《トラカミキリ属の昆虫標本》 

この作品の応援メッセージを見る

《トラカミキリ属の昆虫標本》 

埼玉県立自然の博物館


黄色と黒の縞模様が特徴的なカミキリムシの標本です。
左がオオトラカミキリ、右がトラフカミキリです。虎のような模様から「トラ」と名前につきます。成虫は共に2~3cm程です。幼虫は材食性でオオトラカミキリはモミの木、トラフカミキリはクワの木を食べます。 どちらも埼玉県内では絶滅が危惧されている昆虫で、限られた場所でしか見つかりません。
毒性のない昆虫ですが、虎の威を借る狐の如く有毒のスズメバチの仲間に体の模様を似せて擬態することで、天敵(主に鳥類)から身を守っていると考えられています。


担当者からのコメント

本来、虎の縞模様は、獲物に気づかれないように茂みに紛れて身を潜めるために役立ちます。一方でこのトラカミキリたちは、自身が有毒生物であるように振る舞って、天敵から逃れるようになった結果、虎のような模様を獲得しました。同じ様に見える虎柄の模様でも、暮らしによって役割が全く違うところが生き物の面白いところですね。


この作品の応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
【公益財団法人札幌市芸術文化財団】 学芸員(正職員)募集中! [札幌芸術の森美術館 他]
北海道
【DIC川村記念美術館】学芸員・レジストラーを募集しています [DIC川村記念美術館]
千葉県
(公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
東京都
【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
東京都
福岡市職員【文化学芸職・係長級】(歴史~日本近世史~) 募集! [福岡市博物館]
福岡県
展覧会ランキング
1
国立西洋美術館 | 東京都
モネ 睡蓮のとき
開催まであと108日
2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
2
東京国立博物館 | 東京都
カルティエと日本 半世紀のあゆみ 『結 MUSUBI』展 ― 美と芸術をめぐる対話
開催中[あと39日]
2024年6月12日(水)〜7月28日(日)
3
国立西洋美術館 | 東京都
内藤コレクション 写本 — いとも優雅なる中世の小宇宙
開催中[あと67日]
2024年6月11日(火)〜8月25日(日)
4
皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
第4期「三の丸尚蔵館の名品」
もうすぐ終了[あと4日]
2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
5
SOMPO美術館 | 東京都
ロートレック展 時をつかむ線
開催まであと3日
2024年6月22日(土)〜9月23日(月)