インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  pickup museum  >  東京おもちゃ美術館
pickup museum

東京おもちゃ美術館

「赤ちゃん木育ひろば」は0・1・2歳専用。室内は柔らかい国産スギ材を使っています
子育て世代こそ行きたいミュージアム。いつもと違う場で、子どもの新たな一面を見つけられるかもしれません。でも、どこに行けばいいの? そんな方のために、子どもと一緒に楽しめるオススメのミュージアムをご紹介します。
グッド・トイ選定玩具の展示。もちろん触って遊べます
階段で上がれる“センターハウス”、木のボールを敷き詰めた“木の砂場”などがある「おもちゃのもり」
「ゲームの部屋」では、テーブルサッカー、オセロ、バックギャモンなどが楽しめます
日本の伝統おもちゃを集めた「おもちゃのまち あか」。お茶会も開催されます
廊下側から見た館内。窓枠や階段に古い小学校の雰囲気が残ります
受付横にあるミュージアムショップ“Apty”。ショップ目当ての方も多いそうです
小学校がおもちゃの美術館に

四谷三丁目駅から徒歩7分。東京おもちゃ美術館は新宿通りと靖国通りに挟まれた都会の真ん中にあります。

運営しているのは、良質なおもちゃを「グッド・トイ」に選定する事業を行っている、NPO法人日本グッド・トイ委員会。建物は旧四谷第四小学校の校舎を利用しています。

名前は「美術館」ですが、展示されているおもちゃの大部分で実際に遊べるのがポイント。「グッド・トイ」をはじめ、さまざまなおもちゃで存分に遊ぶことができます。

右も左も、おもちゃでいっぱい

ではさっそく美術館へ。階段を上がった2階が入り口です(エレベーターもあります)。

廊下の奥には、靴を脱いで遊べる「おもちゃのもり」があります。ここはヒノキ材を敷き詰めた遊び空間で、木のボールプール“木の砂場”は、寝っころがると意外な気持ち良さです。

0・1・2歳児向けには、2011年10月に「赤ちゃん木育ひろば」がオープンしました。こちらは柔らかな国産スギ材を使った空間で、スギのすべり台やトンネルは大人気。もちろん、おむつ替えコーナーや授乳スペースもあります。

小学生ぐらいの子どもには、3階の「ゲームのへや」がオススメ。テーブルサッカー、オセロ、バックギャモンなど、世界中のボードゲームで楽しむことができます。

他にもグッド・トイを常設で紹介する展示室や、手作りおもちゃを作るプログラムが毎日用意されている工房など、個性あふれるスペースが全8室。歴史的な建造物はおもちゃのあたたかい雰囲気に調和しており、神奈川や千葉・埼玉など遠方から来る方も多いというのもうなずけます。

「おもちゃ学芸員」が活躍

おもちゃを中心に、人とのコミュニケーションも重視しているのも美術館の特徴です。おもちゃの遊び方を教えたり、手作りおもちゃの指導をしたりするのは、赤いエプロンを着たボランティアスタッフ「おもちゃ学芸員」。18歳から80歳代まで約200名が登録しており、さまざまな職業・年齢のスタッフがそれぞれの得意分野で活躍しています。

館内に飲食スペースはありませんが、再入場可能なので、周辺の飲食施設を利用して長い間遊んでいくファミリーも多いとか。0歳から安心して楽しめるミュージアムです。(取材:2012年9月4日 写真・文:インターネットミュージアム)

取材に伺ったのは、平日の美術館の閉館後。駅から美術館に向かうと、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたママたちと何人もすれ違いました。おそらく、閉館ギリギリまで遊んでいたのでしょう。こんな施設が地元にあるのは羨ましい限りです

「おもちゃのもり」
「赤ちゃん木育ひろば」
「おもちゃのまち あか」。竹の建物は小さな茶室です
館内には楽しい動きのおもちゃがたくさん

館名東京おもちゃ美術館
所在地 東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
TEL : 03-5367-9601
HP : http://goodtoy.org/ttm/
開館時間10:00~16:00(入館は15:30まで)
料金 こども(6ヶ月~小学生) 500円 / おとな(中学生以上) 800円 / おとなこどもペア券 1,200円 / 団体(15名より) 一人につき100円引き
休館日木曜日(2月と9月に特別休館日あり)

インターネットミュージアム アルバイト募集中
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
太田記念美術館「江戸の凸凹
江戸の凸凹
鎌倉文学館「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」'
豊饒の海のススメ
神奈川県立歴史博物館「横浜開港160年 横浜浮世絵」'
「横浜浮世絵」展
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
根津美術館「はじめての古美術鑑賞
絵画のテーマ
Bunkamura
バレルcol.
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
横浜美術館「Meet the Collection ― アートと人と、美術館」
[エリアレポート]
アートと人と美術館
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
豊田市美術館「世界を開くのは誰だ?」
[エリアレポート]
世界を開くのは
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 松方コレクション展 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
日本画「青・蒼・碧」展 ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く ゴッホ展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社