【事前説明会も開催!】

学芸員募集の掲示板

前を見る 前を見る 次を見る
[NO.5067] 相模原市の市民ギャラリーとアートラボはしもとで「美術専門員」を募集!【事前説明会も開催!】
会社・団体名 相模原市 市民局 文化振興課
担当者 アートラボはしもと  担当:興津(おきつ)
勤務地(都道府県) 神奈川県
勤務先(館名) ① 相模原市民ギャラリー(相模原市中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階) ② アートラボはしもと(相模原市緑区大山町1-43)
TEL 042-703-4654(アートラボはしもと)
詳細ページURL http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/boshu/staff/1017959/1018026.html
情報の公開日 2019年12月20日
有効期限 2020年1月26日
一言PR ○相模原市役所での新たな職員制度導入に伴い、「会計年度任用職員」として、すべての美術専門員を新規に募集します。
○従来の週5日勤務が週4日勤務になり、働きやすく。また、期末手当が支給されます。
●勤務期間:令和2年4月から令和3年3月まで(5年間まで更新可能)
●勤務場所:「相模原市民ギャラリー」か「アートラボはしもと」のいずれか
●申込期限:令和2年1月26日(日)必着
※2020年1月11日(土)午後2時から、アートラボはしもとにて事前説明会を開催。

詳しくは、下記URL(相模原市ホームページ)の「94 美術専門員 文化振興課」をご覧ください。
仕事内容
・美術に関する調査・研究、自主企画、共催事業等
・各施設(展示室等)の管理、貸し出しに伴うスケジュール管理、利用者への指導等
・その他所属長が必要と認めた業務


・美術に関する調査・研究、造形ワークショップ、美術大学や作家との連携事業等
・施設の管理・運営
・その他所属長が必要と認めた業務
雇用形態 その他
勤務時間 (1)勤務日数:週4日

(2)勤務時間:
1日につき7時間45分。午前8時30分~午後5時15分(休憩1時間)を基本にして、以下の勤務を指定する場合あり。

午前11時15分~午後8時(休憩1時間)


・午前10時~午後6時45分(休憩1時間)
・午後1時15分~午後10時(休憩1時間)

*①②ともに以上のほか、時間外労働あり。
休日・休暇 休館日(水曜日)及び別に所属長が指定する日
・1月1日から1月3日まで、12月29日から12月31日まで
・国民の祝日(国民の祝日を勤務日とした場合は休日を振替える。)
・年次休暇、夏季休暇及び慶弔に係る休暇等の制度あり
応募資格 勤務場所 ①、②とも
(1) 学芸員資格を有すること(令和元年度末取得見込みも含む)
(2) 美術を専門に学び、学芸業務の実施に必要な知識、技能、経験を有すること
給与 月額185,900円
待遇 相模原市一般職の給与に関する条例等に基づき、報酬、費用弁償(交通費)、時間外勤務手当、期末手当等が支給条件に応じて支給されます。
応募方法 (1) 第1次選考
ア 応募書類の作成等
・申込書は、所定の用紙(「令和元年度会計年度任用短時間勤務職員選考申込書」)を用いて書いてください。
・申込書の「その他」欄に以下を記入してください。
(ア)勤務希望場所:「市民ギャラリー」「アートラボ」「両施設とも可」のいずれか
(イ)普通自動車(第1種)免許の取得の有無
(ウ)パソコンのイラストレーター及びフォトショップの操作の可否
・「活動等経歴書」には、学歴のほか、アート事業の実施に携わった経験について内容を具体的に記入してください。(ご自身の作品の紹介ではありません。)
・作文は「相模原市美術専門員として私がしたいこと」をテーマに、所定用紙に600字~1200字で書いてください。
・学芸員資格取得(見込)証明書(写しも可)を必ず同封してください。
*応募にあたっては、両施設の業務内容について、市ホームページでご確認ください。

イ 応募書類の提出(勤務場所①、②とも)
アートラボはしもと宛に郵送または直接持ち込み 令和2年1月26日(日)必着

ウ 結果通知
・ 第1次選考の結果は、合否に関わらず通知します。(1月30日(木)頃発送予定)
・ 電話による合否の問い合わせには、一切応じられませんのでご承知おき下さい。

エ お問い合わせ
・ 応募資格、勤務条件、業務内容など、ご不明の点がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。日程の調整がつけば、施設を見学していただくこともできます。


(2)第2次選考
・ 第1次選考の合格者には、第2次選考(個別面接)を実施します。
・ 勤務場所①、②とも令和2年2月6日(木)に市民ギャラリーにて実施予定です。時間、会場等の詳細は、第1次選考の合格通知と合わせて通知します。
・ 第2次選考の結果も、合否に関わらず通知します。
掲載日だけの変更は禁止です。募集期限が過ぎた場合は、再度投稿してください
編集(パスワードが必要です)
前を見る 前を見る 次を見る
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社