インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  鉄道×絵画

鉄道×絵画

■「日本のゴッホ」の大作、8年ぶりに展示
【会期終了】 さいたま市にある鉄道博物館。歴史的な実物車両を所蔵・展示しているのはもちろん、実は鉄道に関連する絵画も多数収集しています。スペシャルギャラリー1で、コレクションの一部が公開されています。
6回目となるコレクション展。今回は鉄道とその周辺を描いた絵画を紹介していきます。

絵画は著名な職業画家による作品だけでなく、元国鉄職員などが描いた作品も紹介しているのは特徴的です。

汽車製造会社に勤めていた西田米次郎が描いた《30号機関車》は、蒸気機関車の車体がえんじ色。黒一色と思われがちな蒸気機関車のイメージを覆すもので、歴史的な資料としても価値があります。


会場入口から。鍋井克之《汽車の走る風景》は二科展への出品作。西田米次郎《30号機関車》は、えんじ色の車体が描かれています

奥に進むと、展覧会メインビジュアルになっている長谷川利行《赤い汽罐車庫》が登場、実に8年ぶりの展示です。

1929年の第4回1930年協会展に出品された、112cm×194cmという大きな作品。酒浸りの末に養老院で孤独死と、エキセントリックな人生を歩んだ長谷川利行ですが、「日本のゴッホ」と称される実力は折り紙付き。車庫と地面の赤と黒々とした機関車を、力強いタッチで描きました。

隣に並ぶのは、岡田三郎助《野菊と薔薇》。一見すると鉄道の絵画とは関係なさそうですが、12号御料車の御座所に掲げられていたもの。つまり昭和天皇が移動する際にご覧になっていた絵という事になります。12号御料車の実車も、常設展示で紹介されています。


順に、長谷川三千春《電気機関車車庫》、長谷川利行《赤い汽罐車庫》と、岡田三郎助《野菊と薔薇》

鉄道博物館らしいモチーフの油彩が、佐々木英夫(大山英夫)《機関車点検》。238.4cm×200.2cmと、鉄道博物館の所蔵絵画のなかで最も巨大な作品です。

並んでいる肖像画は、南満州鉄道(満鉄)の歴代総裁。詳しい経緯は分かっていませんが、昭和12年に12人の肖像画が制作されました。作品は、和田三造が2点描いた以外はすべて別の画家。岡田三郎助、中村研一、藤島武二、和田英作など錚々たる面々です(前後期で6点づつ展示されます)。


佐々木英夫(大山英夫)《機関車点検》と、歴代の満鉄総裁を描いた肖像画

会場の最後では、美術品以外の鉄道の絵も展示。機関車の内部構造を紹介する説明図《機関車略図》や、淡い色彩が施された図面《6輪タンク機関車》は、美術品とはいえませんがとても美しい説明図です。

面白いのが、国の重要文化財《鉄道庁事務書類》にある「駅長助役帽子改正ノ件」。文書の間に、駅長と助役の制帽の図が差し込まれています。明治時代の行政文書には、このように事柄を補足する文章が見られました。


順に《機関車略図》、《6輪タンク機関車》、重要文化財《鉄道庁事務書類》から「駅長助役帽子改正ノ件」(《鉄道庁事務書類》の展示は4/21まで)

春休みのちびっ子で賑わっている鉄道博物館。37両の実物車両、大きな鉄道模型ジオラマ、人気の運転シミュレータとともに、力強い鉄道の絵もお楽しみください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年3月27日 ]

※会期中、一部の資料が展示替えされます。


 
会場鉄道博物館
開催期間2014年3月15日(土)~6月2日(月)
所在地 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
TEL : 048-651-0088(代表)
HP : http://www.railway-museum.jp/
展覧会詳細へ 鉄道×絵画 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社