インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  フェルメール展

フェルメール展

■夢のような「フェルメール・ルーム」
17世紀オランダ黄金時代を代表する画家、ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。寡作でも知られるフェルメールの作品が、なんと9点もやってくるという、前代未聞の展覧会がいよいよ始まりました。会場の上野の森美術館には、フェルメール作品に囲まれる、夢のような空間が出現しました。
人々の日常を題材にした静謐な風俗画を描いた、フェルメール。世界中で高い人気を誇り、日本でもその名を冠した展覧会が何度も開催されています。

実はフェルメールは寡作という事もあり、少し前まではそれほど人気がある画家ではありませんでした。1675年に没した後は、徐々に忘れられた存在に。再評価が始まったのは19世紀の事で、世界的なブームになったのは、1995~96年にアメリカとオランダで開催された展覧会からです。

日本におけるブームは、2000年の「フェルメールとその時代」展から。大阪市立美術館のみで開催され(東京に来なかったのも驚きです)、1会場で60万人を動員。その人気は決定的なものとなり、フェルメールの作品を目玉にした展覧会が相次いで開催されるようになりました。

東京では2008年に7作品を集めた「フェルメール展」が開催され(東京都美術館)、93万人が来場。今回はそれを上回る9作品という事で、まぎれもなく「日本美術展史上最大のフェルメール展」といえるでしょう。

今回の展覧会は6章構成。5章まではジャンル別で、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンら、オランダ同時代の絵画が紹介されます。



そして、いよいよ「フェルメール・ルーム」へ。正真正銘、右も左もフェルメール。ここは本当に日本でしょうか。

《マルタとマリアの家のキリスト》は、最初期の作品のひとつ。現存するフェルメール作品の中で最も大きく、マルタ・マリア姉妹の家をキリストが訪れた場面です。幅広のタッチは、後年の作品とはだいぶ印象が異なります。

《ワイングラス》は、日本初公開。初期から中期に至る過渡期の作品です。室内で、男性に勧められたワインを飲む女性。古楽器のリュートは、愛の暗示。ステンドグラスの窓にある、馬具を持つ女性は、欲望の統制を意味しており、女性への警告の意図が込められています。

《牛乳を注ぐ女》は、フェルメール作品の中でも名高い一点。レンブラント《夜警》とともに、オランダ・アムステルダム国立美術館の目玉といえる作品です。簡素な部屋で、静かに牛乳を注ぐメイド。パンや籠など、質感の表現は見事です。日常の一場面ですが、足元のタイルのキューピッドなど、寓意的な要素も。絵の解釈について、さまざまな意見が出ています。

なお《取り持ち女》の展示は、2019年1月9日(水)から2月3日(日)までの展示。それまで宗教画などを描いていたフェルメールがはじめて描いた風俗画とされています。また《赤い帽子の娘》は12月20日(木)までの展示となります。

混雑確実という事もあり、東京展は珍しい「日時指定入場制」となりました。1日を6つの時間枠に区切り、その間に入場するというもので、「入場までに3時間待ち」にはなりません。「入替制」ではないので、退場時間は自由です。当日日時指定券は前売日時指定券に余裕があった枠しか販売されないので、ネットでの事前入手を強くお勧めいたします。

2019年2月16日(土)からは、大阪市立美術館に巡回。大阪展ではフェルメール作品6点となり、東京展とは一部、作品が異なります。《恋文》は大阪展のみの出展です。フェルメール好きの方は、関西遠征も計画しておいてください(大阪展は日時指定ではありません)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年10月4日 ]


料金前売日時指定券:一般 2,500円 ほか → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場上野の森美術館
開催期間2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)
所在地 東京都台東区上野公園1-2
TEL : 03-3833-4191
HP : www.vermeer.jp/
展覧会詳細へ フェルメール展 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社