インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

■伝統と個性、書の各様
【会期終了】 唐時代の書の大家、顔真卿(がんしんけい:709-785)。初唐の三大家とは異なる美意識で、後世にも大きな影響を与えました。書の普遍的な美しさを法則化した唐時代を中心に、書の名品を国内外から集めた展覧会が、東京国立博物館で開催中です。
2013年には年始に「書聖 王羲之」、夏に「和様の書」が開催された東京国立博物館。書をテーマにした特別展は6年ぶりの開催です。

まずは書体の変遷から。秦の始皇帝が中国を統一し、公式書体として「篆書(てんしょ)」が確立。簡略化したのが「隷書(れいしょ)」。さらに実用的な速書きとして生まれたのが「草書」や「行書」。公式書体の最終形である「楷書」は、現在でも漢字の標準体です。

王羲之をこよなく愛したのが、唐の第2代皇帝・太宗です。全国に散逸していた王羲之の書をかき集め、最高傑作「蘭亭序」は自らの陵墓に陪葬。約300年前の書家が「書聖」として神格化されます。

初唐の三大家である虞世南、欧陽詢、褚遂良(ぐせいなん、おうようじゅん、ちょすいりょう)は王羲之の書法を継承。楷書の典型を完成させました。

そして、顔真卿の登場です。顔真卿は唐王朝のために、終生に渡って尽くした官僚でした。形骸化しつつあった王羲之の書法に対し、自らの情感を書に表す気運が高まる中、顔真卿は見事な書で応えていきます。

展覧会の白眉が《祭姪文稿》。内乱の犠牲になった従兄の子を供養する文章の草稿で、悲痛と義憤に満ちています。顔真卿の肉筆は世界に数点のみ。台北 國立故宮博物院から、堂々の初来日です。



続いて、日本における唐時代の書の受容について。三筆(空海・嵯峨天皇・橘逸勢)、三跡(小野道風、藤原佐理、藤原行成)の国宝・重要文化財が並びます。

顔真卿の書は、宋時代になって評価が高まります。人間性と書が結び付けられ、個性的な書が尊ばれました。

その後も、伝統的な書と個性的な書は消長を繰り返しますが、王羲之の書は真跡が存在しない事もあり、ついに神話は崩壊。野趣あふれる書風が主流になっていきました。

チラシなどでは《祭姪文稿》に大きくスポットがあたっていますが、見逃せないのが「李氏の四宝」。李宗瀚(1769~1831)による拓本コレクションの中から選ばれた4種の孤本(拓本がひとつしかないもの)で、門外不出の逸品です。4種がそれぞれ独立ケースで展示されています。

報道内覧会には中国メディアの姿も多く、関心の高さが伺えました。会期はわずか6週間、東京国立博物館のみでの開催です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年1月15日 ]

王羲之と顔真卿:二大書聖のかがやき王羲之と顔真卿:二大書聖のかがやき

富田 淳(監修)

平凡社
¥ 2,700

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京国立博物館
開催期間2019年1月16日(水)~2月24日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://ganshinkei.jp/
展覧会詳細へ 特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」 詳細情報
取材レポート
古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
澄川喜一 そりとむくり'
澄川喜一
太田記念美術館「鏑木清方と鰭崎英朋 近代文学を彩る口絵 ―
鏑木清方と鰭崎英朋
目黒区美術館「越境者たち-BEYOND
越境者たち
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
森美術館「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命
未来と芸術
東京都美術館「ハマスホイとデンマーク絵画」'
ハマスホイ
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
21_21
デザイナー達の原画
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
東京国立近代美術館工芸館「所蔵作品展
パッション20
東京オペラシティ
白髪一雄
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
クラシックホテル展
クラシックホテル
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
モダンデザイン
エリアレポート 静嘉堂文庫美術館「『鉅鹿』発見100年 ─ 磁州窯と宋のやきもの」
[エリアレポート]
磁州窯
エリアレポート 東京都庭園美術館 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
[エリアレポート]
ルネ・ラリック
エリアレポート 兵庫県立美術館 「ゴッホ展」
[エリアレポート]
ゴッホ
エリアレポート 東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ」
[エリアレポート]
バルセロナ
エリアレポート 東京国立博物館「日本書紀成立1300年 特別展『出雲と大和』」
[エリアレポート]
出雲と大和
エリアレポート 神奈川県立近代美術館 鎌倉別館「生誕120年・没後100年 関根正二展」
[エリアレポート]
関根正二
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 奇蹟の芸術都市バルセロナ ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 傘寿記念 デヴィ・スカルノ展 わたくしが歩んだ80年 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」 京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社