IM
    レポート
    極楽鳥
    JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」 | 東京都
    鳥をモチーフにした宝飾芸術を、鳥の剥製標本など研究資料とあわせて展示
    クラシカルな知の空間に煌めくジュエリーの数々、異色のコラボレーション
    日本で初公開となる海外のプライベート・コレクションから約100点を紹介

    昭和モダニズムを代表する旧東京中央郵便局舎(KITTE丸の内)にある、インターメディアテク。2013年に開館し、今年で10周年を迎えました。

    記念の展覧会は、鳥をモチーフにした宝飾の名品と、鳥の剥製や研究資料をあわせて展示する企画です。知を集積した博物館の空間にジュエリー。異色のコラボレーションが実施中です。


    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク 2階の入口(今回の特別展は3階で開催中)


    特別展の会場は3階。入口はカーテンで仕切られていて、中に進むと、暗い展示室で「夜の鳥」のセクションから始まります。

    夜の鳥といえば、フクロウ。手前のケースに浮かび上がるのは、フクロウをモチーフにしたペンダントです。右奥にはフクロウの剥製、江戸時代に描かれた博物図譜の写本も並びます。


    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場


    奥に進むと、展示ケースにはジュエリーがずらり。東京大学で戦前から使われてきた什器を再利用し、クラシカルな展示空間を持つインターメディアテクに、貴石や金属の輝きが映えます。


    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場


    今回の展覧会は、東京大学総合研究博物館と、ヴァン クリーフ&アーペルが支援する宝飾芸術の教育研究機関「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」とが共同で主催しました。

    展示されているのは、日本で初公開となる海外のプライベート・コレクションから、19世紀半ばから現代までの鳥をモチーフにしたジュエリー、約100点です。


    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場

    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場


    壁面には歴史的な鳥類図譜も展示されています。イギリスのオーデュボン(1785-1851)による『アメリカ産鳥類図譜』(複製)は、1830-1839年に制作されたもの。オーデュボンは18歳で渡米し、自らの足で北米大陸各地を旅行。鳥類を捕獲し、剥製をつくり、制作したこの図譜は、19世紀鳥類図鑑の金字塔とされています。


    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場


    大航海時代に異国から西洋にもたらされた鳥は、西洋の人にとって大きな驚きでした。その多様性は、異国趣味「エキゾチシズム」を後押しし、芸術の分野に広がっていきました。

    同年代の前衛芸術にも呼応し、鳥のイメージを様式化してジュエリーに展開したのが、ピエール・ステルレ(1905-1978)です。新たな技法も取り込んだステルレの鳥のブローチは、現代的なジュエリーの道を切り拓きました。


    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場 手前はピエール・ステルレの作品


    展覧会のタイトルである「極楽鳥」は、英名で「Birds of Parasise」。日本ではフウチョウと呼ばれる鳥です。

    ヨーロッパ人ではじめてオオフウチョウを手にしたとされるのが、世界周航に挑んだマゼラン(1480-1522)です。ヨーロッパに届いた標本は、梱包に邪魔なため脚が切り取られため、伝説上の「天上に住む脚がない鳥」と結び付けられました。


    インターメディアテク 2階の入口(今回の特別展は3階で開催中)
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場


    なんといっても会場とジュエリーの共演が最大の見もの、しかも入館無料です。会場内は撮影もできるので、ぜひ映える写真を撮りにお出かけください。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2023年1月19日 ]

    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    インターメディアテク「開館十周年記念特別展示『極楽鳥』」会場
    会場
    JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」
    会期
    2023年1月20日(金)〜5月7日(日)
    会期終了
    開館時間
    11:00-18:00(金・土は20時まで開館)
    休館日
    月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館) ※2023年2月20日(月)~2月27日(月)は標本点検のため休館
    住所
    〒100-7003 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE2・3階
    電話 050-5541-8600(ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.intermediatheque.jp/
    料金
    無料
    展覧会詳細 極楽鳥 詳細情報
    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    【利尻町立博物館】学芸員募集! [利尻町立博物館]
    北海道
    川崎市市民ミュージアム職員(総務)募集 [川崎市市民ミュージアム]
    神奈川県
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと26日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと130日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと19日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと5日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと93日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)