はじまりは書斎の前の野草園


練馬区立牧野記念庭園記念館

〒 178-0063
東京都 練馬区 東大泉6-34-4

公式サイト

期間

2019年09月21日~2019年11月17日
 [終了まであと3日]

内容

植物学者牧野富太郎は、1926(大正15)年に大泉の地に居を構え、1957(昭和32)年に満94歳の生涯を終えるまでの30余年、自邸の庭を「我が植物園」と呼んで大切に育んできました。その庭は、もともとの武蔵野の自然を活かしつつ、全国各地で採集してきた植物を書斎の前に植えて観察したのがはじまりでした。

牧野博士は、たびたび庭に座り込んでは植物のスケッチをしたり、標本を採ったり、庭の植物を詠んだりして、庭とともにある晩年を過ごしています。牧野博士のなくなった後、その庭は1958(昭和33)年12月1日より牧野記念庭園として一般公開され、開園から60周年をむかえました。

本展示では、牧野博士が暮らしていた当時採取した標本、庭で描いたスケッチ、関連書籍などから、どんな植物が庭園に植えられていたのかをご紹介します。

また、一般公開後の庭園の写真も展示し、これまでの庭園の変貌を振り返ります。さらに、現在の庭園で見られる植物も標本や写真で展示し、現在に続く牧野記念庭園の魅力を発信します。

料金

無料

休館日

毎週火曜日(ただし10月22日は開館)、10月23日(水)

アクセス

・西武池袋線 大泉学園駅下車(南口)徒歩5分
・JR中央線、西武新宿線からバスで「学芸大付属前」下車、徒歩3分
<主なバス路線>
荻窪駅/上井草駅から 西武バス「長久保行」
西荻窪駅/上石神井駅から 西武バス、関東バス「大泉学園駅行」他

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる