インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  MAKI-E・美の万華鏡展

MAKI-E・美の万華鏡展

■単眼鏡で楽しさ倍増
【会期終了】 漆で絵や文様を描き、乾かないうちに金粉などをふりかけて定着させる蒔絵(まきえ)。繊細な表現が魅力のひとつなので、本来ならば手に取って近くで見たいものですが、美術展では叶いません。こんな時に、鑑賞を助けてくれるのが単眼鏡(アートスコープ)。「単眼鏡での鑑賞」をテーマにした蒔絵工芸作品展が、東京富士美術館で開催中です。
単眼鏡に興味はあるけど、買う前に試せれば…と思っている方にはうってつけの本展。「Let's体験!覗いて探検!驚嘆の十番勝負!」と銘打った10コーナーで、1つずつ作品がピックアップされており、それぞれを備え付けの単眼鏡で楽しむことができます。

どの作品も肉眼の鑑賞とは違った発見がありますが、分かりやすいのは、3つ目のコーナー「ちっちゃビックリ!“知る人ぞ知る”ミニチュアMAKI-Eの小宇宙!」。小さな網かごの中にはさらに小さな独楽(こま)、米粒に書かれた「不動明王」の文字と、驚きの世界が単眼鏡ならはっきりとお楽しみいただけます。


会場(コーナー 1~5)

会場中ほどには、珍しい展示も。なんとヘッドマウントディスプレイを使ったVRで美術品を鑑賞するコーナーです。

VRで見られるのは、重要美術品《鹿秋草蒔絵硯箱》(実物も展示されています)。約2分の映像で、自分が硯箱の中に入ったような楽しい体験ができます。

硯箱は、蓋裏・蓋表・身の3面の絵がつながっています。VR映像を見た後に再び実物を鑑賞する事で、理解が深まるように思えました。


コーナー6「新体験!ヴァーチャル鑑賞で硯箱に入っちゃおう!」

企画展の準備を進める中で判明したのが、天璋院篤姫の婚礼調度。東京富士美術館が所蔵している《葵紋牡丹紋二葉葵唐草蒔絵茶碗台 同蓋》を調査したところ、蒔絵で表現された二葉葵唐草が決め手となり、天璋院篤姫の婚礼調度の一部である事がわかりました。国内外で篤姫の婚礼調度が確認されたのは、これで4件目になります。

会場後半にも武具や刀装具、印籠や根付など、単眼鏡での鑑賞にピッタリの工芸品がずらり。最後はいわゆる「明治の超絶技巧」として、帝室技芸員の作品も展示されています。


会場(コーナー 7~10)

まずは本展で単眼鏡のすばらしさを実感していただければと思いますが、最近開催されている展覧会でも、東京都美術館の「バベルの塔展」(精密描写は単眼鏡鑑賞にピッタリ)、三井記念美術館の「西大寺展」(国宝の舎利容器のほか、像内納入品の鑑賞にも)など、単眼鏡があれば楽しさが広がること間違いなしです。

もちろん刀剣女子の方にもオススメ。こちらも最近なら、江戸東京博物館に「陸奥守吉行」、致道博物館には「信濃藤四郎」もお目見えしています。単眼鏡なら刃文の粒子までお楽しみいただけます。

マイ単眼鏡をお持ちの方には朗報もあります。5月27日(土)、5月28日(日)の両日に、本展にマイ単眼鏡を持参してSNSで発信すると、本展の招待券2枚がプレゼントされます。お持ちでない方は、この機会にぜひ。

[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2017年5月16日 ]



■MAKI-E・美の万華鏡展 に関するツイート


 
会場東京富士美術館
開催期間2017年4月1日(土)~7月2日(日)
所在地 東京都八王子市谷野町492-1
TEL : 042-691-4511
HP : http://www.fujibi.or.jp/
展覧会詳細へ MAKI-E・美の万華鏡展 詳細情報
取材レポート
文豪・泉鏡花×球体関節人形~迷宮、神隠し、魔界の女~
泉鏡花×人形
「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が開館
森ビル×チームラボ
江戸東京博物館「発掘された日本列島 2018」
発掘された日本列島
国立新美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか」
ルーヴル 肖像芸術
国立映画アーカイブ「没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより」
旅する黒澤明
書物工芸 ―柳宗悦の蒐集と創造
書物工芸
渋谷区立松濤美術館「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」
アンティークレース
太田記念美術館「江戸の悪 PARTⅡ」
江戸の悪 PARTⅡ
東京国立近代美術館「ゴードン・マッタ=クラーク展」
マッタ=クラーク
「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」がリニューアルオープン
岐阜かかみがはら
航空宇宙博物館
没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
河井寬次郎展
JRA競馬博物館がリニューアルオープン
JRA競馬博物館
「川島小鳥写真展「つきのひかり あいのきざし」」
[エリアレポート]
「川島小鳥写真展」
「ルーヴル美術館展 肖像芸術-人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル展
「ミホミュージアム 「赤と青のひみつ 聖なる色のミステリー」」
[エリアレポート]
「赤と青のひみつ」
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2018年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。 生誕150年 横山大観展 縄文―1万年の美の鼓動 ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか
巨匠たちのクレパス画展 ―日本近代から現代まで― 野口哲哉「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」 [企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお― 琉球 美の宝庫
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「犬」
グランプリは 大和文華館 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
ミュージアムキャラクターアワード2017 ミュージアムキャラクターアワード
2017 結果発表
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社