インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ジョルジョ・モランディ ─ 終わりなき変奏

ジョルジョ・モランディ ─ 終わりなき変奏

■作品ごとの微妙な違いは、ぜひ会場で
【会期終了】 20世紀のイタリアを代表する画家、ジョルジョ・モランディ(1890-1964)。当時流行した美術の運動とは距離をおき、静物や風景など限られたモチーフを繰り返し描きました。日本では17年ぶりとなる大規模個展が、東京ステーションギャラリーに巡回中です。
モランディは1890年生まれ。キュビスムのピカソやブラック、未来派のボッチョーニらよりやや若い世代に当たります。

注目を集めつつあった彼らの動きに対し、モランディも画業の初期には近しい作品を描いていた事もあります。

ただ、それは一過性の事。その後は何にも属さない独自のスタイルを歩む事となり、その姿勢は生涯かわる事はありませんでした。

会場では、最初のセクションで初期作品を展示。あとは年代や技法を超え、モチーフや画面構成の特徴ごとに進みます。


セクション1「変奏のはじまり」

本展の中心は、卓上の瓶や容器、花瓶などを組み合わせた静物画です。

モチーフは日常的ですが、モランディは配置し、置き直し、組み替えてと試行錯誤を繰り返した末に制作。同じように見える作品にも、徹底したこだわりが込められています。

モランディは生まれ故郷のボローニャをほとんど離れませんでしたが、その作品は世界中の美術ファンの心を捉えました。

熱心なファンの一人が「三代テノール」として名高いルチアーノ・パヴァロッティ。パヴァロッティは海外公演の際にもモランディ作品をトランクに入れ、宿泊するホテルに飾っていたと伝わります。


会場(3階)

下のフロアにも静物画が続きます。モランディの静かな作品は、東京ステーションギャラリーの特徴的なレンガの展示室にとてもマッチしています。

モランディの絵を見ていると、時折「ピッタリ」の部分がある事に気づきます。隣り合った容器の上部が揃っていたり、卓の輪郭のラインと容器の角が揃っていたりと、奇妙にも思えるこだわり。容器の影を卓上に描いた後に塗りつぶして消した作品もあり、独特の感性で制作を進めていった事も分かります。


会場(2階)

会場後半は、風景と花の作品です。17年前に東京都庭園美術館などで開催された前回の展覧会も「ジョルジョ・モランディ 花と風景」でした(ただ、静物画を含まなかった前回の展覧会は、どちらかといえばイレギュラーな構成です)。

風景は極端に単純化され、家にはドアも窓もなく、空には雲もありません。花のモチーフは生花ではなく、造花のバラ。静物画と同じように、背景とピッタリ合う部分が見つけられる作品もあります。ちなみにモランディは、花の絵はだれにも売ろうとしませんでした。


セクション10「風景の量感」、セクション11「ふるえる花弁」

展覧会には故郷ボローニャにあるモランディ美術館が全面的に協力。同館の所蔵品を中心に、イタリアおよび日本国内のコレクションから多数の作品が揃いました。

これだけまとまってモランディの作品が見られる機会はなかなかありません。作品ごとの微妙な違いは、ぜひ会場でお楽しみください。巡回展は兵庫県立美術館で開幕し、東京ステーションギャラリーが2館目。この後に岩手県立美術館に巡回します(4月16日~6月5日)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年2月19日 ]

ジョルジョ・モランディジョルジョ・モランディ

ジョルジョ・モランディ (著), 岡田温司 (監修)

フォイル
¥ 3,240


■東京ステーションギャラリー ジョルジョ・モランディ に関するツイート


 
会場東京ステーションギャラリー
開催期間2016年2月20日(土)~4月10日(日)
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
TEL : 03-3212-2485
HP : http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201602_morandi.html
展覧会詳細へ ジョルジョ・モランディ ─ 終わりなき変奏 詳細情報
取材レポート
Bunkamura
リヒテンシュタイン
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
江戸東京博物館「士
士 サムライ
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社