インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  戦国時代展 A Centry of Dreams

戦国時代展 A Centry of Dreams

■実は豊かだった、戦乱の世
【会期終了】 大河ドラマや映画はもちろん、最近ではマンガやゲームでも繰り返し描かれる戦国時代。各地に群雄が割拠した事は間違いありませんが、近年の研究では、戦国時代の日本もひとつのまとまりがあった事が指摘されるようになりました。今までのイメージとはやや異なる、もうひとつの戦国時代像。巡回展のスタートは江戸東京博物館です。
エンタテインメントとしても強力なコンテンツである戦国時代。展覧会でもしばしば取り上げられていますが、本展にも全国から揃った歴史資料や美術工芸品がずらり。歴史好きにはたまらない機会となりました。

戦国時代の範囲にも所説ありますが、本展では1454年の「享徳の乱」と1467年の「応仁・文明の乱」から、織田信長による将軍・足利義昭追放までとし、100年余の流れを網羅的に紹介していきます。

序章の後は合戦の紹介から、川中島の合戦を描いた屏風が目を引きます。謙信の一撃を信玄が軍配で受けたエピソードは、後年に描かれた絵画で繰り返し表現されています。


序章「時代の転換」、第1章「合戦 静寂と喧騒」

続いて、戦国時代の主人公である武将について。足利将軍家をはじめ細川、三好、浅井、朝倉、斎藤、織田、今川と、列島各地で力を蓄えた面々が、肖像画や愛用品で紹介されていきます。

刀剣女子がお目当ての義元左文字は、ここで展示。桶狭間で戦死した今川義元から信長、秀吉、家康と伝わった名刀です(展示は12/18まで)。

名だたる戦国大名との生々しい交渉が感じられるのが、上杉家文書。内容は感謝から催促、誘惑、釈明とさまざまで、戦国の世を懸命に生き抜こうとする姿が浮かび上がります。


第2章「群雄 駆け抜けた人々」

第3章は「権威」について。各地に有力大名が乱立しても、京都を頂点としたヒエラルキーが消え去ったわけではありません。

足利将軍家が定めた美の基準や、天皇を頂点とした朝廷の秩序。形骸化しているかに思える京の権威も、新興勢力である地方の有力者にとっては憧れの的でした。

秩序の破壊者として捉えられる戦国大名ですが、むしろ旧来からの秩序を頼りにして、自らの存在意義を高めようとしていったのです。


第3章「権威 至宝への憧れ」

戦国時代は、社会的には村や町が成立し、巡礼が盛んになった時代。交易も栄えて地方まで富が波及し、豊かな時代だったともいえるのです。

人の物の流れは、列島だけに収まりませんでした。アイヌとの交易で得たラッコの皮は将軍に献上され、中国南部で焼かれた陶磁器は石見(島根県)に、大友氏(大分)にはベトナム・タイ・ミャンマーの陶磁器がもたらされています。

エピローグでは、近江観音寺に残る古文書が紹介されています。人々が願いを込めた寄進状に書かれた「現世安穏」「後生菩提」の文字。この世の安泰と、後世ではより良い世界をと願う、素朴な思いが込められています。


第4章「列島 往来する人と物」、終章「新たなる秩序」

書状から美術品まで膨大な資料を紹介する本展。大きく前後期に分かれており、12月までの前期では西国の将軍・大名、1月からの後期は東国の大名を中心に紹介します。展示作品については、公式サイトでご確認ください。東京展の後は京都、山形に巡回します。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年11月22日 ]


料金一般当日:1,350円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■戦国時代展 に関するツイート


 
会場江戸東京博物館
開催期間2016年11月23日(水)~2017年1月29日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : http://sengoku-period.jp/
展覧会詳細へ 戦国時代展 A Centry of Dreams 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
[エリアレポート]
河鍋暁斎
あべのハルカス美術館「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」
[エリアレポート]
驚異の超絶技巧!
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
藤子・F・不二雄ミュージアム みんなのひろばリニューアル
[エリアレポート]
みんなのひろば
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
建築と空間展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社