インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  戦後70年:もうひとつの1940年代美術

戦後70年:もうひとつの1940年代美術

■戦争を支えた、国民と画家
【会期終了】 ハッとするような展覧会が地方の美術館で開かれる事がしばしばありますが、本展も間違いなくそのひとつ。栃木県立美術館で「戦後70年記念展」の決定版が開催中です。
日中戦争が始まった1937年からサンフランシスコ講和条約が発効した1952年まで、年代順に約170点を紹介する本展。主要(とされる)画家の作品は多くはありませんが、個々の画家の創作を掘り下げ、美術家たちが大きな流れに飲み込まれていった(または、自ら身を投じた)さまが浮き彫りになっていきます。

展示の中心は絵画ですが、同時代の版画や工芸の作品も紹介。またグラフ雑誌や漫画などの印刷物もあわせて展示する事で、当時の世相も伝わってきます。


1937年から1952年までの作品が並びます

最も多くの作品が展示されているのが、栃木生まれの清水登之です。清水は士官学校の受験に失敗して画家の道へ(軍で身を立てるのは、当時の若者にとってごく普通の目標でした)。上海事変の戦跡取材を皮切りに満州、南京、漢口、東南アジア各地と積極的に戦地をまわり多くの作品を残しました。皮肉な事に、従軍した長男は戦死しています。

風景画の名手で新版画でも活躍した吉田博も、1938~40年に陸軍の依頼で中国に赴いています。すでに還暦を越えていた吉田(1876年生)ですが、飛行機に搭乗し、写真も撮影。迫力あふれる《急降下爆撃》は、1941年の第4回新文展への出品作です。


清水登之と吉田博の作品

「戦争画」の文脈ではあまり語られる事が無い女性画家の作品も、数多く紹介されています。

美人画で名高い上村松園は戦争とは縁がなさそうに思えますが、1941年に慰問のため中国へ。松園が描いた‘つましい江戸女性’の姿は、倹約の精神とも合っています。

一方で赤松俊子(丸木俊)は、抑圧された人々を表現。元になったのは南洋諸島で描いた明るいスケッチでしたが、時代の空気を反映して陰鬱な作品にまとめられました。

女流美術家奉公会を結成した長谷川春子、同会にも参加した吉田ふじを(吉田博の妻)、戦後は舞台美術家として活躍した朝倉摂なども、時代の求めに応じた作品を創作。結果として多くの画家たちは、国が主導する戦争の枠組みに加担する事になったのです。


女性画家の作品

あまり知られていないと思われるのが、戦争柄の着物。日露戦争の英雄である東郷平八郎と乃木希典の肖像や、飛行機、戦艦などが、男児用の着物に描かれています。実在の軍人や兵器が、子どもの健康と出世を祈る吉祥の柄として使われているのは、現代の感覚からすると驚くばかりです。

最後の「一億一心」は、1941年から新聞や雑誌に頻出した標語。一日における心得として記されているのは、庭に畑を作れ、夜は戦地の兵隊を思って眠れ…等々です。


戦争柄の着物

展覧会後半は、戦後の作品。民主化政策の中で画家たちも自由な創作が可能となり、戦時中は難しかった裸婦像も見られるようになります。赤松俊子(丸木俊)の裸婦は力強く自立、‘慰安婦’に屈折した感情を抱いていた古沢岩美は官能的、桂ユキ子(ゆき)は生活に疲れた裸婦と、三様の裸婦像が並びます。

労働運動も盛んになり、新居広治は戦後初の労働争議である茨城県高萩炭鉱での闘争を題材にした版画を制作。ただ、米国は占領政策を転換して「逆コース」を進む事となり、社会主義運動は取締りの対象になっていきます。

展覧会の最後は、丸木位里・赤松俊子(丸木俊)による《原爆の図 第4部 虹》。《原爆の図》は今夏、米国の首都・ワシントンで初めて展示されて話題になりました。


戦後の作品

軍・官・民が一体となり、誰もが迷う事なく突き進んだ戦争への道。画家たちも、むしろ誇りを持って戦争を支える側に参画して行った事が分かります。戦争が終わって私たちは自由を手に入れましたが、この教訓を活かしていると、胸を張って言えるでしょうか。

栃木での開催という事もあって、行く前に少し迷っていたのが恥ずかしくなりました。取材とご紹介が遅くなった事を深くお詫びいたします。これを見ずに「戦後70年展」の話は出来ないと断言します。[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年12月9日 ]

日本の美術館ベスト100ガイド日本の美術館ベスト100ガイド

 

マガジンハウス
¥ 1,234

 
会場栃木県立美術館
開催期間2015年10月31日(土)~12月23日(水)
所在地 栃木県宇都宮市桜4-2-7
TEL : 028-621-3566
HP : http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/exhibition/t151031/index.html
展覧会詳細へ 戦後70年:もうひとつの1940年代美術 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社