インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  没後50年 藤田嗣治展

没後50年 藤田嗣治展

■過去最大の回顧展
【会期終了】 藤田の代名詞「乳白色の下地」による裸婦がずらり。国内外の所蔵者から代表作品が集結する、史上最大規模の藤田嗣治展が東京都美術館ではじまりました。初期から晩年まで約100点で、改めて藤田芸術の本質に迫ります。
渡仏先で独自の画風を確立し、エコール・ド・パリの寵児として活躍した藤田嗣治。世界に羽ばたいた日本人画家は数多くいますが、フランスにおいて真の意味で名を残した日本人画家は、藤田嗣治ただひとりかもしれません(他では、あえて言えば北斎でしょうか)。

藤田は1968年に亡くなりましたが、君江夫人の意向もあり、まとまったかたちでの展覧会はなかなか開催されませんでした。ようやく展覧会が開かれ出したのは、2006年頃から。本展には国内の所蔵先約50カ所に加え、フランス、スイス、ベルギー、アメリカなど海外からも代表作が集結し、文字通り、過去最大規模の藤田嗣治展になりました。

会場は8章構成で、ほぼ時代順。東京美術学校在学中の作品から、生涯最後の個展に出品された宗教画まで、画業の全貌を通覧します。

藤田の代表作といえば、やはり「乳白色の下地」による裸婦。藤田は1920年代にこのスタイルを確立し、パリで大成功を収めました。単体や群像図など、第4章に14点の裸婦(うち2点はポスター)が並びます。

対照的な作品が「作戦記録画」。第二次大戦期に日本に戻った藤田は、おかっぱ頭を丸刈りにして、祖国のために絵筆をふるいました。会場では《アッツ島玉砕》《サイパン島同胞臣節を全うす》を並べて展示。前後の作品とあわせて見る事で、改めてこの時代の異様さが浮かび上がります。

「作戦記録画」への関与が仇となり、戦後は追われるようにフランスに戻った藤田。フランス国籍を取得し、日本国籍を放棄。晩年にはカトリックの洗礼を受け、キリスト教をテーマにした絵画を数多く描きました。81歳で永眠、自らが建てた北フランスのランスの礼拝堂に埋葬されています。



著作権の関係もあって会場風景があまりご紹介できませんが、藤田の全てを通覧できる豪華な展覧会です。「藤田らしくない」作品も堪能できます。

来年にはパリ日本文化会館でも「藤田嗣治」展が開催(2019年1月16日~3月16日)、「作戦記録画」が初めて海外で展示されます。海外での反応も楽しみです。

東京都美術館での展示は10月8日まで。秋の連休まで開催されますが、総じて展覧会は会期末が混雑しますので、早めの鑑賞をおすすめいたします。続いて、京都国立近代美術館に巡回します(10/19~12/16)

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2018年7月30日 ]

もっと知りたい藤田嗣治―生涯と作品もっと知りたい藤田嗣治―生涯と作品

林 洋子(著,監修),内呂 博之(著)

東京美術
¥ 1,944

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京都美術館
開催期間2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
所在地 東京都台東区上野公園8-36
TEL : 03-5777-8600(ハローダイアル)
HP : http://www.tobikan.jp/exhibition/2018_foujita.html
展覧会詳細へ 没後50年 藤田嗣治展 詳細情報
取材レポート
森アーツセンターギャラリー「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」
新・北斎展
東京都美術館「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
奇想の系譜展
世田谷文学館「ヒグチユウコ展 CIRCUS(サーカス)」
ヒグチユウコ展
サントリー美術館「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
河鍋暁斎
埼玉県立近代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー」
インポッシブル
東京国立近代美術館「イメージコレクター・杉浦非水展」
杉浦非水展
太田記念美術館「小原古邨」
小原古邨
出光美術館「染付 ― 世界に花咲く青のうつわ」
染付
原美術館「「ソフィ カル ― 限局性激痛」原美術館コレクションより」
ソフィ カル
静嘉堂文庫美術館「岩﨑家のお雛さまと御所人形」
岩﨑家のお雛さま
国立新美術館「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」
イケムラレイコ
アーツ前橋「闇に刻む光 アジアの木版画運動 1930s-2010s」
闇に刻む光
ポーラ美術館「モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい」
モダン美人誕生
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
パナソニック 汐留ミュージアム「子どものための建築と空間展」
建築と空間展
静岡市美術館「起点としての80年代」
起点としての80年代
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ―光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい―」
美のスターたち
大阪市立美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
横浜美術館「イサム・ノグチと長谷川三郎 ― 変わるものと変わらざるもの」
[エリアレポート]
イサム・ノグチ
あべのハルカス美術館「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」
[エリアレポート]
驚異の超絶技巧!
すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」
[エリアレポート]
北斎アニマルズ
たばこと塩の博物館「江戸の園芸熱」
[エリアレポート]
江戸の園芸熱
京都国立近代美術館「世紀末ウィーンのグラフィック」
[エリアレポート]
世紀末ウィーン
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
新・北斎展 HOKUSAI UPDATED フェルメール展 顔真卿 王羲之を超えた名筆 アルヴァ・アアルト もうひとつの自然
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド ゴッホ展 北斎アニマルズ イメージコレクター・杉浦非水展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社