ニュース
    “幕末のツートップ”国芳と国貞、ボストン美術館から名品が来日へ
    (掲載日時:2015年12月1日)
    「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」記者発表

    世界有数の浮世絵コレクションを誇るボストン美術館から、幕末に絶大な人気を博した二人の浮世絵師、歌川国芳(1797~1861)と歌川国貞(1786~1864)の作品170件(約350枚)を展示する企画展が開催される事となり、2015年12月1日(火)、都内で記者発表が行われた。

    国芳と国貞は、初代歌川豊国門下の同門。作風は対照的で、国芳は豪快な武者絵と大胆な構図、国貞は粋な美人画や光輝く役者絵で一世を風靡した。

    展覧会は二幕構成。さらに小タイトルに「物怪退治英雄譚(モンスターハンター&ヒーロー)」「畏怖大海原(ホラー・オブ・ウォーター)」「三角関係世話物(トライアングル・オブ・ラブ)」「今様江戸女子姿(エドガールズ・コレクション)」など現代風のキャッチを設定。日本美術に詳しくない人にも直観的に楽しめるように工夫した。展覧会の監修は、東京国立博物館の松嶋雅人研究員が務める。

    展覧会のオフィシャルサポーターには、歌舞伎俳優の中村七之助さんが就任。音声ガイドのナビゲーターも担当する。イメージソング「Ups and Downs」は、B'z松本孝弘さんによる書下ろし。

    「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」は2016年3月19日(土)~6月5日(日)、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催。入館料は当日券が一般 1,500円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 700円。前売券(それぞれ 200円引)、「猫スカル」缶バッジ付チケット(1,800円)は、2016年1月19日(火)から発売。早割ペアチケット(2枚1組 2,000円)は12月1日(火)~2016年1月18日(月)に発売。

    Bunkamura ザ・ミュージアムで浮世絵展が行われるのは、本展が初めて。東京展の後には神戸(神戸市立博物館:6/18~8/28)、名古屋(名古屋ボストン美術館:9/10~12/11)に巡回する。

    「俺たちの国芳 わたしの国貞」の早割ペアチケットはこちらiconicon

     発信:インターネットミュージアム

    Bunkamura ザ・ミュージアム 施設詳細ページ
    「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」 公式ページ
    おすすめレポート
    学芸員募集
    やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
    高知県
    【アルバイト募集】株式会社ブレーントラストではアルバイトを募集しています。 [東京都港区白金4-7-19]
    東京都
    【正社員募集】株式会社ブレーントラストでは、ただいま美術展組織および一般事務にかかわる正社員を募集しています。 [東京都港区白金4-7-19]
    東京都
    杉並区立郷土博物館 学芸員募集中! [杉並区立郷土博物館]
    東京都
    【セゾン現代美術館】アートショップ店長候補募集! [セゾンアートショップ (横浜・みなとみらい)]
    神奈川県
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと113日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと64日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと8日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    開催中[あと15日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    アーティゾン美術館 | 東京都
    パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
    もうすぐ終了[あと1日]
    2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)