インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  福岡市美術館がリニューアル

福岡市美術館がリニューアル

■自慢のコレクションを、開かれた美術館で
【会期終了】 2016年秋から閉館していた福岡市美術館が、いよいよリニューアル・オープン。より開かれた美術館を目指して、エントランスをはじめさまざまな改修が行われました。記念の展覧会は、全館を使ったコレクション展に加え、世界を舞台に活躍する現代美術家の大規模展です。
1979年に竣工した福岡市美術館。設計は近代建築の巨匠で、数々の美術館を手掛けている前川國男です。同じ建築家なので、首都圏の方なら、どことなく東京都美術館と印象が似ていると思うかもしれません(都美は1975年竣工)。

今回は、開館以来初めてとなる大規模リニューアル。前川による建築意匠は残しつつ、さまざまな場所に手を入れ、機能強化を図りました。

最も大きな変更点が、公園側に新設された出入口。美術館は、福岡市民の憩いの場でもある大濠公園内に位置していますが、これまでは園路から直接1階に入る事はできず、エスプラナードを経て2階入り口からしか入館できませんでした。アプローチ広場も含めた整備で、文字通り開かれた印象が強くなりました。

公園口のすぐ脇には、カフェ「アクアム」を新設。2階のレストラン「プルヌス」とともに、ホテルニューオータニ博多が運営します。

ミュージアムショップも拡充され、1階エントランスロビーに設置。所蔵品をモティーフにしたオリジナルグッズに加え、福岡の伝統工芸品も扱っています。



リニューアル記念展は、コレクション展+企画展という構成。コレクション展は、開館以来最大のスケールで館蔵の名品を紹介します。

会場は、草間彌生からスタート。ダリ、ミロ、シャガール、藤田嗣治などに続き、ウォーホル、バスキアなど、モダンアートの著名作家まで。90年代後半以降に収集された現代美術も展示されています。ホワイトキューブの展示室は、最新の照明設計で作品の美しさが際立ちます。

通常は貸しスペースとして利用されるギャラリーA~Fも、今回はコレクション展で利用されています。

50年代後半の前衛美術グループ「九州派」、新版画の巨匠で久留米出身の「吉田博」、福岡市美術館での展覧会を機に再評価が進む「藤野一友」という、個性的なラインナップ。「九州古陶磁」と「アジアの仏教美術」も紹介されます。

1階の展示室は古美術。入って右手の東光院仏教美術室では、入口に金剛力士像、中に進むと十二神将に囲まれた薬師如来立像。寺院のような雰囲気を出しつつ、360度鑑賞可能な展示は美術館ならではの利点です。

松永安左エ門旧蔵の茶道具や、九州からアジアに広がる古美術作品も。現代美術と古美術をともに楽しめる美術館は、あまり例がありません。

企画展は「インカ・ショニバレCBE:Flower Power」。インカ・ショニバレ(1962-)は、英国を拠点に国際的に活躍する美術家。この項でも、2016年の「BODY/PLAY/POLITICS」展(横浜美術館)で紹介しました。当時はMBE(大英帝国勲章五等級勲位)でしたが、2019年よりCBE(三等勲位)の称号を授与されています。

展覧会のテーマは「花」と「力」。日本初の個展で、代表作とともに花をモチーフとした作品を展示。会場最後の《桜を放つ女性》は、本展のために制作された新作です。

リニューアルオープン記念展ならではの特典として、記念展終了後にコレクション展を1回無料でご招待という太っ腹企画も実施中です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年3月19日 ]

まっぷる 福岡 博多・天神'19まっぷる 福岡 博多・天神'19

昭文社 旅行ガイドブック 編集部(編集)

昭文社
¥ 972

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場福岡市美術館
開催期間2019年3月21日(木・祝)リニューアルオープン
所在地 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
TEL : 092-714-6051
HP : https://www.fukuoka-art-museum.jp/
展覧会詳細へ 福岡市美術館がリニューアル 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社