《虎図》

このキャラの応援メッセージを見る

《虎図》 渡辺溱水 明和3年(1766) 岡田美術館蔵

岡田美術館


長い尾をくねらせながら高く揚げた一頭の虎が、大きな黄色い目をこちらに向けて何かを威嚇しているようです。渓流の音が響き、雲が流れる深山の一角で、松の枝や、からみつく葛(つる草類)、地面の笹がなびいています。「虎嘯風生(虎嘯いて風生ず)」という、「英傑が時を得て奮起すること」をたとえた中国の古い言葉が思い起こされます。
作者の渡辺溱水(しんすい。1720~67)は、南蘋派(なんぴんは。長崎に来日した中国人画家・沈南蘋の画系)の画家で、長崎で画法を学び、着色の花鳥画、墨梅・墨竹に巧みであったと伝えられます。実物のイメージからは離れた、ユーモラスともいえるこの虎の絵は、朝鮮絵画も取り入れた南蘋派の虎図のパターンを踏襲したもので、量感豊かな虎の体や緻密な毛描き、迫力に満ちた表情などに、作者の高い技量がうかがわれます。


担当者からのコメント

渡辺溱水の現存作品はごく限られ、ほかに私が知っているのは1点だけです。この絵は、稀有であることに加え、大作(65×140㎝)であり、しかも制作年月(明和3年2月)が判明することから、大変貴重な作品と言えるでしょう。2月27日(日)まで岡田美術館4階常設展示の一角に展示しています。同日まで開催の「THE SAMURAI ―サムライと美の世界―」展と併せ、このレアな虎の絵をご覧いただければ幸いです。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
HOSEIミュージアム 任期付専任所員募集! [HOSEIミュージアム]
東京都
【中途採用】アートキュレーター/ スペースコンテンツグループ [WHAT MUSEUM]
東京都
資料整理アルバイト募集 [しょうけい館]
東京都
北海道斜里町 学芸員募集 [斜里町立 知床博物館]
北海道
府中市美術館学芸員募集 [府中市美術館]
東京都
展覧会ランキング
1
市立伊丹ミュージアム | 兵庫県
ヨシタケシンスケ展かもしれない
開催中[あと17日]
2022年7月15日(金)〜8月28日(日)
2
三菱一号館美術館 | 東京都
ガブリエル・シャネル展 Manifeste de mode
開催中[あと45日]
2022年6月18日(土)〜9月25日(日)
3
佐賀県立美術館 | 佐賀県
どがんなっとっと展
開催中[あと24日]
2022年7月22日(金)〜9月4日(日)
4
駿府博物館 | 静岡県
柴田ケイコ「パンどろぼう」展
開催中[あと24日]
2022年7月17日(日)〜9月4日(日)
5
国立西洋美術館 | 東京都
自然と人のダイアローグ
開催中[あと31日]
2022年6月4日(土)〜9月11日(日)