インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  深沢紅子展 野の花によせて

深沢紅子展 野の花によせて

■花の‘気持ち’を描く
【会期終了】 戦前・戦後を通じて活躍した洋画家の深沢紅子(ふかざわこうこ 1903-1993)。紅子が愛した、華やかではなくともたくましく爽やかに咲く野の花の水彩画を集めた展覧会が、武蔵野市立吉祥寺美術館で開催中です。
深沢紅子は1903年、盛岡生まれ。女子美術学校(現・女子美術大学)で日本画を学び、後に油彩画科に転向して岡田三郎助に師事しました。

同郷の油彩画科・童画家の深沢省三と結婚し、その生涯を通じて花と女性像を中心に制作。本展が開催されている吉祥寺には、1930年ごろから終戦まで居住した縁があります。


会場

「私はすべて野の花から教えられた」と語っていた紅子。1964年頃から約20年間、夏期になると軽井沢に滞在し、野の花のスケッチを続けていました。

紅子は「強いものより弱いもの、華やかなものより落ちついたもの、賑やかなものより静なもの」 (実業之日本社『深澤紅子自選画集・野の花によせて』1986年) を好みました。晩年に描いた野の花の水彩画を中心に構成した本展には、館内各所に野の花に寄せた紅子の想いも綴られています。


会場

紅子は立原道造や堀辰雄ら多くの文学者・詩人たちと交流し、挿絵や装丁も数多く手がけました。平置きの展示ケースでは書籍が紹介されています。

1993年の1年間は婦人之友社の月刊誌「婦人之友」の表紙絵を担当し、1月号の「山椿」から12月号の「木々の宴」まで野の花を描いています。紅子はこの年の3月に急逝しましたが、絵は既に12月号まで描き上げていたため、表紙絵は年末まで掲載されました。


「婦人之友」の表紙

本展は水彩画が中心ですが、紅子は22歳の若さで二科展に初入選。日本画の影響も見える淡い色彩で描いた油彩画で、一水会、女流画家協会などで活躍しました。数点ですが、女性像と野の花の油彩も紹介されています。


油彩

「花の気持ちをよく知っておくことが、大事だと思う」 (視覚デザイン研究所・編集室『油絵ノート・花』1988年) と語っていた紅子。花をいとおしみ、姿だけではなくその性格までも描写しようとしたからでしょうか。紅子が描いた野の花は、いわゆる博物画とは異なるあたたかさが感じられます。

紅子の死去から3年後の1996年、郷里の盛岡と長年避暑に訪れた軽井沢に個人美術館が開館しました。名前はともに「深沢紅子 野の花美術館」。野の花を愛した紅子の人柄を偲ぶように、両美術館も多くの人に親しまれています。(取材:2012年9月19日)

どんぐりと山ねこ

宮沢 賢治 (著), 深沢 紅子 (イラスト)

岩崎書店
¥ 588

 
会場武蔵野市立吉祥寺美術館
開催期間2012年9月15日(土)~11月4日(日)
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
TEL : 0422-22-0385
HP : http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum
展覧会詳細へ 深沢紅子展 野の花によせて 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
泰巖歴史美術館がオープン'
泰巖歴史美術館
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 静岡県立美術館「開校100年 きたれ、バウハウス」
[エリアレポート]
きたれ、バウハウス
太田記念美術館「月岡芳年
月岡芳年
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ハマスホイとデンマーク絵画 写真展「138億光年 宇宙の旅」 みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ー 線の魔術 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
NHK大河ドラマ特別展「麒麟(きりん)がくる」 ランス絵画の精華 特別展『ねないこだれだ』誕生50周年記念 「せなけいこ展」 特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社