巡回展

    野田弘志 真理のリアリズム
    山口県
    2022年4月27日(水)〜6月19日(日) 山口県立美術館
    兵庫県
    2022年7月2日(土)〜9月4日(日) 姫路市立美術館
    奈良県
    2022年9月17日(土)〜11月6日(日) 奈良県立美術館
    北海道
    2022年11月19日(土)〜2023年1月15日(日) 札幌芸術の森美術館

    野田弘志 (1936-) は、日本のリアリズム絵画を代表する画家の一人です。東京藝術大学を卒業後、イラストレーターとして多忙なH々を送る中で、絵画制作への想いが蒻まり、30代半ばより画業に専念するようにな りました。広島市立大学芸術学部で後進の指導にあたったのち、現在は北海道のアトリエで日夜制作に没頭するH々を送り、傘寿を超えてなお、リアリズムの画壇をけん引し続けています。

    本展は、画家・野田弘志の最初期から 近作 まで、その画業 の全容を回顧するものです。自身のスタイルを模索していた学生時代の作品、広告会社時代のイラストやデザイン。画壇デビューを果たした頃の細密な静物画群(「黒の時代/金の時代」)から 、その名が全国的に知られる契機となった新聞連載小説「湿原」(加賀乙彦著)の挿絵原画。骨、あるいは生ける人間を 描き、死生観を示そうとしたシリーズ「TOKIJIKU(非時)」「THE」、そして近年手掛けている等身大肖像のシリーズ「聖なるもの」「崇高なるもの」まで。人物・静物・風景、いずれのモチーフを前にしても、一 貰してひたすらに見つめ、描くことで「存る」ということを突き詰めようと、野田弘志が歩んできたリアリズムの道をたどります。

    (ウェブサイトより)

    おすすめレポート
    学芸員募集
    (公財)東京都人権啓発センター 契約職員(専門員)募集 [東京都人権啓発センター(東京都人権プラザ)]
    東京都
    荻窪三庭園担当 契約社員募集! [荻窪三庭園]
    東京都
    【公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団】学芸員募集 [ポーラ伝統文化振興財団(品川区西五反田)141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ五反田第二ビル]
    東京都
    丹青研究所 アルバイト募集(長期/短期 設計室) [株式会社 丹青研究所]
    東京都
    丹青研究所 アルバイト募集(企画コンテンツ室) [株式会社 丹青研究所]
    東京都
    展覧会ランキング
    1
    皇居三の丸尚蔵館 | 東京都
    第4期「三の丸尚蔵館の名品」
    開催中[あと27日]
    2024年5月21日(火)〜6月23日(日)
    2
    国立西洋美術館 | 東京都
    モネ 睡蓮のとき
    開催まであと131日
    2024年10月5日(土)〜2025年2月11日(火)
    3
    東京オペラシティ アートギャラリー | 東京都
    宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO
    開催中[あと20日]
    2024年4月11日(木)〜6月16日(日)
    4
    森アーツセンターギャラリー | 東京都
    MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~
    もうすぐ終了[あと6日]
    2024年3月15日(金)〜6月2日(日)
    5
    東京都美術館 | 東京都
    デ・キリコ展
    開催中[あと94日]
    2024年4月27日(土)〜8月29日(木)