IM
    レポート
    大東京の華 ― 都市を彩るモダン文化
    東京都江戸東京博物館 | 東京都
    西欧化は上流階級から一般大衆へ、変わっていった都市の生活
    自由なおしゃれで、モダンな都市生活を謳歌した「モボ・モガ」たち
    15区から35区へ、面積・人口ともに大幅に拡大した「大東京」の姿

    時代とともに変わる、都市の姿。東京も大きな変貌を遂げてきました。

    展覧会は明治、大正、昭和と変わっていった東京を、館蔵の資料で紹介する企画。流行したファッションなども展示した、華やかな会場が見ものとなります。


    会場入口
    会場入口


    プロローグは「明治の東京」から。江戸から名を改めた東京、少しでも早く列強に追いつこうと、西欧化が急激に進められました。

    レンガ造りの建物、西洋風のドレスなど、当時の人々にとっては目新しい風俗は、浮世絵師にとっては魅力的なモチーフ。新しい都市の姿は次々に絵画化され、東京のイメージが広まっていきました。


    プロローグ「近代、東京の幕開け」
    プロローグ「近代、東京の幕開け」


    第1章は「ひろがる大衆文化」。当初は上流階級に取り入れられた西洋文化ですが、明治末から大正になると、徐々に庶民の間にも浸透して行きました。

    呉服店は百貨店へ転換を図り、杉浦非水らによるファッショナブルな広告で、新しい生活のイメージを発信。また以前は「三菱ケ原」と呼ばれる原野だった丸の内は、オフィス街として発展しました。

    帝都東京の新しい名所は大衆の関心を呼び、絵葉書などでも盛んに紹介されていきます。


    第1章「ひろがる大衆文化」
    第1章「ひろがる大衆文化」

    第1章「ひろがる大衆文化」
    第1章「ひろがる大衆文化」


    第2章は「よみがえる都市、大東京」。1923年(大正12)9月1日、関東大震災が発生。各所で建物が倒壊、焼失し、東京は未曾有の被害を受けました。

    復興事業は政府が主導し、橋、公園、道路などを整備。現在につながる東京の輪郭は、この時期に整備されたものです。

    「大東京」という表現がみられるようになったのも、この頃です。昭和7年に15区だった東京市が周辺地域を編入して35区となり、現在の東京23区の範囲がほぼ東京市に。東京15区時代とは面積・人口ともに大幅に拡大して「大東京」の呼称に相応しい姿になりました。


    第2章「よみがえる都市、大東京」
    第2章「よみがえる都市、大東京」

    第2章「よみがえる都市、大東京」
    第2章「よみがえる都市、大東京」


    第3章は「華開くモダン文化」。大正デモクラシーの台頭とともに女性の地位が向上、社会で活躍する女性の姿も増えてきました。

    「モボ・モガ」と呼ばれたモダンボーイとモダンガール。当初は一部の人々のみに見られた装いでしたが、1930年代には珍しくなくなります。カフェやダンスホールなども広まり、多くの男女が自由なおしゃれで、モダンな都市生活を楽しみました。

    生活にも西洋の文化が取り入れられ、ヨーロッパで流行したアール・デコは日本にも波及。電灯傘や電気ストーブなど、家庭の調度品にその影響を見る事ができます。


    第3章「華開くモダン文化」
    第3章「華開くモダン文化」

    第3章「華開くモダン文化」
    第3章「華開くモダン文化」


    展覧会はここまで、戦前の大衆文化はこのあたりがピークといえます。日本は満州事変、国際連盟脱退、二・二六事件と、急速に戦時体制に突き進むこととなります。

    展示替えが2回行われる本展。ファッション好きの若い方などの関心も呼んでいるそうです。


    [ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2020年9月1日 ]

    会場
    東京都江戸東京博物館
    会期
    2020年8月25日(火)〜11月23日(月・祝)
    会期終了
    開館時間
    9:30~17:30
    ※入館は閉館の30分前まで。
    休館日
    月曜日(ただし、 8月31日、 9月14日・21日、 11月23日は開館)
    住所
    〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
    電話 03-3626-9974(代表)
    料金
    企画展は常設展観覧料でご覧になれます
    一般 600円(480円) / 大学・専門学校生 480円(380円) / 中学生(都外)・高校生・65歳以上 300円(240円) / 中学生(都内)・小学生以下無料
    ※( )内は20人以上の団体料金。 消費税込。
    展覧会詳細 大東京の華 ― 都市を彩るモダン文化 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと43日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    板橋区立美術館 | 東京都
    だれも知らないレオ・レオーニ展
    開催中[あと37日]
    2020年10月24日(土)〜2021年1月11日(月)
    3
    北海道立近代美術館 | 北海道
    デビュー50周年 諸星大二郎展
    開催中[あと43日]
    2020年11月21日(土)〜2021年1月17日(日)
    4
    東京都現代美術館 | 東京都
    石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか
    開催中[あと71日]
    2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
    5
    三井記念美術館 | 東京都
    国宝の名刀「日向正宗」と武将の美
    開催中[あと53日]
    2020年11月21日(土)〜2021年1月27日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    品川区会計年度任用職員(学芸研究)募集 [品川区役所]
    東京都
    福岡市総合図書館 会計年度任用職員募集 [福岡市総合図書館 ]
    福岡県
    埋蔵文化財担当の豊橋市会計年度任用職員を募集します。 [豊橋市文化財センター]
    愛知県
    <<2021/1/5~3/31>> 芦屋市立美術博物館 受付・監視スタッフ パート募集 [芦屋市立美術博物館]
    兵庫県
    【作品展示・会場設営】美術品オークション会社・アルバイトスタッフ募集!未経験OK [株式会社毎日オークション東京本社]
    東京都

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード