インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  染付誕生400年

染付誕生400年

■肥前磁器の流れを概観
【会期終了】 素地が白く、透光性があり、硬いので弾くと金属音がする磁器。日本での生産は、約400年前の元和2(1616)年からで、朝鮮半島より渡来した陶工・李参平が、肥前(現在の佐賀県)で焼成に成功したのが始まりとされています。17世紀から19世紀までの肥前磁器を概観する展覧会が、根津美術館で開催中です。
李参平が佐賀県有田町の泉山で陶石を発見し、焼成に成功した事から始まったとされている、日本の磁器。この説は近年の研究では疑問視されていますが、1610年代に肥前で磁器が作られていた事は確実です。

草創期の肥前磁器は、小さな高台、おおらかな絵付けなどが特徴。1640年代になると、明朝の滅亡を受けて多くの中国人陶工が渡来し、色絵などの高度な技術が伝わりました。初代柿右衛門も、長崎で中国人から色絵の技術を習ったと伝わります。


会場入口から

中国からの技術を受けて、肥前磁器の品質は格段に向上。素地は純白に、染付も安定した発色となり、形も歪みが無くなります。

初期伊万里は中国磁器を写したものでしたが、技術の発展にともなって、文様や器形も和様化。中国の陶磁には見られない意匠が見られるようになります。

そして、肥前磁器は徐々に海外へ進出。1659年にはオランダ東インド会社が肥前磁器の本格的な輸出を始め、1671年には8万5千個も輸出されたという記録が残っています。


展示室1

展示室2では鍋島を紹介。鍋島は、鍋島藩直営の窯で生産されていた高級磁器で、将軍家や諸大名への贈答品としても用いられました、

五寸皿・七寸皿・尺皿など、寸法と器形が定まった皿類が多い鍋島。色絵や青磁もありますが基本は染付で、高い格調を持ちながら、表面には斬新な構図の文様、裏面には牡丹唐草文などが規則的に配されています。幕末まで生産されました。


展示室2は鍋島

本展の開幕にあわせ、仏教美術を紹介している展示室3も展示替え。奈良・興福寺が所蔵する重要文化財・梵天立像が、根津美術館の帝釈天立像と並んで紹介されています。

長い歴史を有する興福寺は度重なる罹災に加え、明治の廃仏毀釈で荒廃。多くの寺宝が寺外に流失しており、そのひとつが根津美術館の帝釈天立像。つまり、両像はもともと同じ興福寺にあったもので、実に112年ぶりに同じ空間での展示となりました。

展示室の入り口側、向かって右側が興福寺蔵の《梵天立像》、奥が根津美術館蔵の《帝釈天立像》。仏教の守護神である梵天と帝釈天は一対で表現される事が多く、ようやく本来の姿が実現した事になります。両作ともに、慶派の仏師・定慶の鎌倉時代の作と伝わります。


>「再会-興福寺の梵天・帝釈天」

「染付誕生400年」展にあわせ、美術館庭園内の茶室では、1月20日以降の毎週金・土・日に現代作家6名による磁器作品も展示されています。古美術の展覧会が多い根津美術館で、現代作家の作品が展示されるのは極めて異例。17世紀から続く磁器の流れをお楽しみいただけると思います。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年1月6日 ]



■染付誕生400年 に関するツイート


 
会場根津美術館
開催期間2017年1月7日(土)~2月19日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 染付誕生400年 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社