ニュース
    「百年後芸術祭 -内房総アートフェス-」、3/23からアート作品展がスタート
    (掲載日時:2024年2月9日)

    「百年後芸術祭 -内房総アートフェス-」記者会見会場より
    「百年後芸術祭 -内房総アートフェス-」記者会見会場より

    千葉県の市原市、木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市の内房総5市で、2023年9月から開催されている「百年後芸術祭 -内房総アートフェス-」は、2024年3月23日(土)からのアート作品展の開幕を前に、都内で記者会見を開催した。

    百年後芸術祭は、千葉県誕生150周年記念事業の一環として開催。アートを主とする「LIFE ART」と、音楽を主体とする「LIVE ART」で構成。総合プロデューサーは小林武史氏、アートディレクターは北川フラム氏が務める。

    「LIFE ART」では気鋭の現代ウーと作家を国内外から招聘。「いちはらアート×ミックス」がこれまで3回開催され実績がある市原市には約60作品、新設となる木更津、君津、袖ケ浦、富津の各市には、それぞれ拠点となる地域を選定し作品を展示する。

    出展アーティストはこれまで発表されていた小谷元彦、さわひらき、名和晃平、デイン・Q・レなどに加え、五十嵐靖晃や角文平らの参加も決定。総勢約80組となる。

    「LIVE ART」では、小林武史氏がプロデュースするスペシャルライブが4カ所で開催される。

    作品鑑賞のパスポートは、2024年2月9日(金)から前売りが開始。前売券は一般 2,500円、小中高生は 1,000円。当日券はそれぞれ 3,500円、2,000円となる。

     → 「百年後芸術祭」のチケットはこちら

    「百年後芸術祭 -内房総アートフェス-」記者会見会場より 「LIFE ART」を説明する北川フラム(アートディレクター)
    「百年後芸術祭 -内房総アートフェス-」記者会見会場より 「LIFE ART」を説明する北川フラム(アートディレクター)

    「百年後芸術祭 -内房総アートフェス-」記者会見会場より 「LIVE ART」を説明する小林武史(総合プロデューサー)
    「百年後芸術祭 -内房総アートフェス-」記者会見会場より 「LIVE ART」を説明する小林武史(総合プロデューサー)

    このニュースに関連する展覧会
    2023年9月30日(土)〜2024年5月3日(金)
    開催中[あと65日]
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    静岡市東海道広重美術館【学芸員】【管理】募集中 [静岡市東海道広重美術館]
    静岡県
    奥州市牛の博物館 学芸調査員を募集中 [牛の博物館]
    岩手県
    佐賀県立宇宙科学館 科学コミュニケーター募集! [佐賀県立宇宙科学館]
    佐賀県
    岩国市科学センター任期付職員(学芸員)募集 [岩国市科学センター]
    山口県
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと39日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと39日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)