IM
    レポート
    KAWS TOKYO FIRST Sponsored by DUO
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    世界中で制作活動をしている、KAWS(カウズ)の国内初となる大型展
    両面がバツ印になったキャラクターはじめ、ユニークな作品が勢揃い
    ARによって出現する作品や、キャラクターに変身してシェアする体験も

    ニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動しているアーティスト・KAWS(カウズ)。

    彼が制作している、インパクトのあるキャラクターを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。KAWSの初期から最新作までを展示した、日本初の大型展覧会が開催中です。



    《UNTITLED(COMPANION CLOSE UP)GREY》 2013年


    1974年生まれのKAWSの本名は、ブライアン・ドネリー。「コンパニオン」を生み出した1990年代以降、絵画やストリートアート、デザインや巨大彫刻など多岐にわたる制作を行っていきます。



    「KAWS TOKYO FIRST」展示会場


    会場は、これまでの活動を見渡せる様に、異なるタイプの作品を並べ、制作された年代順ではなく作品同士が共鳴するように展示されています。

    その中には、KAWSが保有するプライベートコレクションが集められたスタジオの様子が再現されたブースもあります。



    KAWSのプライベートコレクションのあるスタジオを再現


    KAWSの制作スタイルの確立や作風に影響を与えたものの一つに、日本の「ウラハラ」「オタク」などのサブカルチャーがあります。初めて来日した1997年以来、日本に訪れるのは50回近くなります。

    今回の展覧会名「KAWS TOKYO FIRST」は、2001年に渋谷パルコで開催された自身日本初の個展と同じタイトルとして、20年を経た今、「原点回帰」という想いが込められています。



    《KAWS and David Sims UNTITLED》 2001年


    KAWSと言えば、アメリカのポピュラーキャラクターを代表するキャラクターをモチーフとして取り上げた作品が有名です。キャラクターの名前の頭文字を“K”に置き換えて、独自の世界観を生み出してきました。



    「KAWS TOKYO FIRST」展示会場



    「KAWS TOKYO FIRST」展示会場


    ユニクロやアベイシングエイプ、ディオールなどのブランドとのコラボレーションも数多く展開。その作品は洗練されたユーモアを持ち、幅広い人々に愛されています。



    「KAWS TOKYO FIRST」展示会場


    AR体験しながら鑑賞をする作品も展示されています。

    デジタルアートプラットフォームAcute Artのアプリをダウンロード。スマートフォンを動かすと、宙に浮かびあがるCOMPANIONは、展示室内のほかにも屋外でも楽しめむことができます。



     


    KAWSにとってこの展覧会は、パンデミックから再出発するための新たな始まりだと感じているとのこと。

    「これまで、写真やSNS、グッズなどで目にしたことがある方も、どれ位のスケールの作品かを会場で感じていただきたい。先入観なく、自分の好きなように鑑賞をして欲しい」と語っています。



    《ORIGINALFAKE COMPANION》 2006年


    会場を出ると、KAWSの代表的なキャラクターBFFを通じてインタラクティブな体験をできる空間も。BFFに変身した顔写真や動画をシェアしたり、BFFのために友達の絵を描くなど、子どもや家族で楽しめむことができます。

    KAWSとコラボレーションした和菓子・ひよ子やマグ、思い出に残るグッズも豊富です。


    [ 取材・撮影・文:古川 幹夫、坂入 美彩子 / 2021年7月15日 ]

    《SEEING》 2018年
    「KAWS TOKYO FIRST」展示会場
    「KAWS TOKYO FIRST」展示会場
    「KAWS TOKYO FIRST」展示会場
    「KAWS TOKYO FIRST」展示会場
    「KAWS TOKYO FIRST」展示会場
    新作《FAMILY》 2021年
    「KAWS TOKYO FIRST」展示会場
    会場
    森アーツセンターギャラリー
    会期
    2021年7月16日(金)〜10月11日(月)
    開催中[あと24日]
    開館時間
    10:00~20:00
    ※入館は閉館30分前まで
    休館日
    なし
    住所
    〒106-6152 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
    電話 03-5542-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト https://www.kaws-tokyo-first.jp
    展覧会詳細 KAWS TOKYO FIRST Sponsored by DUO 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと27日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    2
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと191日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    3
    三菱一号館美術館 | 東京都
    イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
    開催まであと28日
    2021年10月15日(金)〜2022年1月16日(日)
    4
    東京都美術館 | 東京都
    ゴッホ展 ー 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
    開催まであと1日
    2021年9月18日(土)〜12月12日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと156日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)金沢芸術創造財団 学芸員募集(金沢21世紀美術館) [金沢21世紀美術館]
    石川県
    特定非営利活動法人 茅ヶ岳歴史文化研究所 埋蔵文化財発掘調査員募集 [北杜市内発掘調査現場及び法人事務所]
    山梨県
    【学芸員歓迎】横浜人形の家 事業企画スタッフ(展示企画・製作/教育普及プログラム実施等)募集 [横浜人形の家]
    神奈川県
    公益財団法人 金沢文化振興財団 学芸員(正規職員)募集 [前田土佐守家資料館]
    石川県
    国立新美術館 学芸課 研究補佐員(美術資料室) 公募 [国立新美術館]
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード

    ミュージアム 干支コレクション アワード