IM
    レポート
    東京都庭園美術館がリニューアル
    3年ぶりの華麗なアール・デコ
    3年に及ぶリニューアル工事が終わった、東京都庭園美術館。アール・デコ様式の本館は、より創建当時の姿に。広い展示室をそなえた新館も建設されました。
    外壁も塗り替えられました
    「次室(つぎのま)」に設置されている「香水塔」
    「大客室」のシャンデリア
    「大食堂」
    「第一階段」の吹き抜け
    「殿下居間」
    「第一浴室」
    ガラスの映り込みが美しい、新館へのアプローチ
    新館
    朝香宮家の本邸として1933(昭和8)年に建設された東京都庭園美術館。当時、世界中で流行していたアール・デコに、いち早く目を付けたのは朝香宮ご夫妻です。滞在中のパリでこの様式にすっかり魅せられ、新築した邸宅にこのスタイルを取り入れました。

    戦後は外務大臣公邸や迎賓館などに利用された後に、東京都が土地と建物を取得。1983年から、東京都庭園美術館として一般に公開されるようになりました。

    2011年11月から約3年間に及んだ、今回の大改修工事。本館は保存を目的とした改修のほか、当時の資料を参考に細部が復原され、より創建当時の姿に近づきました。


    瀟洒なアール・デコ様式の本館。各所に修復の手が入りました

    建物に入ってすぐ目に入る大きな磁器製の塔は「香水塔」。建物の設計者の一人であるフランス人デザイナーのアンリ・ラパンが手掛けました。そもそもは屋内用の噴水器で、朝香宮邸時代に来客を迎える際、頭頂部に香水を垂らして周囲に香りを広げた事から「香水塔」と呼ばれるようになったものです。

    今回は、以前の修復で用いられた接着剤を除去。新たに樹脂で接着し直すとともに、接合部分はパテ埋め。表面も磨き直す事で、本来の色味を取り戻しました。


    「次室(つぎのま)」にある、アンリ・ラパンが手掛けた「香水塔」

    建物の主であった朝香宮鳩彦王の居室である、2階の「殿下居間」も大きく改修されています。

    この部屋は美術館開館時から無地の壁紙になっていましたが、一部残されていたオリジナル布地の繊維を分析。書斎の机のガラス板の下に敷かれていた共布も参考にして、壁紙とカーテンの模様と色が復原されました。

    両脇に置かれているイチョウ型と台形のキャビネットも修復。具材を全て解体して歪みを調整。欠損していた棚や鍵も作り直しています。


    2階の「殿下居間」

    そして今回の工事では、新館を地上2階・地下1階の新しい建物として改築。本館の美術館機能を補完する新しいスペースが誕生しました。

    アール・デコの本館から、美しいガラスのアプローチを抜けた先に設けられた、現代的な新館。中にはホワイト・キューブの展示室が設けられており、現代美術の展覧会や映像、音楽、パフォーミング・アーツなどにも対応していく事となります。

    新館にはショップとカフェもオープン。オリジナルグッズやオリジナルスイーツも登場する予定です。


    美しいガラスのアプローチも見ものです

    これまでも年間18万人の来館者に愛されていた東京都庭園美術館。「待ちに待った」という方も多いのではないでしょうか。現在、開館記念の展覧会として、本館で「アーキテクツ/1933/Shirokane アール・デコ建築をみる」が、新館ギャラリー1および本館で「内藤礼 信の感情」が開催中です(ともに12月25日まで)。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年11月21日 ]

    アール・デコ建築意匠: 朝香宮邸の美と技法

    東京都庭園美術館 (編集)

    鹿島出版会
    ¥ 3,240


    ■東京都庭園美術館 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2014年11月22日(土)リニューアルオープン
    住所
    東京都港区白金台5-21-9
    電話 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
    公式サイト http://www.teien-art-museum.ne.jp/
    おすすめレポート
    学芸員募集
    八尾市歴史民俗資料館 学芸員募集中! [八尾市歴史民俗資料館での学芸員職]
    大阪府
    静岡市東海道広重美術館【学芸員】【管理】募集中 [静岡市東海道広重美術館]
    静岡県
    奥州市牛の博物館 学芸調査員を募集中 [牛の博物館]
    岩手県
    佐賀県立宇宙科学館 科学コミュニケーター募集! [佐賀県立宇宙科学館]
    佐賀県
    岩国市科学センター任期付職員(学芸員)募集 [岩国市科学センター]
    山口県
    展覧会ランキング
    1
    紅ミュージアム | 東京都
    企画展「ミニチュア愛(らぶ)!」
    開催中[あと39日]
    2024年2月20日(火)〜4月7日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵
    開催中[あと39日]
    2024年1月27日(土)〜4月7日(日)
    3
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「本阿弥光悦の大宇宙」
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月16日(火)〜3月10日(日)
    4
    名古屋市美術館 | 愛知県
    ガウディとサグラダ・ファミリア展
    もうすぐ終了[あと11日]
    2023年12月19日(火)〜2024年3月10日(日)
    5
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築
    もうすぐ終了[あと11日]
    2024年1月11日(木)〜3月10日(日)