インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  国宝 東寺 ─ 空海と仏像曼荼羅

国宝 東寺 ─ 空海と仏像曼荼羅

■圧巻の立体曼荼羅
【会期終了】 新幹線から見える京都のシンボル・五重塔を有する東寺(とうじ)。弘法大師・空海が真言密教の根本道場として整え、今日までその姿を伝えます。守り伝えられてきた密教美術の数々を紹介する展覧会が、東京国立博物館で開催中です。
2023年には、立教開宗から1200年の節目を迎える真言宗。展覧会には彫刻、絵画、書跡、工芸など、空海の教えとともに守り伝えられてきた寺宝が一堂に会します。

都が平安京に遷都された事にともない、西寺とともに創建された東寺。西寺は後に衰退したため、東寺は平安時代の寺域を今に残す唯一の寺院になります。

官寺だった東寺は、823年、嵯峨天皇により空海に下賜されました。当時、最も新しい仏教だった密教を唐で学び、帰国していた空海。唐から持ち帰った絵画や法具が納められた東寺は、真言密教の根本道場になっていきます。

それまでの仏教と密教の違いについて、空海は薬を例に説いています。病人に薬の効能や分類を説くのがこれまでの仏教で、実際に処方して直すのが密教。すなわち、経典の意味だけを言うのがこれまでの仏教で、経典に従って修法を行い効験を得るのが密教、という事です。

空海が実践したさまざまな修法の中で、最も重要な儀式が「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」。1000年の以上経ちましたが、空海請来の密教法具を用いて現在でも続けられている、驚くべき修法です。会場では道場が再現展示されています。



密教では美術が発展しました。その教えが奥深く、文章で表す事が難しい事から、図画や造形にする事が重視されたのです。

仏の世界を視覚的に図示したのが「曼荼羅」(まんだら)です。空海は曼荼羅を4種でたとえており、仏の姿を具体的に描いた「大曼荼羅」、仏の姿をシンボルにした「三昧耶(さんまや)曼荼羅」、文字にした「法曼荼羅」、そして立体物にした「羯磨(かつま)曼荼羅」です。

展覧会最大の注目である、東寺講堂の立体曼荼羅も、空海が説いた羯磨曼荼羅です。中央に五仏、右に五大菩薩、左に五大明王、東西に梵天と帝釈天、四隅の四天王と、計21軀のうち、本展では15軀も集結しました。

全ての像は360度回れるため、普段の拝観では見られない背中側も鑑賞可能です。それぞれの像が特徴的ですが、特に《持国天立像》の迫力は必見。イケメンで話題の《帝釈天騎象像》のみ、写真も撮影できます。

関連展示として、東京国立博物館・東洋館(地下1階)の「TNM & TOPPANミュージアムシアター」では、VR作品「空海 祈りの形」も上演中。立体曼荼羅の21軀すべての形状を計測し、VRならではの視点で紹介しています。「東寺」展とは別料金ですが、半券提示で割引があります(割引は高校生以上)。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年3月25日 ]

もっと知りたい東寺の仏たちもっと知りたい東寺の仏たち

根立 研介(著),新見 康子(著)

東京美術
¥ 1,944

料金一般当日:1,600円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon

 
会場東京国立博物館
開催期間2019年3月26日(火)~6月2日(日)
所在地 東京都台東区上野公園13-9
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://toji2019.jp
展覧会詳細へ 国宝 東寺 ─ 空海と仏像曼荼羅 詳細情報
取材レポート
東京国立博物館「正倉院の世界
正倉院の世界
パナソニック汐留美術館「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」'
デュフィ
江戸東京博物館「士
士 サムライ
三井記念美術館「茶の湯名椀『高麗茶碗』」'
高麗茶碗
鳥取県立博物館「殿様の愛した禅 黄檗文化とその名宝」
黄檗文化とその名宝
森アーツセンターギャラリー「バスキア展
バスキア
国立新美術館「カルティエ、時の結晶」
カルティエ
渋谷区立松濤美術館「日本・東洋 美のたからばこ」
美のたからばこ
福田美術館「開館記念 福美コレクション展」
福田美術館 開館
太田記念美術館「歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち」
歌川国芳
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
横浜美術館「オランジュリー美術館コレクション
オランジュリー
東京国立近代美術館工芸館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション
竹工芸名品
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
美濃の茶陶
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
エリアレポート 秋田県立近代美術館 「若冲と京の美術」
[エリアレポート]
若冲と京の美術
エリアレポート 世田谷美術館 「チェコ・デザイン 100年の旅」
[エリアレポート]
チェコ・デザイン
エリアレポート MIHO MUSEUM「The 備前 ―土と炎から生まれる造形美―」
[エリアレポート]
The 備前
エリアレポート 国立科学博物館「風景の科学展 芸術と科学の融合」
[エリアレポート]
風景の科学展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ― 大観・春草・玉堂・龍子 ― 日本画のパイオニア ―
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 秋季特別展「名場面」 ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 秋季企画展「技と造形の縄文世界」
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社