インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  御法(みのり)に守られし 醍醐寺

御法(みのり)に守られし 醍醐寺

■世界最古の絵巻は、素朴な脱力系
【会期終了】 春の「ねこ・猫・ネコ」展も大好評だった渋谷区立松濤美術館。リニューアルオープン記念第2弾の特別展は、京都・醍醐寺の名宝をご紹介する企画です。東京で醍醐寺の大規模展が開催されるのは、13年ぶりとなります。
平安初期に創建された世界遺産・醍醐寺。密教の中核寺院でもある醍醐寺は、醍醐天皇の御願寺として発展し、仏像や仏図、屏風絵、経典類など約20万点の寺宝を所蔵しています。

2001年には東京国立博物館で「国宝 醍醐寺展」が開催されましたが、東京ではそれ以来となる大規模な醍醐寺の企画展。国宝11件、重要文化財11件を含む44件48点で、醍醐寺の魅力をご案内します。


地下には仏画や仏像が並びます

展覧会最大の注目は、国宝《過去現在絵因果経》。釈迦の前世と現世における事績を経文と絵であらわした絵巻で、「巻第三上」である醍醐寺本は、悉達太子(しったたいし:出家前の釈迦)が出家してから、悟りを開いた釈迦が魔王を降伏(ごうぶく)するまでを描いています。

制作は奈良時代の8世紀半ばと、日本最古の絵巻。これ以降で現存する絵巻は12世紀前半の《源氏物語絵巻》まで約400年も時代が下ります(ちなみに鳥獣戯画も平安~鎌倉時代の制作です)。

文字も絵も1200年以上も経っているとは思えないほど鮮明ですが、経文の達筆さと比べて、絵は脱力系でかなりユニーク。ただ、絵因果経は「難解な経文を分かりやすく絵画化した」ものですので、目的どおりといえるかもしれません。


国宝《過去現在絵因果経》

屏風が並ぶ会場2階は、煌びやかな趣き。一般的に屏風の展示は曲げて自立させますが、本展では完全に開いた状態で並ぶため、大きな屏風絵をよりダイナミックに見る事ができます。

この展示室は、豊臣秀吉が盛大に催した「醍醐の花見」をイメージしました。応仁の乱でほとんどの建物が灰燼に帰した醍醐寺は、80代座主の義演(ぎえん)が秀吉の援助を受け、大規模な復興を果たしています。

「醍醐の花見」の際に、秀吉は秋の紅葉狩りも約束しましたが、約束を果たせずにその年に死去。その代わりではないですが、会場では見事な紅葉の屏風もお楽しみいただけます(江戸中期の絵師・山口雪渓の代表作《楓図屏風》)。


会場2階

醍醐寺にはすでに多くの国宝や重要文化財がありますが、昨年(2013年)も新たに《醍醐寺文書聖教》が国宝に指定されました。本展ではその中から、醍醐寺にゆかりがある信長、秀吉、家康の三人の天下人の書状も展示されています。

《織田信長黒印状 醍醐寺年預宛「就在陣祈祷之…」》は、信長の戦勝祈願をした醍醐寺に対して、信長から送られた感謝状。「天下布武」の印で、信長の書状である事が分かります。《豊臣秀吉書状(席次の次第)》は、関白になった秀吉が、親王などの位について裁定した書状。《徳川家康書状「真言宗諸法度」》は、徳川幕府から出された真言宗に対する法令です。


信長、秀吉、家康の書状

国宝《過去現在絵因果経》の全場面展示は、10/7~13、10/28~11/3、11/18~24の3回(10/15~26は前半場面展示、11/5~16は後半場面展示)。他も会期中に展示替えがありますので、詳しくは公式サイトの出展リストでご確認ください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年10月8日 ]

醍醐寺文化財調査百年誌

醍醐寺文化財研究所 (編集)

勉誠出版
¥ 4,104

 
会場渋谷区立松濤美術館
開催期間2014年10月7日(火)~11月24日(月・祝)
所在地 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL : 03-3465-9421
HP : http://shoto-museum.jp/
展覧会詳細へ 御法(みのり)に守られし 醍醐寺 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社