インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  福岡市美術館がリニューアル

福岡市美術館がリニューアル

■自慢のコレクションを、開かれた美術館で
【会期終了】 2016年秋から閉館していた福岡市美術館が、いよいよリニューアル・オープン。より開かれた美術館を目指して、エントランスをはじめさまざまな改修が行われました。記念の展覧会は、全館を使ったコレクション展に加え、世界を舞台に活躍する現代美術家の大規模展です。
1979年に竣工した福岡市美術館。設計は近代建築の巨匠で、数々の美術館を手掛けている前川國男です。同じ建築家なので、首都圏の方なら、どことなく東京都美術館と印象が似ていると思うかもしれません(都美は1975年竣工)。

今回は、開館以来初めてとなる大規模リニューアル。前川による建築意匠は残しつつ、さまざまな場所に手を入れ、機能強化を図りました。

最も大きな変更点が、公園側に新設された出入口。美術館は、福岡市民の憩いの場でもある大濠公園内に位置していますが、これまでは園路から直接1階に入る事はできず、エスプラナードを経て2階入り口からしか入館できませんでした。アプローチ広場も含めた整備で、文字通り開かれた印象が強くなりました。

公園口のすぐ脇には、カフェ「アクアム」を新設。2階のレストラン「プルヌス」とともに、ホテルニューオータニ博多が運営します。

ミュージアムショップも拡充され、1階エントランスロビーに設置。所蔵品をモティーフにしたオリジナルグッズに加え、福岡の伝統工芸品も扱っています。



リニューアル記念展は、コレクション展+企画展という構成。コレクション展は、開館以来最大のスケールで館蔵の名品を紹介します。

会場は、草間彌生からスタート。ダリ、ミロ、シャガール、藤田嗣治などに続き、ウォーホル、バスキアなど、モダンアートの著名作家まで。90年代後半以降に収集された現代美術も展示されています。ホワイトキューブの展示室は、最新の照明設計で作品の美しさが際立ちます。

通常は貸しスペースとして利用されるギャラリーA~Fも、今回はコレクション展で利用されています。

50年代後半の前衛美術グループ「九州派」、新版画の巨匠で久留米出身の「吉田博」、福岡市美術館での展覧会を機に再評価が進む「藤野一友」という、個性的なラインナップ。「九州古陶磁」と「アジアの仏教美術」も紹介されます。

1階の展示室は古美術。入って右手の東光院仏教美術室では、入口に金剛力士像、中に進むと十二神将に囲まれた薬師如来立像。寺院のような雰囲気を出しつつ、360度鑑賞可能な展示は美術館ならではの利点です。

松永安左エ門旧蔵の茶道具や、九州からアジアに広がる古美術作品も。現代美術と古美術をともに楽しめる美術館は、あまり例がありません。

企画展は「インカ・ショニバレCBE:Flower Power」。インカ・ショニバレ(1962-)は、英国を拠点に国際的に活躍する美術家。この項でも、2016年の「BODY/PLAY/POLITICS」展(横浜美術館)で紹介しました。当時はMBE(大英帝国勲章五等級勲位)でしたが、2019年よりCBE(三等勲位)の称号を授与されています。

展覧会のテーマは「花」と「力」。日本初の個展で、代表作とともに花をモチーフとした作品を展示。会場最後の《桜を放つ女性》は、本展のために制作された新作です。

リニューアルオープン記念展ならではの特典として、記念展終了後にコレクション展を1回無料でご招待という太っ腹企画も実施中です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年3月19日 ]

まっぷる 福岡 博多・天神'19まっぷる 福岡 博多・天神'19

昭文社 旅行ガイドブック 編集部(編集)

昭文社
¥ 972

料金一般当日:1,500円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場福岡市美術館
開催期間2019年3月21日(木・祝)リニューアルオープン
所在地 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
TEL : 092-714-6051
HP : https://www.fukuoka-art-museum.jp/
展覧会詳細へ 福岡市美術館がリニューアル 詳細情報
取材レポート
町田市立国際版画美術館「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
美人画の時代
国立科学博物館「特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて」
特別展 ミイラ
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
太田記念美術館「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」'
ラスト・ウキヨエ
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
五島美術館「特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─」
美のトランジション
東京都美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」'
コートールド美術館
国立歴史民俗博物館「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」
ハワイ:日本人移民
上野の森美術館「ゴッホ展」'
ゴッホ展
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
Bunkamura
リヒテンシュタイン
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 名古屋市美術館「カラヴァッジョ展」
[エリアレポート]
カラヴァッジョ
エリアレポート 岐阜県美術館「リニューアルオープン特別企画」
[エリアレポート]
岐阜美リニューアル
エリアレポート 京都国立近代美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」
[エリアレポート]
円山応挙
エリアレポート 秋田県立美術館 「特別展 キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
[エリアレポート]
キスリング
エリアレポート 岡山芸術交流2019 「IF THE SNAKEもし蛇が」
[エリアレポート]
岡山芸術交流
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
エリアレポート 横尾忠則現代美術館「横尾忠則 自我自損展」
[エリアレポート]
横尾忠則 自我自損
エリアレポート 中之島香雪美術館 「交流の軌跡―初期洋風画から輸出漆器まで」
[エリアレポート]
交流の軌跡
エリアレポート 県立神奈川近代文学館 特別展「中島敦展 ― 魅せられた旅人の短い生涯」
[エリアレポート]
中島敦
エリアレポート 東京オペラシティ アートギャラリー「カミーユ・アンロ 蛇を踏む」
[エリアレポート]
カミーユ・アンロ
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 御即位記念特別展「正倉院の世界 ― 皇室がまもり伝えた美 ―」
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 カラヴァッジョ展 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社