《鍛鉄地竹虎文金銀象嵌鍔》

この作品の応援メッセージを見る

鍛鉄地竹虎文金銀象嵌鍔(たんてつじたけとらもんきんぎんぞうがんつば) 安川乾清(生没年未詳) 江戸時代中期(宝暦~明和期)

高岡市立博物館


高岡彫金の祖・安川乾清の在銘作品。
鍛鉄の地金に、岩上の虎を金・赤銅(しゃくどう)(金と銅の合金)・四分(しぶ)一(いち)(銀と銅の合金)で高肉象嵌(ぞうがん)し、竹を赤銅で平象嵌された豪壮な作風の鍔。また岩は片切彫りで力強く豪快に彫られており、近世高岡においての片切彫りの初見とみられている。
初代・乾清は慶長年間、前田利長の高岡入城(1609年)に従ってきた彫金(白銀(しろがね))師と伝えられる。高岡白銀町に住み、代々乾清を襲名して、刀装具・装身具・煙管・文房具などを作っていたという。高岡御車山(みくるまやま)(国指定重要有形・無形民俗文化財/ユネスコ無形文化遺産)の古い金具などにその在銘作品を遺している。
現存する在銘(花押)乾清の作品では最も古格とみられるが、元禄をさかのぼる時代性はなく、宝暦から明和(1751-72)頃の作と思われる。
高岡市指定文化財。縦6.9cm×横6.7cm×厚さ0.3cm。


担当者からのコメント

“金工の街”として400年以上の伝統を誇る高岡。初代安川乾清は「一国一城の令」で廃城になっても高岡に留まり、「高岡彫金の祖」といわれています。その子孫が作ったこの作品は市の文化財にも指定されており、正に“高岡のお宝”です。よく見たらカワイイ虎の毛並みは毛彫りで、ヒゲや眉毛の金は象嵌(別の金属をはめ込む)で随所に「超絶技巧」がなされています。ぜひよろしくお願いします!


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
【東京国立博物館】 学芸企画部博物館教育課教育普及室有期雇用職員 [東京国立博物館]
東京都
展覧会ランキング
1
東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
もうすぐ終了[あと4日]
2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
2
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと115日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
3
皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
第4期「三の丸尚蔵館の名品」
もうすぐ終了[あと11日]
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
4
静嘉堂@丸の内(静嘉堂文庫美術館) | 東京都
超・日本刀入門 revive
開催まであと10日
2024年6月22日(土)〜8月25日(日)
5
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
開催中[あと46日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)