インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  横浜開港160年 横浜浮世絵

横浜開港160年 横浜浮世絵

■荒唐無稽も魅力です
【会期終了】 「泰平の眠りを覚ます上喜撰 たった四杯で夜も眠れず」。ペリー艦隊の要請に応じるかたちで、1859年に開港した横浜。半農半漁の村だった横浜は、国際都市へと大きな変貌を遂げました。今年は開港からちょうど160年、横浜浮世絵をテーマにした展覧会が、神奈川県立歴史博物館で開催中です。
神奈川県立歴史博物館では20年ぶりとなる、横浜浮世絵の特別展。2019年5月30日(木)からは、後期展が始まっています。

開港により、日本の中でいち早く西洋文明が流入し、近代化が進んだ横浜。横浜浮世絵は、開港後の横浜の街の姿や、外国人を描いた浮世絵作品の事で、異国情緒漂う表現が特徴です。

展覧会の序章は「横浜開港前夜」。開港以前の横浜は、観光名所どころか、浮世絵の題材になるようなものは何もありません。東海道の神奈川宿は、横浜駅より東神奈川駅の近くです。

第1章は「街ができる ─ 横浜開港 ─」。横浜は新しく整えられた事もあり、町並みが整然としています。貞秀の鳥瞰図で、2本の突堤(東波止場と西波止場)や、港に沿って建物が立ち並ぶ姿が分かります。

開港にあわせて、現在の横浜スタジアム付近に完成したのが、港崎遊郭です。多くの遊女屋の中でも岩亀楼(がんきろう)は豪華で知られ、なんと内部にはシャンデリアが。ゴージャスな建物で外国人が遊ぶさまは、IR(統合型リゾート)の先駆けともいえそうです。



第2章は「外国人たちとの出会い」。安政五カ国条約によって、アメリカ・オランダ・ロシア・イギリス・フランスと条約を締結した日本。当時の日本人にとっては、この5カ国に清(中国)を加えた6カ国の人々が“外国人”でした。

これまで見た事がなかった顔つきや髪形、そしてファッションをはじめとした身の回りの品々。新しい文化は浮世絵師を強く刺激し、多くの浮世絵が描かれました。

中には、外国人だけでなく、彼らの母国を描いた浮世絵も。ただ、資料を元にしているためか、同じ建物が別の国でも登場したりと、真実味に欠ける部分もあります。

第3章は「ヨコハマの明治」。1866年に起こった「横浜の大火」以降、横浜は石造りの建築が増えました。浮世絵にも、ベランダ付きの2階建てなど、洋風建築が見られます。

横浜にとって大きな出来事だったのが、1872年の鉄道開通。新橋─横浜間で始まった鉄道は関心を呼んでいたようで、開業より前から多くの浮世絵に描かれています。

明治になって出版された横浜浮世絵には、東京ではなく横浜の版元から出版されたものもあります。少し前まで寒村だった横浜から、浮世絵が出版できるようになったという事が、まさに横浜の発展を示しています。

ただ、この時代以降は、横浜浮世絵は下火に。明治末になると、浮世絵そのものも終焉を迎えました。

開国から近代化という激動の時代、「新しいものを見たい・知りたい」という大衆の欲求に対し、想像力豊かに応えたのが横浜浮世絵です。中には荒唐無稽な表現もありますが、それもまた魅力のひとつです。

通常の浮世絵展ではなかなか出ない作品の数々をお楽しみください。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年5月31日 ]


 
会場神奈川県立歴史博物館
開催期間2019年4月27日(土)~6月23日(日)
所在地 神奈川県横浜市中区南仲通5-60
TEL : 045-201-0926
HP : http://ch.kanagawa-museum.jp/exhibition/3754
展覧会詳細へ 横浜開港160年 横浜浮世絵 詳細情報
取材レポート
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
小田原文学館「「坂口安吾」ができるまで」
「坂口安吾」展
渋谷区立松濤美術館「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」
大倉陶園100年
千葉市美術館「没後60年 北大路魯山人 古典復興 ― 現代陶芸をひらく ―」
北大路魯山人
サントリー美術館「遊びの流儀 遊楽図の系譜」
遊びの流儀
東京都江戸東京博物館「発掘された日本列島2019」'
発掘された日本列島
国立新美術館「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」
ボルタンスキー展
ちひろ美術館・東京「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」'
ショーン・タン展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
静嘉堂文庫美術館「書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~」
[エリアレポート]
書物にみる海外交流
細見美術館「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
[エリアレポート]
タラブックスの挑戦
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
[エリアレポート]
ウィーン・モダン
三井記念美術館「日本の素朴絵 ― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―」
[エリアレポート]
日本の素朴絵
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
入江泰吉記念奈良市写真美術館「石内都 布の来歴 ― ひろしまから」
[エリアレポート]
「石内都」展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展
唐三彩 ― シルクロードの至宝 ― 福島復興祈念展「興福寺と会津」 メスキータ展 マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン 展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社