インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  メナード美術館コレクション名作展 -とっておきの名画と出会う-

メナード美術館コレクション名作展 -とっておきの名画と出会う-

■話題の葛飾応為《夜桜美人図》が登場
【会期終了】 日本メナード化粧品株式会社の創業者、野々川大介・美寿子夫妻の出身地・愛知県小牧市にあるメナード美術館。印象派以降の西洋絵画、日本画、日本洋画、彫刻、工芸、古美術など1400点余りを所蔵しています。この時期恒例のコレクション名作展、現在3期が開催中です。
名古屋市の北に位置する小牧市。市の中心部近くにあるメナード美術館は、ここ数年は年に5本の展覧会を開催しており、この時期にコレクションの名作を披露するのも定番となりました。

5つの展示室とミニギャラリーを有する同館。早速、順路を追ってご紹介しましょう。

まずは、中庭からの陽光で開放的な展示室1。ここでは美術館の顔といえるマリノ・マリーニ《馬と騎手(街の守護神)》をはじめ、大小の彫刻が展示されています。

奥の展示室2は、西洋絵画 Part1。モネ、ルノワール、ピカソなど、19世紀後半から20世紀半ばの西洋美術が並びます。

本展では2つの作品がコレクションより初公開となります。アンリ=エドモン・クロス《木陰のある浜辺》は新印象派の点描画で、かなり大きな点で描かれているのが特徴的です。

もうひとつのジョルジュ・スーラ《働く農夫》は対照的な小品。1882年頃から、スーラは元はシガーボックスの蓋だった小さな板に油彩画を多く残しました。本作もそうした作品と同サイズの板に、畑仕事を行う農夫が描かれています。


展示室1の彫刻から、展示室2の西洋絵画 Part 1へ

3期の最大の目玉である葛飾応為《夜桜美人図》は、展示室3で展示されています。昨年4月にテレビで紹介され、美術館には展示の問い合わせが相次いでいました。

作者は、葛飾北斎の娘である応為(おうい)。天才浮世絵師である北斎も「美人画ではかなわない」と、その才能を認めていました。

本作に見られるような西洋画風の明暗表現は、応為の真骨頂です。灯篭の光に照らされた美人の顔、順光と逆光での桜の描き分け、闇の中に浮かぶ灯篭の脚と、光の作用を強調した表現が印象的です。

さらに注目は、夜空に描かれた星。星(恒星)は表面温度の違いで色の差がありますが、応為は胡粉で白く描いた後に顔料を載せる事で、微妙な星の色を表現しています。光に対する強い思いは、応為ならではといえるでしょうか。


葛飾応為《夜桜美人図》

続いて、ミニギャラリーで舟越桂の彫刻、展示室4にレオナール・フジタや佐伯祐三などの日本洋画、展示室5は西洋絵画 Part 2としてシャガール、ミロ、マグリット等々、という会場構成。3期では、計74点が紹介されています。

メナード美術館のコレクションは、特定の作家や画派に偏る事がありません。あえて基準を挙げるなら「作家の個性をぎゅっと凝縮したような作品」。例えばフジタは裸婦、小磯良平は群像、アンソールなら仮面と、その作家を代表するモチーフが多い事も印象的です。

会場を通してみる事で、日本と西洋の美術を網羅的に楽しむ事が可能。美術に詳しい方はもちろん、あまり詳しくない方も、きっと美術の素晴らしさを感じていただけると思います。

2017年10月28日で、ちょうど開館30周年を迎えるメナード美術館。本展の後は、4月26日まで改修工事のため一時休館となります。

名古屋からのアクセスは1時間弱。公式サイトでは乗り換えなしのバスがご紹介されていますが、気候が良ければ電車(地下鉄名城線+上飯田線)も便利。小牧駅からは小牧山方面に徒歩15分程です。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2016年12月27日 ]

北斎娘・応為栄女集北斎娘・応為栄女集

久保田 一洋 (著)

藝華書院
¥ 2,160


■メナード美術館コレクション名作展 に関するツイート


 
会場メナード美術館
開催期間2016年10月1日(土)~2017年1月29日(日)
所在地 愛知県小牧市小牧5-250
TEL : 0568-75-5787
HP : http://museum.menard.co.jp/
展覧会詳細へ メナード美術館コレクション名作展 -とっておきの名画と出会う- 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社