ニュース
    WHAT MUSEUMで大林剛郎氏のコレクション展
    (掲載日時:2021年9月24日)

    WHAT MUSEUM「Self-History」 会場風景
    WHAT MUSEUM「Self-History」 会場風景

    国際芸術祭「あいち2022」の組織委員会会長を務める大林剛郎氏のコレクションを紹介する3つの展覧会が、東京で始まる。


    「安藤忠雄 描く」は、建築家・安藤忠雄による初期のドローイング、シルクスクリーンを含む平⾯作品15点を展⽰。

    上海ビエンナーレ(2000年開催)で制作された、⻑さ10mの《ベネッセハウス-直島コンテンポラリーアートミュージアム》ドローイングは⽇本初公開。

    初期建築作品のスケッチや、未完に終わった《宇都宮プロジェクト》《中之島プロジェクトⅠ(⼤阪市庁舎)》のシルクスクリーンも紹介する。


    「都市と私のあいだ」は、都市と、アーティストや私たちの「あいだ」に存在する、都市を形成するさまざまな要素(都市基盤・建築・インテリア・模型等)を被写体とし、9名のアーティストがそれぞれの視点で都市を捉えた写真作品を中心に15作品を展示。

    野口里佳、トーマス・ルフ、アンドレアス・グルスキーの初期作品などのほか、トーマス・デマンドの写真とその被写体である妹島和世建築設計事務所による「すみだ北斎美術館」スタディ模型も同時に展示される。


    「Self-History」は、大林氏がこれまでに収集した現代美術作品を中心に、コレクションの集大成とも言える約40作家の作品を展示。

    出展作家は、吉原治良、ライアン・ガンダー、ヤマガタヒロミチ、ベルント&ヒラ・ベッヒャー、トーマス・ルフ、李禹煥、森村泰昌、トレイシー・エミン、ハンス=ペーター・フェルドマンなど。


    3展ともに東京・品川区のWHAT MUSEUMで2021年9月25日(土)~2022年2月13日(日)に開催。入場料は一般 1,200円など。


    WHAT MUSEUM「安藤忠雄 描く」 会場風景
    WHAT MUSEUM「安藤忠雄 描く」 会場風景

    WHAT MUSEUM「都市と私のあいだ」 会場風景
    WHAT MUSEUM「都市と私のあいだ」 会場風景

    このニュースに関連する展覧会
    2021年9月25日(土)〜2022年2月13日(日)
    開催中[あと112日]
    このニュースに関連するミュージアム
    4
    WHAT
    東京都

    展覧会ランキング
    1
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催中[あと84日]
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    2
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催中[あと80日]
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    3
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催中[あと49日]
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    4
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと154日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと119日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    中野区 学芸員(正規職員)募集しています [中野区役所 本庁舎]
    東京都
    東京国立博物館 有期雇用職員(情報管理室)の公募について [東京国立博物館]
    東京都
    川崎市市民ミュージアム 「かわさき市美術展」短期アルバイト募集!! [川崎市市民ミュージアム※応募方法内の詳細確認]
    神奈川県
    仙台市博物館 学芸員(日本美術史)募集中! [仙台市博物館]
    宮城県
    わらべ館(公財 鳥取童謡・おもちゃ館)専門員(正職)募集 [わらべ館(県立童謡館・鳥取世界おもちゃ館)]
    鳥取県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード