インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  生誕100年 松田正平展 陽だまりの色とかたち

生誕100年 松田正平展 陽だまりの色とかたち

■油絵に立ち向かった、その先
【会期終了】 角ばった太い輪郭線の裸婦、大きな口の魚や犬、そして繰り返し描いた周防灘…。飄々とした油彩画で多くの人に愛された松田正平の生誕100年を記念した展覧会が、神奈川県立近代美術館 鎌倉で開催中です。
松田正平は1913(大正2)年、島根県生まれ。山口県宇部市で幼少期を過ごし、東京美術学校からパリに留学。戦争で帰国した後は神奈川、山口、東京、千葉と移り住みながら創作を続け、2004年に91歳で死去しました。

一般にその名が知られるようになったのは晩年になってからですが、おおらかでほのぼのとした作品は見る人の心をとらえます。

山口県立美術館から巡回してきた本展は、関東では初めてとなる大規模な回顧展。美術学校時代から晩年まで、101点を展示します。


《自画像(Mの肖像)》から、会場

東京美術学校では藤島武二に学んだ松田正平。その作品は、戦前から戦後にかけて少しづつ厚塗りになっていきます。

1960年頃には絵の具の塊がカンヴァス上に附着するようになり、油絵の具と格闘するように創作を続けていきました。


1959年の《灯台》を横から見ると、厚塗りがはっきりと見てとれます

その後、徐々に作品は薄くなり、80年代には透明感のある水彩のような表現に変わっていきます。

古い蔵の中を使ったアトリエで黙々とカンヴァスに向き合った作品は、美術評論家の洲之内徹らに評価されるようになります。そして1984年には第16回日本芸術大賞を受賞、この時松田は71歳でした。


1986年の《モデル》の頃には、画風も安定しています

松田正平のアトリエには「犬馬難鬼魅易」と書かれた自筆の短冊が置かれていました。

鬼や化け物などを描くのは簡単だが、犬や馬などのありふれたものを描くのは難しい、という意味。身近なモティーフを好んだ松田の姿勢が現れています。


「犬馬難鬼魅易」の章

展覧会の最後は、周防灘の章。瀬戸内海の西の端にあたるこの海を、松田正平は半世紀にわたって描き続けました。


「悠久の周防灘」の章

長い間不遇の日々を過ごしながらも、真摯に油絵と向き合った松田正平。図録の最後には、松田正平のこんな言葉が載っていました。

「わたしは油絵がわからんから生涯描くでしょう、油絵を本気で。」


[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年6月27日 ]

風の吹くまま ― 松田正平画文集

松田 正平 (著)

求龍堂
¥ 3,150

 
会場神奈川県立近代美術館 鎌倉
開催期間2013年6月8日(土)~9月1日(日)
所在地 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-53
TEL : 0467-22-5000
HP : http://www.moma.pref.kanagawa.jp
展覧会詳細へ 生誕100年 松田正平展 陽だまりの色とかたち 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
渋谷区立松濤美術館「いっぴん、ベッピン、絶品!
浮世絵師たちの絵画
21_21
デザイナー達の原画
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
エリアレポート 神戸市立博物館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020 誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展 しあわせのリカちゃん展
彩られた紙―料紙装飾の世界― 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 チェコ・デザイン 100年の旅
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社