インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  琳派 京(みやこ)を彩る

琳派 京(みやこ)を彩る

■メモリアルイヤーを締めくくる豪華展
【会期終了】 各地で開催されている「琳派400年」展の決定版が、京都国立博物館でいよいよ始まりました。国宝6件、重要文化財36件を含む琳派の名品がずらり、宗達・光琳・抱一の三者が描いた「風神雷神図屏風」もそろい踏みします。
いつもは特別展覧会が開催される明治古都館が休館中のため、平成知新館で開催される本展。彫刻がある1階の展示室以外、全ての展示室を用いての大琳派展です。

「京都・鷹峯に本阿弥光悦が芸術村を作り…」は、各地で開かれている琳派400年展で必ず解説される決め言葉。それを実際に示した資料《光悦町古図写》が、本展の冒頭で展示されています。

T字に伸びる通りの両側に、56軒の屋敷。光悦の一族や、親交があった町衆の名前も記されています。


《光悦町古図写》

俵屋宗達が下絵を、光悦が和歌を書いた合作はいくつも知られていますが、重要文化財《鶴下絵三十六歌仙和歌巻》は極めて華麗な逸品です。かつてこの作品を入手した荒川豊蔵(人間国宝の陶芸家)は、箱の蓋裏に「天恵」と書くほど喜びました。

水辺で羽を休める鶴は、舞い上がり、群れになって海の上を飛び、そして降下してと、アニメーションのような描写。光悦の書も抑揚が効いており、まるで音楽を奏でるようなリズム感があります。

全長13.56メートルという長い巻物ですが、嬉しい事に会期中通じて全編が公開されます。端からゆっくりと、お楽しみください。


重要文化財《鶴下絵三十六歌仙和歌巻》 本阿弥光悦筆・俵屋宗達画

「琳派におけるかたちの継承」といえば、誰でも風神雷神図が頭に浮かびますが、本展ではもうひとつ。光琳と抱一による《三十六歌仙図屛風》が並んで紹介されています。

二曲一隻の小ぶりな屏風に描かれた、藤原公任『三十六人撰』に基づく歌人たち。向かって右はメナード美術館が所蔵する光琳版、左の抱一版は米国のプライスコレクションです。

抱一版の方が発色が良く華やかな印象ですが、構図も表情もまるっきり同じ。印まで全く同じ場所に押されています。


瓜二つの《三十六歌仙図屛風》の他、光琳の画稿や、鈴木其一による横長の作品も

展覧会の最大の目玉が《風神雷神図屏風》。17世紀に宗達、18世紀に光琳、19世紀に抱一と、100年ずつ挟んで図像が受け継がれてきました。

もともと風神雷神は千手観音の眷属ですが、この二神のみを絵画化したのは宗達が初めてです。宗達版と二神がほぼ重なり、敷き写したと思われる光琳版。抱一版は屏風のプロポーションが違い、二神がだいぶ近づいています。同じ展示室で見る事で、それぞれの個性を比べる事ができます。

なお、会期中通して出展されるのは宗達版だけ。三者がそろうのは10月27日~11月8日となります。ご注意ください。


《風神雷神図屏風》のそろい踏み。三者が揃わない時に展示される重要文化財《夏秋草図屏風》酒井抱一筆は、光琳版の風神雷神の裏面に描かれていたものです

ゲームの影響で若い女子に大人気の刀剣。展覧会で《骨喰藤四郎》と《光徳刀絵図》が並ぶのは、今回が初めてです。

そもそも琳派の祖・光悦を生んだ本阿弥家は、刀剣の研ぎや鑑定が生業です。《光徳刀絵図》は光悦の従兄弟・光徳が作者とされ、この絵図の巻頭に、骨喰藤四郎の全身押形が収録されています。

現存の骨喰藤四郎は、江戸時代の明暦の大火(振袖火事)で被災。後に修復されたため、刃文と肌は製作当初と異なります。この絵図こそ「戯れに斬る真似をするだけで骨が砕けて死ぬ」と伝わる骨喰藤四郎の真の姿なのです。


重要美術品《光徳刀絵図》は、近年になって石川県立美術館の所蔵となりました

今でも京都の町には琳派に繋がる美意識は随所に見られますが、あまりにも身近にあるためか、琳派をテーマにした大規模展が京都で開かれた事はありませんでした。

「京で生まれた琳派を、琳派を生んだ京で見る」が、展覧会の大きなコンセプト。メモリアルイヤーのとりを飾るに相応しい、豪華な展覧会です。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年10月9日 ]

※会期中、作品の一部展示替えがあります

京都 琳派をめぐる旅京都 琳派をめぐる旅

淡交社編集局 (編集)

淡交社
¥ 1,728

料金一般当日:1,350円
 → チケットのお求めはお出かけ前にicon


■琳派 京(みやこ)を彩る に関するツイート


 
会場京都国立博物館
開催期間2015年10月10日(土)~11月23日(月)
所在地 京都府京都市東山区茶屋町527
TEL : 075-525-2473(テレホンサービス)
HP : http://rinpa.exhn.jp/
展覧会詳細へ 琳派 京(みやこ)を彩る 詳細情報
取材レポート
東京藝術大学大学美術館「円山応挙から近代京都画壇へ」'
応挙から京都画壇
太田記念美術館「生誕250年記念 歌川豊国
歌川豊国
根津美術館「美しきいのち
美しきいのち
国立西洋美術館「松方コレクション展」
松方コレクション展
東京国立近代美術館「高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの」
高畑勲
森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
塩田千春
渋谷区立松濤美術館「美ら島からの染と織 ― 色と文様のマジック」
美ら島からの染と織
Bunkamura ザ・ミュージアム「みんなのミュシャ」
みんなのミュシャ
ハラ ミュージアムアーク「加藤泉 ― LIKE A ROLLING SNOWBALL」
加藤泉
サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部
も美濃の茶陶
寺田倉庫「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」
スター・ウォーズ
東京国立博物館「日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」」
特別展「三国志」
東京国立博物館「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」
奈良大和四寺
パナソニック汐留美術館「マイセン動物園展」
マイセン動物園展
三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン
M.フォルチュニ
国立科学博物館「特別展 「恐竜博 2019」
恐竜博 2019
21_21 DESIGN SIGHT「虫展 ―デザインのお手本―」
虫 展
日本科学未来館「企画展「マンモス展」 その「生命」は蘇るのか」'
マンモス展
国立西洋美術館「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」
[エリアレポート]
松方コレクション展
エリアレポート 京都国立近代美術館「ドレス・コード?―― 着る人たちのゲーム」
[エリアレポート]
ドレス・コード?
エリアレポート 豊田市美術館「クリムト展 ウィーンと日本 1900」
[エリアレポート]
クリムト
エリアレポート 東京オペラシティアートギャラリー「ジュリアン・オピー展」
[エリアレポート]
ジュリアン・オピー
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「みんなのレオ・レオーニ展」
[エリアレポート]
レオ・レオーニ展
大阪市立東洋陶磁美術館「フィンランド陶芸+マリメッコスピリッツ」
[エリアレポート]
フィンランド陶芸
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
特別展 「恐竜博 2019」 特別展「三国志」 百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 奥の細道330年 芭蕉 没後90年記念 岸田劉生展 カラヴァッジョ展
博物館・美術館検索
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社