【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]

 

中国陶磁~青磁・白磁への憧れ~


鎌倉歴史文化交流館

〒 248-0011
神奈川県 鎌倉市 扇ガ谷1-5-1

公式サイト

期間

2020年01月25日~2020年04月25日
 [終了まであと14日]

内容

中世、有数の都市として発展した鎌倉では、中国大陸や朝鮮半島からさまざまな文物がもたらされました。特に青磁(せいじ)や白磁(はくじ)・緑釉陶器(りょくゆうとうき)、絵画・彫刻・漆製品などは「唐物(からもの)」と呼ばれ、当時のひとびとに広く珍重されました。

そこで本展では、中世の鎌倉に中国などから大量に流入した舶来品のうち、市内出土品のほか市内寺社に蔵された貴重な伝世品を展示します。また、足利氏などの鎌倉武士が居た、ゆかりの地域に由来する品々も展覧に付すことで、中世東国の武家文化の優美な一面を垣間見ようと思います。

また、毎週土曜日11時から学芸員による展示解説を行います。

料金

一般 300(210)円 / 小・中学生 100(70)円 

※( )内は20名以上団体料金
※本料金で本館平常展示もご覧いただけます。
※鎌倉市内の小・中学生と、市内の65歳以上の方、または障がい者手帳等の交付を受けた方と付き添い1名は無料となりますので、受付に学生証・福寿手帳等を呈示してください。

休館日

日曜・祝日

アクセス

JR鎌倉駅・江ノ電鎌倉駅より徒歩7分

マップ この地域のミュージアム

GoogleMapで経路をみる
ツイートをみる