インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  マイメロディ展、キキ&ララ展

マイメロディ展、キキ&ララ展

■40年、ずっとかわいい。
【会期終了】 サンリオの人気投票で必ず上位に入るマイメロディとキキ&ララ(マイメロディは2010年、2011年、2014年に1位、キキ&ララは2009年、2010年、2011年に2位)。ともに1975年に一人のデザイナーの手によって生み出されました。40年以上愛され続けるキャラクターの魅力が詰まった2つの展覧会が松屋銀座で開催中です。
マイメロディは赤ずきんをモチーフに生まれたキャラクター。会場もオオカミの口が入口になっています。初代デザイナーが新キャラクターの社内プレゼン用に描いた「Little Red Riding Hood」の原画全点展示は、この展覧会が初めてです。

赤ずきんちゃんとしてデビューし、マイメロディという名前は後につけられました。ずきんの色も赤からピンクに代わっています。


マイメロディ展

会場には過去に販売されたグッズも展示。「これ持ってた」「この絵のグッズ覚えてる」…と、懐かしい気持ちになります。

長年愛され続けているキャラクターですが、時代とともに少しずつタッチが変わることも。やわらかなパステル調になったり、マイメロディのトレードマークであるずきんも、様々なバリエーションが生まれています。


マイメロディ展

キキ&ララ展は雰囲気が一変。星がきらめく夜のような世界が広がります。いつも「キキララ」と呼ばれますが、キャラクター名はリトルツインスターズ。弟のキキ、姉のララの名前は公募で決まりました。


キキ&ララ展

近年の作画はデジタルで行われますが、最初に手描きで生まれた愛らしさは変わりません。

マイメロディ展も、キキ&ララ展も、初代デザイナーによる新作が展覧会の最後に展示されています。マイメロディ展には、マイメロディとキキ&ララが揃った貴重なコラボイラストもあります。会場でぜひご確認ください。


キキ&ララ展


グッズコーナーも充実のラインナップです。展覧会限定のアイテムや、先行販売品を含め約360アイテムがずらり。トートバッグやポーチなど、どの柄にするか悩んでしまいそうです。


グッズショップ

また、会期中限定の「マイメロディ♡キキ&ララ カフェ」が会場内にオープン。ここでしか食べられないオリジナルメニュー4種が楽しめます。マイメロディやキキ&ララをモチーフにしたドリンクとフードは、食べるのがもったいないくらいです。

「可愛い」がたくさん詰まった、春らしい展覧会。会期は約3週間です。お見逃しなく。
[ 取材・撮影・文:川田千沙 / 2016年3月15日 ]

© 1976, 2016 SANRIO CO.,LTD.


料金マイメロディ展/キキ&ララ展〈共通券〉一般当日:1,000円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■マイメロディ展 に関するツイート


 
会場松屋銀座
開催期間2016年3月16日(水)~2016年4月4日(月)
所在地 東京都中央区銀座3-6-1
TEL : 03-3567-1211(大代表)
HP : http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/
展覧会詳細へ マイメロディ展、キキ&ララ展 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社