読者
    レポート
    もうひとつの江戸絵画 大津絵
    東京ステーションギャラリー | 東京都


    欲しい!欲しい!欲しい!まるで駄々っ子のような声が、東京駅のドームにこだましてしているようです。

    その声は、名だたる画家や著名人。何を欲したのか?それは大津絵です。

    大津絵のコレクターにスポットをあてた展覧会が始まりました。


    大津絵とは?

    江戸時代、東海道の宿場、大津付近で、手軽な土産物として量産されました。

    ユーモアあふれる絵柄が特徴で、全国に広がりますが、安価な実用品のため、多くは残りません。

    「鬼の念仏」は有名な画題で、図録の表紙になっています。

    映画「日々是好日」のお茶室にもかかっていました。



    《鬼の念仏》 神奈川県立近代美術館(麻生三郎コレクション)


    ユニークな構成

    第1~4章は、明治、大正、昭和戦前、戦後と時代を下り、コレクターを時代で分けて、蒐集家ごとの展示となっています。

    大津絵は歴史資料、民俗資料なのですが、日本の名だたる目利きが、魅力を感じ蒐集しました。

    そんなコレクターが大津絵に向ける眼差しに注目することで、美術品としての価値を見直そうとしています。


    コレクター垂涎の作品



    《鬼の行水》 日本民藝館


    多くのコレクターが、喉から手がでる思いで、大金を積んだといわれる《鬼の行水》

    中でも、柳宗悦はこれを手に入れるために、あの手この手と策を練りました。結果、18年の歳月を経て、やっと手にします。柳自身も絶品と激賞しました。


    明治期に収集した浅井忠



    第1章 展示風景


    明治期から大津絵を収集した浅井忠は、注目のコレクターです。

    晩年、大津絵をモチーフにしたデザイン図案を工芸家などに提供し、工芸品制作の推進に寄与しました。没後、所有作品は散逸し、所在がわからなくなってしまいました。

    そんな中、ここに展示された作品は、浅井忠の旧蔵品と考えられています。


    大正時代、梅原龍三郎の名品



    第2章 展示風景


    梅原は、浅井忠に洋画を学び、大正期から大津絵の収集を始めました。

    浅井の影響も受けていたと考えられます。

    梅原コレクションで特筆するべき作品は、中央の《傘さす女》です。他の作品とは一線を画す表現は、一級品の気配を漂わせます。

    柳も欲しいと注目した作品で、書画骨董に造詣の深い岸田劉生も一目を置きました。


    コレクターとしては後発の柳宗悦

    第3章は、大正時代の代表的なコレクター、柳宗悦を中心に展示されています。


    第3章 展示風景


    大津絵は民藝の一つで、柳宗悦が蒐集したイメージが強いのではないでしょうか?

    これまでの流れを見ると、柳はコレクターとしては後発であることがわかります。

    柳宗悦は大正末から大津絵を研究し、昭和初期にまとめ、民藝と位置付けました。その功績が、大津絵=民藝という認識を浸透させたようです。



    柳宗悦が同じ布で表装した大津絵


    大津絵愛の強い柳は、他のどのコレクターよりも表装に力を入れました。自身が所有する丹波布で表装し、軸はバーナードリーチと言われています。



    昭和の目利きが収集した大津絵


    昭和になると、北大路魯山人、棟方志功 白洲正子なども収集しました。それぞれの目利きが見出した大津絵。美術品としての魅力を探してみませんか?


    エリアレポーターのご紹介
    コロコロコロコロ
    美術鑑賞から、いろいろなモノの見方を発見させられます。作品から広がる世界や着眼点を提示できたらと思っています。理系の目で鑑賞したら、そんな見方も提示できたらと思っています。こちらでネタを集めています。コロコロのアート見て歩記&調べ歩記録


    エリアレポーター募集中!
    あなたの目線でミュージアムや展覧会をレポートしてみませんか?
    会場
    東京ステーションギャラリー
    会期
    2020年9月19日(土)〜11月8日(日)
    もうすぐ終了[あと7日]
    開館時間
    10:00 - 18:00
    ※金曜日は20:00まで開館
    ※入館は閉館の30分前まで
    休館日
    月曜日[9月21日、11月2日は開館]
    住所
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅 丸の内北口 改札前
    電話 03-3212-2485
    公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202008_otsue.html
    料金
    一般 1,200円 高校・大学生 1,000円
    展覧会詳細 もうひとつの江戸絵画 大津絵 詳細情報

    展覧会ランキング
    1
    大阪南港ATC Gallery | 大阪府
    バンクシー展 天才か反逆者か
    開催中[あと77日]
    2020年10月9日(金)〜2021年1月17日(日)
    2
    六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー | 東京都
    FREESTYLE 2020 大野智 作品展
    もうすぐ終了[あと7日]
    2020年9月9日(水)〜11月8日(日)
    3
    京都国立博物館 | 京都府
    御即位記念 特別展「皇室の名宝」
    開催中[あと22日]
    2020年10月10日(土)〜11月23日(月)
    4
    板橋区立美術館 | 東京都
    だれも知らないレオ・レオーニ展
    開催中[あと71日]
    2020年10月24日(土)〜2021年1月11日(月)
    5
    東京国立近代美術館 | 東京都
    あやしい絵展
    開催まであと142日
    2021年3月23日(火)〜5月16日(日)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    公益財団法人 清春白樺美術館財団 職員採用 [清春芸術村]
    山梨県
    令和2年度八戸市職員採用試験:11月(社会人対象)学芸員(考古) [八戸市]
    青森県
    一宮市会計年度任用職員 募集案内(三岸節子記念美術館 美術専攻学芸員) [一宮市三岸節子記念美術館]
    愛知県
    佐世保市フルタイム会計年度任用職員(文化財担当学芸員)募集 [佐世保市教育委員会文化財課]
    長崎県
    童謡・唱歌専門員募集(正規) [わらべ館]
    鳥取県

    ミュージアム キャラクター アワード