特集
    2022-23年 冬のおすすめ展覧会 ベスト10 ― 首都圏版 ― [12月・1月・2月]

    2022年冬からスタートする、首都圏のおすすめ展覧会 ベスト10をご紹介。全国版はこちら

    「写実」の画家・諏訪敦を紹介する「諏訪敦『眼窩裏の火事』」は、12月17日から府中市美術館で開催されます。丹念な取材と思索を経て、精緻な描写で描かれる作品たち。展覧会では、終戦直後の満州で亡くなった祖母をテーマにした《棄民》シリーズから最新作までを展示します。

    ファッション好きな方にお勧めしたいのは、東京都現代美術館「クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ」。世界を巡回したこの展覧会では、創設者クリスチャン・ディオールから70年以上も受け継がれる創作への情熱やメゾンと日本との強い絆に焦点を当てディオールの豊かな文化遺産を紹介します。

    2023年の秋に開館10周年を迎える岡田美術館では、これまでの展覧会においてとりわけ人気の高かった画家4人を選び、2人ずつ2部に分けて展覧会を開催します。 第1部では、近年人気が急上昇している江戸時代の伊藤若冲と昭和時代の田中一村。写生を徹底したことや、あでやかな彩色、画面に行き渡る緊張感など似通う点もある2人を並んで紹介する「若冲と一村 ― 時を越えてつながる ―」は12月25日から。

    三井記念美術館の「国宝 雪松図と吉祥づくし」展では、コレクションを代表する国宝「雪松図屏風」を展示。長寿や子孫繁栄、富貴といった人々の願いを託されたモチーフが、どのように書画工芸へ取り入れられたのかを通覧することができる展覧会です。

    2023年に見逃せない展覧会と言えば、常識にとらわれない創作活動で28年という短い生涯を駆け抜けたエゴン・シーレの大規模展。油彩画、ドローイング40点以上に加え、クリムトやココシュカ、ゲルストルをはじめとする同時代作家たちの作品もあわせて展示。「レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」は、東京都美術館で1月26日から開催。

    同じく、短い画業の中でも鮮烈な生涯を送った天才画家を紹介する「佐伯祐三 自画像としての風景」も東京ステーションギャラリーで開催されます。大阪、東京、パリの3つの街に焦点を当て、風景画だけでなく、人物画や静物画も並んだ東京では18年振りとなる本格的な回顧展。東京開催の後、大阪中之島美術館へ巡回します。

    刀剣好きの方におすすめしたいのは、永青文庫で開催される「揃い踏み 細川の名刀たち ― 永青文庫の国宝登場」。設立者・細川護立は、禅僧の書画や近代絵画、東洋美術だけでなく、稀代の刀剣コレクターとしても知られます。展覧会では、約8年ぶりに国宝の刀・全4口勢揃い。会期は1月14日〜5月7日までです。

    2月に開催されるのは、歌川広重の風景の中に登場する“おじさん”たちの存在に着目したユニークな展覧会。広重作品をいつもと視点を変えて楽しむことができる「広重おじさん図譜」は、太田記念美術館で2023年2月3日からです。

    三菱一号館美術館では、良きライバルとして当時は人気を二分した幕末を代表する浮世絵師、歌川芳幾と月岡芳年を紹介。30歳前後で明治維新を迎えた2人が浮世絵衰退の時代にあらがうべくどのように闘ったのか。「芳幾・芳年―国芳門下の2大ライバル」展では、感じ取ることができます。

    Bunkamura ザ・ミュージアムでは「マリー・ローランサンとモード」を開催。1920年代のパリの女性たちの代表ともいえるローランサンとシャネル。ともに1883年に生まれの2人は生誕140年を迎えます。国内外のコレクション約90点から、2人の創作の今日的な意味と真価を明らかにします。

    この特集に関連するレポート
    1
    東京では18年ぶり。代表作100余点が一堂に会する佐伯祐三の大規模回顧展
    佐伯が過ごした大阪、東京、パリ。風景画のほか、人物画や静物画も紹介
    本格的に画業に取り組んだのはわずか4年余り。最晩年に描いた作品も必見
    9
    2023年秋で開館10周年の岡田美術館。記念展の第一弾は伊藤若冲と田中一村
    若冲が30代末頃~40代の着色画と、一村の奄美大島在住時代の代表作が競演
    叭々鳥を描いた両者の作品は並べて展示。「生誕360年記念 尾形乾山」も
    9
    東京都現代美術館が驚きの空間に。世界巡回のディオール展がいよいよ開催
    13の部屋でディオールの世界観を表現。中でも吹き抜け空間の演出は圧巻!
    日本に最初に進出したファッションブランドがディオール。深い関係も紹介
    3
    眼では捉えきれない題材に肉薄し、新たな視覚像を提示する諏訪敦の作品展
    満州で病死した祖母をテーマにした作品や、美術史を踏まえた静物画の探求
    大野一雄の取材と、身体表現のリレー。複数の画像が重なったような最新作
    この特集に関連する展覧会
    89
    三菱一号館美術館 | 東京都
    2023年2月25日(土)〜4月9日(日)
    開催まであと18日
    44
    Bunkamura ザ・ミュージアム | 東京都
    2023年2月14日(火)〜4月9日(日)
    開催まであと7日
    70
    太田記念美術館 | 東京都
    前期:2023年2月3日(金)~2月26日(日) 後期:3月3日(金)~3月26日(日)
    開催中[あと47日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    開催中[あと61日]
    75
    東京ステーションギャラリー | 東京都
    2023年1月21日(土)〜4月2日(日)
    開催中[あと54日]
    2023年1月14日(土)〜5月7日(日)
    開催中[あと89日]
    2022年12月25日(日)〜2023年6月4日(日)
    開催中[あと117日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    開催中[あと110日]
    37
    府中市美術館 | 東京都
    2022年12月17日(土)〜2023年2月26日(日)
    開催中[あと19日]
    おすすめレポート
    学芸員募集
    横尾忠則現代美術館非常勤嘱託員(アーカイブ担当)募集 [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県
    静嘉堂文庫美術館 学芸補助員募集 [静嘉堂文庫美術館【勤務地 静嘉堂(東京都世田谷区岡本 2-23-1) 静嘉堂@丸の内(東京都千代田区丸の内 2-1-1)】]
    東京都
    那珂川町馬頭広重美術館嘱託学芸員(会計年度任用職員)募集 [那珂川町馬頭広重美術館]
    栃木県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(宇宙分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 学芸課職員(教育普及分野)募集 [岐阜かかみがはら航空宇宙博物館]
    岐阜県
    展覧会ランキング
    1
    東京都現代美術館 | 東京都
    クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
    開催中[あと110日]
    2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
    2
    東京都美術館 | 東京都
    レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
    開催中[あと61日]
    2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
    3
    出光美術館 | 東京都
    江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
    もうすぐ終了[あと5日]
    2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
    4
    国立科学博物館 | 東京都
    特別展「毒」
    もうすぐ終了[あと12日]
    2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)
    5
    東京国立博物館 | 東京都
    特別展 古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン
    開催まであと129日
    2023年6月16日(金)〜9月3日(日)