巡回展

    GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?
    愛知県
    2021年1月15日(金)〜4月11日(日) 愛知県美術館
    東京都
    2021年7月17日(土)〜10月17日(日) 東京都現代美術館
    開催中[あと79日] 展覧会の詳細はこちら
    大分県
    2021年12月4日(土)〜2022年1月23日(日) 大分県立美術館
    開催まであと127日 展覧会の詳細はこちら

    横尾忠則(1936-)は、1960年代初頭よりグラフィック・デザイナー、イラストレーターとして活動を開始。

    日本の土俗的なモティーフとポップ・アート的な感覚を融合した独自の表現で注目されました。1980年代には「デザイナー」から「画家・芸術家」へと活動領域を移し、斬新な表現による作品を次々と発表。

    最近の作品に現れる「原郷」という概念は重要です。画家が様々なイメージや記憶の連関を見出す鬱蒼とした森のような領域。この「原郷」こそが、変幻自在で独特なイメージ世界を産み出す源泉なのです。

    本展は、美術とグラフィックの両分野における豊富な作品を紹介。

    この巡回展に関連するレポート
    0
    グラフィック・デザイナー、イラストレーターとして有名な横尾忠則の「画家・芸術家」としての展覧会。
    作品点数680点以上と最大規模かつ、東海地方の美術館としては初個展。

    展覧会ランキング
    1
    東京国立博物館 | 東京都
    イスラーム王朝とムスリムの世界 
    開催中[あと205日]
    2021年7月6日(火)〜2022年2月20日(日)
    2
    大手町三井ホール | 東京都
    『巨大映像で迫る五大絵師』− 北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界 −
    開催中[あと41日]
    2021年7月16日(金)〜9月9日(木)
    3
    PLAY! MUSEUM | 東京都
    「ぐりとぐら しあわせの本」展
    開催中[あと240日]
    2021年4月10日(土)〜2022年3月27日(日)
    4
    パナソニック汐留美術館 | 東京都
    サーリネンとフィンランドの美しい建築展
    開催中[あと52日]
    2021年7月3日(土)〜9月20日(月)
    5
    国立科学博物館 | 東京都
    大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
    開催まであと76日
    2021年10月14日(木)〜2022年1月12日(水)
    おすすめレポート
    学芸員募集
    長崎歴史文化博物館 学芸員募集 [長崎歴史文化博物館]
    長崎県
    たばこと塩の博物館 学芸員募集 [たばこと塩の博物館]
    東京都
    パナソニック汐留美術館 学芸員(嘱託社員)募集 [パナソニック汐留美術館]
    東京都
    高知市立自由民権記念館 企画・広報募集 [高知市立自由民権記念館]
    高知県
    横尾忠則現代美術館での受付スタッフ(お仕事No 210708r)) [横尾忠則現代美術館]
    兵庫県

    「⼤堀哲記念ミュージアム・マネージメント推進賞」を受賞しました


    ミュージアム キャラクター アワード