IM
    レポート
    ファッション・イラストレーター 森本美由紀展
    弥生美術館 | 東京都
    急逝したファッションイラストの第一人者、初の大規模展
    岡山県津山市出身のイラストレーター、森本美由紀(1959-2013)さん。高いファッション・センスとデッサン力でスタイリッシュなイラストレーションを次々に描き、“渋谷系”ブームではアイコンとなるイメージを手掛けました。約30年の画業を振り返る本展、美術館で開催される初の大規模展です。
    (左から)《スプンティーノ広告絵》 / 《スプンティーノ広告絵》 / 《無題》
    カラーで描いたファッション・イラスト
    (左から)《「ヴァンテーヌスタイル」原画》 / 《「ヴァンテーヌスタイル」原画》
    (左から)《「MINE」表紙と原画 1993年2月号》 / 《「MINE」表紙と原画 1993年4月号》
    (左から)《矢野顕子ツアーパンフレット原画》 / 《篠原涼子のCDジャケット原画》 / 《「ダイヤルMを廻せ!」チラシ原画》
    《E.T. BABY》
    筆によるモノクローム作品
    筆によるモノクローム作品
    森本が描いたキモノ
    80年代から近年まで、雑誌「mc Sister」「Olive」「25ans」「VOGUE」等で活躍していた森本さん。抜群のセンスでカジュアルからモードまでファッショナブルに描き、まさにファッションイラストレーターの第一人者といえる存在でした。

    会場冒頭では、まず森本さんの代表的なファッションイラストが紹介されています。


    イントロダクションは森本流の「ファッションイラストレーション」

    森本さんはセツ・モードセミナー出身。在学中から編集部をまわり、20歳の頃からイラストレーターとして活躍し始めました。

    1980年代の作品はペン画が中心。カラフルな色彩で描かれた8頭身の人物は60年代のアメリカ風で、後年の森本作品の印象とはだいぶ異なります。

    ペン画でも順調だった森本さんですが、80年代終わりごろに墨と筆での表現に移行。力強い輪郭線で描かれたゴージャスなイラストは、好景気に沸く時代の共感を呼び、一層の飛躍を果たしました。


    「1980年代のペン画作品」と「筆を使ったカラー作品」

    90年代になると、森本さんはエンタテインメント系の仕事も手掛けるようになります。時代の先端を走る当時のカルチャーと森本さんの作品はマッチし、CDジャケット、映画のポスター、イベントのフライヤーなど活躍の場を広げました。

    中でも良く知られているのが、ピチカート・ファイヴのCDジャケット。メンバーの野宮真貴と小西康陽を描いたイラストは「渋谷系」の代表的なアイコンとしても知られています。


    「エンタテインメント関係の仕事」

    2000年頃から、森本さんのイラストは筆によるモノクローム作品が主体になります。森本さんはセツ・モードセミナー時代に鍛えていたモデルを使ったクロッキーを、この時期に再開。洋画家ならともかく、イラストレーターがモデルを雇ってクロッキーを描くのは、かなり珍しいと言えます。

    モデルを前にして描く事で「どこが可愛いと思ったか」を確認しながら作画していた森本さん。感動しながら描く事の大切さを意識していました。2002年頃からモデルにしていたニッキーさんの場合については、「ヒザの裏」に感動しながら描いていたといいます。


    「筆によるモノクローム作品」

    森本さんの作品はアートディレクターらの共感を呼び、コラボレーションの仕事も増えていきます。

    ユニクロの長袖Tシャツでは鷲見陽がアートディレクションを担当。ジル・スチュアートの衣裳を身に着けたジェニー人形のパッケージイラストも手掛けています。

    2002年のクリスマスには、松屋銀座の広告でアートディレクターの古平正義が森本さんの作品を大胆に起用。赤と黒のクールな色使いは後年まで語り継がれる評判となりました。森本さんのイラストに覆われた銀座で、知人が「これが本当の"みゆき"通りね」と評した事にも感激したと伝わります。

    順調だった仕事に加え、イラスト教室の講師も務めるなど後進の教育にも熱心でしたが、2013年10月に肝臓ガンで死去。まだ54歳の若さでした。


    「アートディレクターたちとのコラボレーション」

    スタイリッシュなファッションを描き続けた森本さんですが、実は森本さんが描きたかったのは服ではなく、「女の子がなりたいというイメージ」でした。

    女の子の希望そのものをシンプルに表現する事を追及した、森本さんならではの世界。会場にはいつにも増して、若い女性の姿が目立ちました。
    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2015年7月7日 ]



    ■森本美由紀展 に関するツイート


     
    会場
    会期
    2015年7月3日(金)~9月27日(日)
    開館時間
    10:00~17:00(入館16:30まで)
    休館日
    月曜日 ただし7/20・9/21(祝・月)開館、7/21(火)休館
    住所
    東京都文京区弥生2-4-3
    電話 03-3812-0012
    公式サイト http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/outline.html
    料金
    一般900円/大・高生800円/中・小生400円
    (弥生美術館もご覧いただけます)
    展覧会詳細 ファッション・イラストレーター 森本美由紀展 詳細情報
    展覧会ランキング
    国立西洋美術館 | 東京都
    ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
    開催中[あと100日]
    2020年6月18日(木)〜10月18日(日)
    熊本城ホール | 熊本県
    特別展 ミイラ「永遠の命」を求めて
    開催中[あと57日]
    2020年5月21日(木)〜9月5日(土)
    国立新美術館 | 東京都
    古典×現代2020―時空を超える日本のアート
    開催中[あと45日]
    2020年6月24日(水)〜8月24日(月)
    静岡県立美術館 | 静岡県
    みんなのミュシャ
    開催まであと1日
    2020年7月11日(土)〜9月6日(日)
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展「きもの KIMONO」 
    開催中[あと44日]
    2020年6月30日(火)〜8月23日(日)
    おすすめレポート
    IM レポート
    細見美術館 | 京都府
    春画展(前期)
    IM レポート
    IM レポート
    IM レポート
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「PLAY! MUSEUM」がオープン
    読者 レポート
    大分県立美術館 | 大分県
    坂茂建築展
    学芸員募集
    石川県教育委員会事務局職員(埋蔵文化財専門調査員)募集(R3.4採用) [文化財課、金沢城調査研究所、石川県埋蔵文化財センターなど]
    石川県
    令和2年度吉野ヶ里町職員(文化財保護主事)採用統一試験のお知らせ [吉野ヶ里町役場]
    佐賀県
    短時間勤務特別雇用職員(文芸企画員1名)募集 [三鷹市山本有三記念館]
    東京都
    熊谷市一般職の任期付職員(遺跡発掘調査員)の募集 [熊谷市江南文化財センター、池上遺跡(熊谷市池上地内)等]
    埼玉県
    美術館内諸業務 マネージャー候補 [清春芸術村]
    山梨県