IM
    レポート
    歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち
    太田記念美術館 | 東京都
    江戸時代の「表現の規制」にも注目
    迫力あふれる武者絵やユーモラスな戯画で知られる、歌川国芳(1798-1861)。各所で何度も展覧会が開かれ、すっかり人気浮世絵師の定番になりました。今回は国芳に加えて娘たちに注目。そして、何かと話題の「表現の規制」についても考える展覧会が、太田記念美術館で開催中です。
    (左から)歌川国芳《相馬の古内裏》弘化2~3年(1845~46)頃 / 歌川国芳《讃岐院眷属をして為朝をすくふ図》嘉永4年
    歌川国芳《本朝水滸伝豪傑八百人一個 尾形周馬寛行》天保2(1831)年
    歌川国芳《東都三ツ股の図》天保2~3(1831~32)年
    歌川国芳《江都勝景 中洲より三つまた永代ばしを見る図》天保13~14(1842~43)年
    歌川国芳《源頼光公舘土蜘作妖怪図》天保13~14(1842~43)年
    歌川国芳《荷宝蔵壁のむだ書》嘉永元年(1848)頃
    歌川国芳《きたいな名医難病療治》嘉永3年(1850)
    歌川芳鳥《武具尽両面合》嘉永6年(1853)
    歌川芳女《五節句の内 三節の見立 新材木町 新乗物町》文久2年(1862)頃
    太田記念美術館がお届けする「秋の歌川派フェスタ」。「歌川豊国 ─ 写楽を超えた男」展に続く第2弾は、その豊国の弟子にあたる、歌川国芳です。

    15歳の頃、初代豊国に入門した国芳。国貞(三代豊国)は兄弟子で、広重は師は違いますが、同年の生まれです。

    当時もっとも人気があったのは三代豊国ですが、国芳も師の没後に出版された水滸伝シリーズがヒット。嘉永6年(1853)の評判記には「(三代)豊国にかほ(似顔)、国芳むしや(武者)、広重めいしよ(名所)」と、二番目に挙げられるほどの人気絵師でした。

    展覧会は作品を年代順に展示。画業の変遷を追えるのはもちろんですが、後ほどご紹介する「表現の規制」についても、時代背景とあわせて見ていくことができます。



    国芳は17歳頃にデビュー。30過ぎるまで鳴かず飛ばずだったので、遅咲きの画家といえます。水滸伝で人気を博した後は、西洋風の作品など、さまざまな表現に挑戦していきます。

    ようやく波に乗り始めた頃、世間を騒がせたのが「天保の改革」という大嵐。国芳が45歳の頃から綱紀粛正が厳しくなり、浮世絵にも歌舞伎役者や遊女を描くことができなくなります。

    そこで、国芳が代わりに描いたのが、子ども絵。単に無邪気な子どもを描いたものもありますが、中には、本来は大人がするべき役回りを子どもにさせている絵もあり、国芳ならではの抵抗が見て取れます。

    国芳の代表作のひとつといえるのが、47歳頃に描いた《源頼光公館土蜘作妖怪図》。作品は「判じ絵」、つまり絵の中に別の意図が隠されており、時の老中・水野忠邦を揶揄していると評判になりました。

    体制を批判する浮世絵など、もちろんご法度。国芳は他の戯画でも幕府を批判しているされ、同心に身辺調査をされたり、奉行所から呼び出されたりと、すっかり要注意人物のレッテルを貼られてしまいます。

    実は、国芳自身がどこまで反体制だったかは、定かではありません。本人の意思を越えて拡大解釈されていた部分もあり、時代が求めていた空気に、ちょうど国芳の作品がはまったともいえます。

    展示作品の中には、校合摺(校正段階の試し刷り)では別の顔だったものが、出版物では役者の顔にしたものも。版元が時代の空気を読みながら、作品を作っていた事が分かります。目に見えない圧力を感じながら「表現の規制」と戦うさまは、驚くほど現代と似ているように思えます。

    国芳の娘たちについては、展覧会の終盤で。浮世絵師の娘と言えば、葛飾北斎の娘である葛飾応為(お栄)が有名ですが、国芳のふたりの娘も浮世絵を描いていました。

    娘の画号は、それぞれ芳鳥(1839-不明)、芳女(1842-不明)。それぞれ父の作品の背景部分を描いているほか、一人で手掛けた作品も。特に芳鳥は数えで15歳の頃、すでに一人で作品を描いているなど、かなり優秀な浮世絵師でした。

    あまり知られていませんが、当時も女性の浮世絵師は何人かいました。展覧会最後には、国芳の門人、歌川芳玉の作品も紹介されていました。

    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2019年10月3日 ]

    歌川国芳 21世紀の絵画力歌川国芳 21世紀の絵画力

    金子 信久 (著), 音 ゆみ子 (著), 府中市美術館 (著)

    講談社
    ¥ 2,808

     
    会場
    太田記念美術館
    会期
    2019年10月4日(金)~10月27日(日)
    開館時間
    10:30~17:30(入館17:00まで)
    月曜日(祝日の場合開館し翌日休館)、年末年始、展示替え期間
    住所 東京都渋谷区神宮前1-10-10
    電話 03-5777-8600
    公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
    料金
    一般 700円 / 大高生 500円 / 中学生以下無料
    展示会詳細 歌川国芳 ─ 父の画業と娘たち 詳細情報
    展覧会ランキング
    安城市歴史博物館 | 愛知県
    終戦75周年記念特別展「戦争に行くということ」
    開催まであと14日
    2020年7月18日(土)〜9月13日(日)
    北一ヴェネツィア美術館 | 北海道
    ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
    開催中[あと65日]
    2020年6月20日(土)〜9月7日(月)
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催まであと133日
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    連載完結記念 約束のネバーランド展
    開催まであと160日
    2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)
    大府市歴史民俗資料館 | 愛知県
    企画展【紙芝居でめぐるおおぶの民話】
    開催中[あと92日]
    2020年6月20日(土)〜10月4日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    東京都写真美術館 | 東京都
    森山大道の東京 ongoing
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    IM レポート
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    神田日勝 大地への筆触
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    兵庫県立美術館西宮分館会計年度任用職員(県政推進員) [兵庫県立美術館]
    兵庫県
    子供向け体験型施設のマネージャー・ディレクター募集(株式会社 丹青社) [横浜市みなとみらい地区]
    神奈川県
    独立行政法人日本スポーツ振興センタ ー [独立行政法人日本スポーツ振興センタ ー秩父宮記念スポーツ博物館・図書館]
    東京都
    令和2年度かほく市職員(石川県西田幾多郎記念哲学館学芸員)採用候補者試験案内 [石川県西田幾多郎記念哲学館]
    石川県