ニュース
    江戸の人たちも猫が大好き ─ 太田記念美術館で「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」
    (掲載日時:2023年3月31日)

    太田記念美術館「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」会場
    太田記念美術館「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」会場

    浮世絵に描かれた猫に着目した展覧会が、東京で始まる。

    猫は現在のように江戸時代でもペットとして愛玩されたことはもちろん、化け猫として物語にも登場するなど、庶民の身近にある存在だった。

    浮世絵の世界でも、飼い猫をはじめ、擬人化された猫や、メス猫の一代記など、さまざまなかたちで表現されてきた。

    展覧会では、猫好きとして知られる歌川国芳をはじめ、歌川広重、月岡芳年などによる、猫を描いた浮世絵作品、計180点(前後期あわせて)を紹介。

    猫を題材にした子ども向けの「おもちゃ絵」など、ユニークな作品も展示する。

    前期展示(4/1~4/25)では、歌川国芳による猫の絵の名作《猫の当て字》全5点(たこ、うなぎ、かつを、ふぐ、なまづ)が出展。5点が揃って展示されるのは「おそらく初めて」(太田記念美術館 主幹学芸員 赤木美智さん)となる。

    「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」は太田記念美術館で2023年4月1日(土)~5月28日(日)に開催。入館料は一般 1,200円など。


    太田記念美術館「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」会場
    太田記念美術館「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」会場

    太田記念美術館「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」会場
    太田記念美術館「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」会場

    太田記念美術館「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」会場
    太田記念美術館「江戸にゃんこ 浮世絵ネコづくし」会場

    このニュースに関連するミュージアム
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    奥州市牛の博物館 学芸調査員(会計年度任用職員) [奥州市牛の博物館]
    岩手県
    独立行政法人国立美術館東京国立近代美術館 企画課特定研究員(企画情報発信室)公募  [東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)]
    東京都
    科学技術館(大阪市西区)運営事務・来館者対応スタッフ募集! [科学技術館(大阪市西区)]
    大阪府
    名勝依水園・寧楽美術館 学芸員募集 [名勝依水園・寧楽美術館]
    奈良県
    展覧会ランキング
    1
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと42日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    2
    MOA美術館 | 静岡県
    ポケモン×工芸展 ― 美とわざの大発見 ―
    開催まであと132日
    2024年7月6日(土)〜9月9日(月)
    3
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと14日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと14日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    国立国際美術館 | 大阪府
    特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」
    開催中[あと71日]
    2024年2月6日(火)〜5月6日(月)