インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」

特別展「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」

■スター5人が夢の競演
【会期終了】 ‘江戸時代の美’といえば、誰もが浮世絵を挙げるでしょう。歌麿・写楽・北斎・広重・国芳という五人の人気浮世絵師をピックアップし、国内はもちろん、欧米の美術館、博物館、個人コレクションなどから「誰もが見たい」名品を集めた展覧会が、東京都江戸東京博物館で開催中です。
2014年にも開館20周年記念の特別展として「大浮世絵展」を開催した東京都江戸東京博物館。本展はその第二弾という位置付けの展覧会です。

前回は時代順の構成でしたが、今回は絵師別。作品についても、歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎・広重は風景画、国芳は武者絵と戯画と、得意のジャンルに絞ったのが特徴で「誰もが知っており、そして誰もが見たい」浮世絵展になりました。

では早速、第1章の喜多川歌麿(1753年頃~1806年)から。美人画といえば歌麿、という評価に異論を挟む人はいないでしょう。女性の理想美を追求し、1793年(寛政5)頃に手がけた大首絵の美人画は大人気になり、絵師として確固たる地位を築きました。

第2章は東洲斎写楽(生没年不詳)。鮮烈な作品で、後の時代にも多大な影響を与えました。1794年(寛政6)5月に役者の大首絵でデビューするも、特徴を極端にデフォルメした描写は、当時としては前代未聞。活動期間は短く、作品数も多くありません。本展では代表的な大首絵を集めていますが、これだけのボリュームと良質なコンディションの写楽は、二度とお目にかかれません。



第3章は葛飾北斎(1760年~1849年)。「世界で最も有名な日本アーティスト」としてはもちろん、「最も有名な日本人」まで枠を広げても名前が挙がる事があるほど、世界中で高い知名度を誇ります。本展では冨嶽三十六景シリーズをはじめ、錦絵の揃物を展示。「Great Wave」こと神奈川沖浪裏は、あまりにも有名です。

第4章は歌川広重(1797年~1858年)。「東海道五拾三次」は遠近法を巧みに用いた大胆な構図で人気を博し、浮世絵史上最大のヒット作品になりました。後の時代でも‘広重’は風景画家の代名詞となり、小林清親は「明治の広重」、川瀬巴水は「昭和の広重」と称されています。今回は風景画のほか、花鳥画も紹介されています。

最後の第5章は歌川国芳(1797年~1861年)。メジャーな浮世絵師としてしばしば挙げられる「六大浮世絵師」(春信・清長・歌麿・写楽・北斎・広重)に国芳は入っていませんが、近年は人気沸騰。3枚続きの大画面を巧みに扱う構成力も、国芳ならではといえます。武者絵で世に出た国芳ですが、ユーモラスな戯画も得意でした。

それぞれの絵師のコーナーに、1~3枚の「みどころ」パネルも設置。初心者でも浮世絵のポイントが分かるよう、平易な文章で解説されています。

国際浮世絵学会監修の元、ボストン美術館、メトロポリタン美術館、シカゴ美術館、ミネアポリス美術館、大英博物館、ギメ東洋美術館、ベルギー王立美術歴史博物館などなど、世界中の名だたる美術館から名作が里帰りした本展。まさに「ザ・浮世絵展」といえる構成です。展覧会はすでに会期の半ばを過ぎました。お見逃しないように。

東京展の後は、福岡市美術館(2020年 1/28~3/22)、愛知県美術館(2020年 4/3~5/31)に巡回します。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年12月19日 ]

浮世絵大事典浮世絵大事典

国際浮世絵学会

東京堂出版
¥ 19,799

 
会場東京都江戸東京博物館
開催期間2019年11月19日(火)~2020年1月19日(日)
所在地 東京都墨田区横網1-4-1
TEL : 03-3626-9974(代表)
HP : https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
展覧会詳細へ 特別展「大浮世絵展 ー 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 ー」 詳細情報
取材レポート
府中市美術館「青木野枝 霧と鉄と山と」'
青木野枝
東京国立博物館「出雲と大和」'
出雲と大和
弥生美術館「もうひとつの歌川派?! 国芳・芳年・年英・英朋・朋世」'
もうひとつの歌川派
東京都現代美術館「ミナ
皆川明
明治神宮ミュージアム「天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展」'
明治神宮M. 開館
渋谷区立松濤美術館「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」'
サラベルナール
国立西洋美術館「ハプスブルク展
ハプスブルク展
三井記念美術館「国宝
明治天皇への献茶
東京ステーションギャラリー「坂田一男
坂田一男
出光美術館
やきもの入門
東京国立近代美術館「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」'
窓展
岡田美術館「DOKI土器!土偶に青銅器展
DOKI土器!
国立新美術館「ブダペスト
ブダペスト
東京国立博物館
人、神、自然
エリアレポート Bunkamura 「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」
[エリアレポート]
ソール・ライター
エリアレポート 京都国立近代美術館「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」
[エリアレポート]
ニーノ・カルーソ
エリアレポート 名古屋市美術館「没後90年記念 岸田劉生展」
[エリアレポート]
岸田劉生
エリアレポート 愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
[エリアレポート]
コートールド
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 中之島香雪美術館 「上方界隈、絵師済々 Ⅰ」
[エリアレポート]
上方界隈、絵師済々
エリアレポート パナソニック汐留美術館 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」
[エリアレポート]
暮らしの夢
エリアレポート 岐阜県現代陶芸美術館「小村雪岱スタイル 江戸の粋から東京モダンヘ」
[エリアレポート]
小村雪岱
エリアレポート 三鷹市美術ギャラリー「壁に世界をみる ― 吉田穂高展」
[エリアレポート]
吉田穂高
エリアレポート 豊田市美術館「岡﨑乾二郎 ー 視覚のカイソウ」
[エリアレポート]
岡﨑乾二郎
エリアレポート 国立西洋美術館「ハプスブルク展 ー 600年にわたる帝国コレクションの歴史」
[エリアレポート]
ハプスブルク
エリアレポート 半蔵門ミュージアム 「復元された古代の音」
[エリアレポート]
古代の音
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ゴッホ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 特別展 ミイラ ~ 「永遠の命」を求めて 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮ミュージアム開館記念展 利休のかたち 継承されるデザインと心 デザインあ展 in SHIGA 千手千足観音立像 高月町西野 正妙寺
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社