インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  動物絵画の250年

動物絵画の250年

■好評企画の続編、動物に対する人々の想い
【会期終了】 2007年開催の「動物絵画の100年 1751-1850」が好評だった府中市美術館で、続編の企画展が開催中。全ての作品をいれかえて、4月7日(火)から後期展が始まりました。
江戸時代の動物絵画は現代の感性にもフィットするためか、各地の展覧会でひっぱりだこ。8年前の「動物絵画の100年」展も、多くの人で賑わったと聞きます。

今回は対象を拡大して、江戸の動物絵画を幅広く紹介。なぜ人は動物の絵画を描き、そして求めるのか。さまざまな側面から考えていきます。

会場は序章の「動物という存在」から。まずは動物に対する素直な思いをみずみずしく表現した作品をご覧ください。


序章「動物という存在」

第1章は「想像を具現する」。記録としての動物絵画ではなく、思考の産物としての動物表現を紹介します。

分かりやすいのは、虎。江戸時代に実物の虎を見た人は殆どいませんが、虎を描いた作品は大量に残っています。中国や朝鮮からもたらされた絵画をベースにしながらも、模写に留まらず独自のアレンジを加えていきました。

鶴=縁起が良い、鹿=神の使い、兎=子孫繁栄のように、動物の絵には意味があるものも少なくありませんが、もちろんこれらは想像の産物。人々の思いを動物の姿に託して表現しているのです。


第1章「想像を具現する」

第2章は「動物の姿や動きと、『絵』の面白さ」です。

中国画や西洋画の影響を受け「迫真的に描く技術」が流行した江戸時代。リアルを追及した結果、実体を乗り越えたような、奇妙な存在感の動物絵画も生まれました。

この章には、動物の造形上の面白味に着目した作品も並びます。羽をコンパスで描いたような鷲、大きく体をくねらせる虎など、ユニークな感性が光ります。


第2章「動物の姿や動きと、『絵』の面白さ」

第3章は「心と動物」。鳥の声で心が安らいだり、牛の声をのどかに感じたりと、動物は人間の心を直接揺さぶる不思議な力を持っています。それらの動物絵画に詩情を感じるのは、江戸時代の人々も現代の私たちも変わりません。

また日本人と動物の関係で、仏教からの影響は見逃せません。釈迦が臨終した「涅槃図」には、弟子とともに、嘆き悲しむ多くの生き物を描くのが定番。捕えた鳥獣や魚を解き放つ「放生」は功徳に繋がるとされ、その様子を描いた絵画もあります。


第3章「心と動物」

作者の数が多い事もあって、会場には作者の解説が掲示されていません(入口で紙の資料が用意されています)が、先入観抜きで鑑賞できるいいチャンス。 まず絵を楽しんだ後に、じっくり資料でご確認いただく事をおすすめします。

会場で販売されている公式図録(2,400円)もスグレモノです。全出展作品の解説とともに、小口をあえてザラザラにしてページをめくりやすくしたり、中ほどのページは手で押さえなくても開いたままになる特殊な製本をしたりと、細やかな配慮がなされています。かなり人気で、残数に余裕がなくなりつつあるとの事。お求めの方は、お早目に。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年4月9日 ]

TOKYO美術館2015-2016TOKYO美術館2015-2016

 

エイ出版社
¥ 999

 
会場府中市美術館
開催期間2015年3月7日(土)~2015年5月6日(水)
所在地 東京都府中市浅間町1-3
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
展覧会詳細へ 動物絵画の250年 詳細情報
新型コロナウィルス感染予防にともなう、ミュージアム休館情報
取材レポート
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
昭和館「SF・冒険・レトロフューチャー」'
レトロフューチャー
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
アソビル「バンクシー展
バンクシー
ポーラ美術館「シュルレアリスムと絵画
シュルレアリスム
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
クラシックホテル展
クラシックホテル
練馬区立美術館「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」'
津田青楓
郡山市立美術館「石田智子展」'
石田智子展
永青文庫「古代中国・オリエントの美術
細川ミラー
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
府中市美術館「ふつうの系譜」'
ふつうの系譜
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
横浜美術館「澄川喜一 そりとむくり」'
澄川喜一
東京国立博物館「法隆寺金堂壁画と百済観音」'
法隆寺金堂壁画
エリアレポート 大阪市立東洋陶磁美術館「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション」
[エリアレポート]
竹工芸名品展
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 小泉八雲記念館「ハーンを慕った二人のアメリカ人」
[エリアレポート]
小泉八雲
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
奇蹟の芸術都市バルセロナ 超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 SF・冒険・レトロフューチャー
開館60周年記念名品展Ⅰ モネからはじまる住友洋画物語 コートールド美術館展 魅惑の印象派 特別展「リサ・ラーソン-創作と出会いをめぐる旅」 THE ドラえもん展 NIIGATA 2020
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社