インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─

特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─

■「過渡期」ならでは、ユニークな美
【会期終了】 16~17世紀の東アジア。日本では織豊時代から徳川幕府へ、中国では明から清へと進む中で、文化的にも新しい動きが現れました。「トランジション(過渡期)」をキーワードに、この時代の美意識を考察する企画展が、五島美術館で開催中です。
東洋では社会構造が大きく変わった16〜17世紀。大航海時代のダイナミズムも加わり、美の分野もさまざまなスタイルが交錯するユニークな時代であったといえます。

展覧会は分野別の6部構成です。会場の展示順は1~6部の流れになっていませんが、ここでは1部から順にご紹介しましょう。

第1部は「書跡のトランジション ─ 紙絹をとりまく理想と相克」。展覧会ではこの時代の中国・日本の書の多様性について「大きな紙絹への揮毫」に着目しています。中国では建築が大型化、日本でも障壁画など大壁面の需要が増え、離れて鑑賞する事も増えました。

書家は古法に倣いながら、新しい時代に即した書を模索。躍動的な表現はピークを迎えます。




第2部は「漆芸のトランジション ─ 深まるワザと行きかうデザイン」。中国・明の万暦年間(1573-1620)は、社会が爛熟した事もあり、古い時代の美術が流行。この時代の漆芸に見られる彫漆の堆朱・堆黒は、前の時代の技法です。日本でも古い時代の名品は愛され、需要に応えるかたちで憧古の作がつくられました。

重要文化財《花唐草七曜卍花クルス文螺鈿箱》は、いくつものスタイルが複合した作例です。器形は中国風、葉と蔓の曲線表現は南蛮風、花クルス文はキリシタンの影響と思われます。

第3部は「染織のトランジション ─ 素材と意匠のトランジション」。質の高さで人気があった明の絹織物は、16世紀後半になると南蛮貿易も加わり、輸入量は過去最高に。上流階級の小袖に仕立てられ、愛用されました。

戦場におけるファッションリーダーである戦国武将たちは、西洋の素材やデザインを取り入れた陣羽織で活躍。ファッション分野で西欧の流行が日本にもたらされる構図は、現代まで続いているといえます。

第4部は「陶磁のトランジション ─ 万暦からトランジショナル様式へ」。万暦期における景徳鎮の官窯では、退廃的な魅力を備えたやきものがつくられました。民窯のやきものは、西アジアから欧州にまで輸出されるようになります。

さらに明末清初には、欧米輸出用の青花磁器、いわゆるトランジショナル様式が誕生。それらは日本の陶磁器にも影響を与え、伊万里焼の誕生に繋がっています。

第5部は「典籍のトランジション ─ 過渡期の出版と文芸」。この時期の日本では商業出版への過渡期を迎え、書物が大衆化していきます。木活字による印刷もはじまりますが、時代が下ると再び整版(一枚の版木に彫る印刷法)が主流になります。

第6部は「屏風絵 ─ 過渡期の眺め」。《洛中洛外図屏風》は、応仁の乱から復興し、まさに中世から近世へのトランジション(過渡期)にあった京都の姿。《唐船・南蛮船図屏風》が描かれたのは、大航海時代を背景にした新奇な物への憧れかあります。

他館の名品も数多く出品された豪華な展覧会です。昨年に引き続き、根津美術館、三井記念美術館と共同で「秋の三館 美をめぐる」キャンペーンも開催中です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月25日 ]


 
会場五島美術館
開催期間2019年10月26日(土)~2019年12月8日(日)
所在地 東京都世田谷区上野毛3-9-25
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : https://www.gotoh-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 特別展 美意識のトランジション ─ 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ─ 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
東京都江戸東京博物館「特別展「大浮世絵展
大浮世絵
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
東京富士美術館「フランス絵画の精華」
フランス絵画の精華
三菱一号館美術館「印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション展」
印象派からその先へ
神奈川県立近代美術館
ふたたびの「近代」
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
根津美術館「〈対〉で見る絵画」'
〈対〉で見る絵画
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ゴッホ展 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて デザインあ展 in SHIGA
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺 特別展 「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 利休のかたち 継承されるデザインと心
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社