インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  バスキア展 メイド・イン・ジャパン

バスキア展 メイド・イン・ジャパン

■123億円の作品も。日本初の大規模展
【会期終了】 ニューヨークを舞台に、1980年代のアートシーンを席捲したジャン=ミシェル・バスキア(1960-1988)。著名人による高額落札で、一躍、その名前が知れ渡りました。日本初となるバスキアの大規模展が、森アーツセンターギャラリーで始まりました。
株式会社ZOZO創業者の前澤友作氏がバスキア作品を約123億円で購入し、大きなニュースになったのが2017年。注目のバスキア展がいよいよ始まりました。

バスキアはニューヨーク生まれ。幼い頃から絵画に親しんでいましたが、専門的な美術教育は受けていません。

キャリアのスタートはストリートから。高校を中退して家出し、グラフィティ仲間とともに地下鉄や街に描いていました。

その後の歩みは、アメリカンドリームそのものです。1980年のグループ展で絵画を初めて出品。81年にはイタリアで初個展。82年には最年少で国際美術展「ドクメンタ7」に出展し、経済的にも大きな成功を収めました。

今回は、日本で初めてとなるバスキアの大規模展です。当初の予定では約80点でしたが、最終的には約130点と大幅に拡大。絵画やオブジェ、ドローイング、立体、映像作品などが並びます。



当時のアートシーンを振り返ると、70年代までの美術が禁欲的な表現に終始していたのに対し、80年代はその反動から、エネルギッシュな具象表現が「ニューペインティング」として流行。バスキアは中心的なひとりでした。

さらに時代が進むと、ニューペインティングの画家たちは徐々に存在感が薄くなりますが、バスキアのみ別格です。21世紀になってからは、さらに脚光を浴びており、世界各地で大規模な展覧会が開かれています。

今回の展覧会では、バスキアと日本との関係にも注目しました。バスキアはたびたび来日しており、その作品には、ひらがな、五重塔、そして当時200円だったセブンスターのタバコなど、日本から参照したモチーフも見て取れます。

バスキアが敬愛したアーティストが、32歳年上のアンディ・ウォーホルでした。1982年に知り合い、作品を共同製作するなど親交を深めましたが、ウォーホルは1987年に急死。バスキアは失意の中で、1988年に死去。わずか27歳でした。

ドラマチックな生涯は映画にもなり、伝説的なアーティストとなったバスキア。日本でこれだけのバスキア作品を一度に見られる機会は、この後もなかなか無いと思われます。知的で洗練された芸術か、時代が味方した乱暴なペインティングか。アートファンならずとも、必見です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年9月20日 ]


 
会場森アーツセンターギャラリー (六本木ヒルズ森タワー52階)
開催期間2019年9月21日(土)~11月17日(日)
所在地 東京都港区六本木6-10-1
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.basquiat.tokyo
展覧会詳細へ バスキア展 メイド・イン・ジャパン 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社