インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  江戸の凸凹 ― 高低差を歩く

江戸の凸凹 ― 高低差を歩く

■江戸時代、銀座は半島でした
【会期終了】 アイドルユニットの名前になるほど、坂が多い東京。いくつもの河川が通る事から東京には谷が多く、高低差がある地形は、東京の特徴のひとつともいえます。江戸を描いた浮世絵から、凸凹に着目した展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
時代が移り、すっかり町の風情は変わっても、意外と変化しないのが土地の高低。現在の東京も、江戸時代とほぼ変わらない地形の特徴が見られる場所が、各所にあります。

展覧会は、地形の高低差が感じられる浮世絵を紹介する企画。東京スリバチ学会が全面協力しました。

凸と凹を繋ぐのは、坂道。という事で、会場は坂を描いた作品から。歌川広重による《東都名所坂つくし》は、江戸のさまざまな坂道を題材にした10点の揃物で、まさにこの企画にピッタリの作品です。

歌川広重《東都名所坂つくしの内 伊皿子潮見坂之図》は、現在の港区三田の伊皿子坂。ここから江戸湾が一望できました。

歌川広景《江戸名所道外尽 廿八 妻恋こみ坂の景》は、文京区湯島。妻恋坂から北に伸びる芥坂(ごみざか)です。厠があったようで、鼻をつまんでいる人がいます。

ちなみに、乃木坂は江戸時代には幽霊坂と呼ばれていましたし、欅坂(けやき坂)は六本木ヒルズ再開発にともなってできた坂という事もあり、この展覧会にはありませんでした。



続いて、10のエリアで江戸の凸凹を紹介。「御茶ノ水・神田」「王子」「愛宕山・芝」「目黒」「品川・御殿山」「上野」「浅草」「日比谷・日本橋」「佃島・築地」「深川・木場」と進みます。

「凸」の中には、人工的に作られた山も。富士山に模して各所に造られた「富士塚」は、目黒にもありました(現存せず)。歌川広重《名所江戸百景 目黒新富士》は、富士塚である目黒富士(新富士)と、目黒川の桜を描いています。

歌川広重《東都名所 王子瀧の川》は、北区の滝野川(石神井川の下流)。当時は蛇行し、弁天の祠や滝があり、行楽地でもありました。

紹介されたエリアの中で、特に現在と大きく違うのが、日比谷・日本橋エリア。家康が江戸に入るまでは、日比谷付近まで海が入り込んでおり、銀座界隈は江戸前島という半島でした。江戸初期に埋め立てられ、大名屋敷などが建てられる事となります。

中には、なくなってしまった幻の地形も。隅田川に架かる新大橋の下流には「中洲新地」という大歓楽地があり、多くの茶屋で賑わっていましたが、寛政元年(1789)年には取り壊されてしまいました。理由は分かっていませんが、風紀取締のため廃止された、という説もあります。

展覧会の最後には、上空から見た江戸の姿も。もちろん、ドローンなどなかった時代ですが、浮世絵師たちは発想豊かに俯瞰した江戸の町を描きました。

会場では、浮世絵が描かれたスポットがマークされた地形図も配布されます(公式サイトからもダウンロードできます)。東京の土地カンがある人は、現在の地形を思い浮かべながら見ると、より楽しいと思います。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年5月31日 ]


 
会場太田記念美術館
開催期間2019年6月1日(土)~6月26日(水)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
展覧会詳細へ 江戸の凸凹 ― 高低差を歩く 詳細情報
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 奥の細道330年 芭蕉 コートールド美術館展 魅惑の印象派 没後90年記念 岸田劉生展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社