《青花 兎図銀錠形向付》

このキャラの応援メッセージを見る

《青花 兎図銀錠形向付》 景徳鎮窯 明時代・17世紀 大阪市立美術館蔵(岩田久子氏寄贈)

大阪市立美術館


古染付と呼ばれる、明時代17世紀に景徳鎮民窯でつくられたと考えられている懐石用のうつわで、絵替わり5枚セットのうちの1枚です。日本の茶人からの注文品と言われるだけあって、丸くない形や、口縁の釉薬が剥がれている点などに茶人の好みを感じさせます。しかし、うさぎの目には隈取があり、どちらかというとブサカワ。当時の日本人の可愛い好みとはちょっと違うようです。その中国の味付けが舶来の高級品の証でもあったのかもしれません。


担当者からのコメント

なんだかマンガやイラストのような兎たち。真剣な顔をして、なにか相談をしているのでしょうか。雲のような形をした霊芝というおめでたい茸は、兎に咥えられているだけでなく、お腹やお尻からも吹き出しているよう。霊力をもった特別な兎なのかしら…と想像が膨らみます。


このキャラの応援メッセージを見る
この作品に投票する
投票は締め切りました。たくさんの応援ありがとうございました。
おすすめレポート
学芸員募集
やなせたかし記念館 職員募集中! [香美市立やなせたかし記念館]
高知県
さいたま文学館 学芸員募集! [さいたま文学館(桶川市若宮1-5-9)]
埼玉県
会計年度職員(埋蔵文化財担当)の募集 [山形県鶴岡市上山添字文栄100 櫛引庁舎]
山形県
岐阜関ケ原古戦場記念館 学芸員募集! [岐阜関ケ原古戦場記念館]
岐阜県
【国立美術館本部】研究補佐員(ラーニング部門)公募 [国立アートリサーチセンター(仮称)]
東京都
展覧会ランキング
1
東京都現代美術館 | 東京都
クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ
開催中[あと120日]
2022年12月21日(水)〜2023年5月28日(日)
2
出光美術館 | 東京都
江戸絵画の華 〈第1部〉 若冲と江戸絵画
開催中[あと15日]
2023年1月7日(土)〜2月12日(日)
3
東京都美術館 | 東京都
レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」
開催中[あと71日]
2023年1月26日(木)〜4月9日(日)
4
アーティゾン美術館 | 東京都
パリ・オペラ座 ― 響き合う芸術の殿堂
もうすぐ終了[あと8日]
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
5
国立科学博物館 | 東京都
特別展「毒」
開催中[あと22日]
2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)