ニュース
    66年ぶりの共演 ― アーティゾン美術館「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」
    (掲載日時:2022年7月29日)

    アーティゾン美術館「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」会場風景
    アーティゾン美術館「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」会場風景

    青木繁(1882-1911)と坂本繁二郎(1882-1969)の生誕140年を記念した展覧会が、東京ではじまる。

    青木繁と坂本繁二郎は、ともに現在の福岡県久留米市生まれ。同じ高等小学校で学び、同じ洋画塾で画家を志した。

    日本の洋画が成熟へと向かう時代の流れのなかで、2人はそれぞれに独自の作風を探求。

    青木は、東京美術学校(現東京藝術大学)在学中に画壇にデビューし、《海の幸》で注目を集めるなど華々しいデビューを飾るも、晩年は九州各地を放浪。29歳という短い生涯を終えた。

    一方の坂本は、青木に触発されて上京。パリへ留学した後、福岡へ戻り、87歳で亡くなるまで長きにわたって馬や静物、月などを題材制作に励み静謐な世界観を築いた。

    会場では、二人の出会いや旅たちをテーマに4つの章で構成。代表作や近年新たに収蔵された幻の作品を公開する。

    青木繁と坂本繁二郎の二人展は、1956年に開かれた「青木繁・坂本繁二郎作品展覧会」(旧石橋美術館)以来66年ぶりとなる。

    「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」はアーティゾン美術館で、2022年7月30日(土)~10月16日(日)に開催。観覧料は一般 1,800円など(ウェブ予約チケットは1,600円)。


    アーティゾン美術館「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」会場風景
    アーティゾン美術館「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」会場風景

    アーティゾン美術館「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」会場風景
    アーティゾン美術館「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」会場風景

    アーティゾン美術館「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」会場風景
    アーティゾン美術館「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」会場風景

    このニュースに関連する展覧会
    18
    アーティゾン美術館 | 東京都
    2022年7月30日(土)〜10月16日(日)
    開催中[あと68日]
    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
    東京都
    【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
    東京都
    東広島市立美術館 学芸員募集中! [東広島市立美術館]
    広島県
    川口市立科学館 サイエンスコミュニケーター急募!【契約社員】 [川口市立科学館]
    埼玉県
    契約職員募集(公益財団法人静岡市文化振興財団) [財団事務局、静岡市民文化会館、静岡音楽館、静岡科学館、静岡市美術館、静岡市歴史博物館、静岡市生涯学習センター各施設等]
    静岡県
    展覧会ランキング
    1
    市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
    ヨシタケシンスケ展かもしれない
    開催中[あと19日]
    2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
    2
    三菱一号館美術館 | 東京都
    ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
    開催中[あと47日]
    2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
    3
    佐賀県立美術館 | 佐賀県
    どがんなっとっと展
    開催中[あと26日]
    2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
    4
    駿府博物館 | 静岡県
    柴田ケイコ「パンどろぼう」展
    開催中[あと26日]
    2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
    5
    国立西洋美術館 | 東京都
    自然と人のダイアローグ
    開催中[あと33日]
    2022年6月4日(土)〜9月11日(日)