インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展

建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展

■華麗な貴族の暮らし
【会期終了】 スイスとオーストリアの間に位置するリヒテンシュタイン侯国。面積は小豆島ほど、人口3万5000人ほどですが、リヒテンシュタイン侯爵家は、個人コレクションとしては世界屈指の規模を誇ります。至宝の数々が来日。Bunkamura ザ・ミュージアムが、貴族の宮廷のような装いになりました。
侯爵家の家名が国名になっているリヒテンシュタイン。君主の名前が国名になっているのは、他にはサウジアラビア(サウード家のアラビア)ぐらいしか思いつきません。

リヒテンシュタインの展覧会といえば、2012年に国立新美術館で「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」展が開催され、壮麗なバロック芸術が話題を呼びました。

今回は油彩や陶磁器など、約130点を紹介する企画展。コレクションの繊細さや技巧に焦点を当て、貴族の華麗な暮らしを垣間見るような構成です。

リヒテンシュタイン家は、12世紀に岩塊(リヒテンシュタイン)の上に築いた城を居城とし、それが家名になりました。ハプスブルク家と結びつき、カール1世(1569-1627)の代に侯爵位を獲得。1719年にリヒテンシュタイン侯国が誕生しました。

会場の序盤は、侯爵家に連なる人々の肖像画です。侯爵家に相応しく、子どもの肖像画も理知的かつ威厳に満ちた面貌で描かれています。



続いて宗教画、ヨーロッパにおいて宗教と芸術は不可分です。リヒテンシュタイン侯爵家の宗教画は、クラーナハ(父)やルーベンスなど北方芸術の他、イタリア・ルネサンスやバロックなど、描き手も多彩です。

14世紀中頃に増えてきたのが、ギリシャやローマの古代神話を描いた神話画です。リヒテンシュタイン侯爵家はこの分野にも興味を示し、積極的に収集しました。

工芸品は、豪華な磁器が目を引きます。粘土を焼いた陶器に対して、石(陶石)が主原料となるのが磁器です。それまで西洋では作れなかった純白の磁器は、大いに人気を博しました。

中国や日本で作られた美しい磁器を所有する事は、一流の貴族のステータスです。東洋由来の磁器にヨーロッパで金具を取り付けたものもあり、さらに装飾性を高めています。

ヨーロッパでも磁器が作られるようになると、侯爵家に相応しい磁器を作らせるようになります。収集した絵画を磁器製作所の絵付師に学ばせているので、磁器の図柄とコレクションが一致するものもあります。

風景画は、16世紀末に独立した絵画のジャンルとして確立しました。貴族が好んだ狩猟場面はもちろん、19世紀になるとアルプスなど珍しい地形も画題になりました。

会場最後は、花の静物画です。花々を絵画にすると、本来は別の季節に咲く花が同時に鑑賞できるほか、なんといっても枯れる事がないため、ヨーロッパの静物画では、特に人気がありました。

陶板画や磁器の画題として描かれた花も含め、展示室には文字通り華やかな作品がずらり。このコーナーのみ、撮影可能エリアです。

戦争とその後の混乱で広大な領地こそ失われましたが、新たな形でその命脈を保っているリヒテンシュタイン侯国。建国300年を記念する豪華絢爛な展覧会です。東京展でスタート、全国6会場を巡回します。会場と会期はこちらです

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月11日 ]


 
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
開催期間2019年10月12日(土)~12月26日(木)
所在地 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/19_liechtenstein/
展覧会詳細へ 建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社