インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか

ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか

■ルーヴル全8部門から、傑作が集結
【会期終了】 人が何かを描くとき、最も身近なモチーフのひとつが人の顔=肖像。肖像芸術は、美術という概念が生まれる前から、人々が行ってきた表現活動です。ルーヴル美術館から肖像の傑作が集結。古代から19世紀までの肖像芸術を通し、その役割と特質に迫る展覧会が国立新美術館で始まりました。
「ルーヴル美術館」の名を冠した展覧会はしばしば開催されますが、今回は肖像がテーマ。対象が極めて広範囲な事が今回はポイントで、ルーヴルの全8部門(古代オリエント美術、古代エジプト美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、イスラム美術、絵画、彫刻、美術工芸品、素描・版画)から作品が横断的に選ばれて出展されるのは、珍しい試みです。

肖像の役割のひとつが「人の存在を記憶する」。亡くなった人を記憶に残すため、肖像をともなう墓をつくるのは、広い地域で行われました。

ダヴィッドとその工房による《マラーの死》は、暗殺されたフランス革命の指導者を、殉教者のように描いた作品。政治的なプロパガンダとしての意図もあり、本作を含めて多くのレプリカが描かれています。


プロローグ「マスク―肖像の起源」、第1章「記憶のための肖像」

肖像芸術と聞いてイメージしやすいのが、権力としての肖像画。写真が無かった時代、権力者は肖像で自らの姿を民に示し、その権勢をアピールしました。

権力者である事を示すために、肖像には決まった表現があります。例えば、紀元前3000年紀末頃の古代メソポタミアの王は、縁がある被り物を被るのがきまりです。

展覧会の見どころが、ナポレオンの肖像が揃ったコーナー。27歳の肖像画、皇帝に即位した際の彫像、さらに51歳で亡くなった時のデスマスクまで、民衆の支持を集めた英雄は、さまざまな姿で表現されています。


第2章「権力の顔」

ルネサンス以降のヨーロッパでは、有力な市民が勃興。それまでは王侯貴族や聖職者のものだった肖像も、より広範囲に、より下の階層に広がっていきます。

対象の拡がりによって、表現方法も変化。例えば肖像の衣服は、それまでは権力者である事を示すための約束でしたが、市民階級になると、その人の人柄や個性を示すための要素に変化します。

展覧会のメインビジュアルのひとつであるヴェロネーゼ《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》も、優雅なドレスや宝飾品がモデルの個性を引き立てています。ただ、この人が誰なのか、実は分かっていません。

しめくくりは、アルチンボルド。多様な産物を寄せ集めた肖像画は、君主の広大な帝国を寓意的に示しています。


第3章「コードとモード」、エピローグ「アルチンボルド―肖像の遊びと変容」

国立新美術館での展示は9月3日までと長めですが、一般的に展覧会は会期末のほうが混雑します。お早目にどうぞ。大阪市立美術館に巡回します(9/22~1/14)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年5月29日 ]

はじめてのルーヴルはじめてのルーヴル

中野 京子(著)

集英社
¥ 950

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場国立新美術館 企画展示室1E
開催期間2018年5月30日(水)~9月3日(月)
所在地 東京都港区六本木7-22-2
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.ntv.co.jp/louvre2018/
展覧会詳細へ ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
根津美術館「酒呑童子絵巻 ― 鬼退治のものがたり ―」
酒呑童子絵巻
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
弥生美術館「画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年」
バロン吉元☆元年
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
三鷹市美術ギャラリー「「タータン 伝統と革新のデザイン」展」
タータン
ソニーミュージック六本木ミュージアム「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」
乃木坂 46 展
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
三井記念美術館「国宝 雪松図と動物アート」
雪松図と動物アート
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
日本橋高島屋S.C. 本館 8階ホール「浮世絵最強列伝 ― 江戸の名品勢ぞろい ―」
[エリアレポート]
浮世絵最強列伝
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
[エリアレポート]
子どものための
渋谷区立松濤美術館「終わりのむこうへ : 廃墟の美術史」
[エリアレポート]
終わりのむこうへ
山種美術館「【特別展】皇室ゆかりの美術 ― 宮殿を彩った日本画家 ―」」
[エリアレポート]
皇室ゆかりの美術
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ルーベンス展 ー バロックの誕生 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED 顔真卿 王羲之を超えた名筆
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展 ムンク展―共鳴する魂の叫び
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社