インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  六本木クロッシング2013

六本木クロッシング2013

■29組で語る、日本現代アートのいま
【会期終了】 森美術館で3年に1度開催されている「六本木クロッシング」。第4回となる今回も、日本のアートシーンを総覧します。
森美術館開館翌年の2004年から開催されている「六本木クロッシング」。今回ははじめて、海外から2名のキュレーターを迎え、森美術館の片岡真実チーフキュレーターの3名による共同企画となりました。

参加アーティストは、海外在住または海外出身の日系人も含めて29組。日本ではじめて紹介されるアーティストも含まれています。


会場入口から

丹羽良徳(1982年生)は地域や社会に介入するパフォーマンスやプロジェクトを行っているアーティスト。

《日本共産党にカール・マルクスを掲げるように提案する》は、日本共産党の支部などを訪ねて、共産主義の父であるカール・マルクスの肖像写真を掲げるように依頼する行為を映像にした作品です。

「日本共産党の現在の方針とマルクス主義の融和を試みた」というコンセプト。突然の訪問に困惑する人々の姿がユーモラスに映し出されます。


丹羽良徳《日本共産党にカール・マルクスを掲げるように提案する》 2013年 Courtesy: Ai Kowada Gallery, Tokyo

柳幸典(1959年生)の「アント・ファーム」シリーズは、文字通りアント=アリの動きを利用した作品。

砂絵で作られた万国旗がチューブで繋がれ、中をアリが移動することで、国旗の意匠が崩壊していきます。

冷戦構造が崩壊した1990年代の初頭から発表されたこのシリーズは、柳幸典の代表作です。


柳幸典 「アント・ファーム」シリーズ《ユーラシシア》 2001年

海外からキュレーターを迎えたのも、日系アーティストを含んでいるのも、グローバルの中での日本アートの位置付けを検証する意図から。

参加アーティストは70年~80年代生まれの若手が中心ですが、赤瀬川原平をはじめ戦後の前衛美術を牽引してきた世代も何人かピックアップ。並列に紹介することで世代を超えた対話も目指しています。


会場

タイトルにつけられている「アウト・オブ・ダウト」は、社会通念や既存の制度に向けられた疑念(ダウト)から。

震災を機に、今までの社会のあり方に対して多くの疑念が突きつけられた中で、いかに生産的な議論を生み出せるかという問題提起から設定されました。もちろん、簡単に答えが出るようなものではないでしょう。

結論が無くても「議論をするための場」として設けられた「ディスカーシブ・プラットホーム」をはじめ、関連プログラムも多数。興味がある方は、公式サイトで詳細をご確認ください。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2013年9月20日 ]


 
会場森美術館
開催期間2013年9月21日(土)~2014年1月13日(月・祝)
所在地 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー53階
TEL : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
HP : http://www.mori.art.museum/contents/roppongix2013/
展覧会詳細へ 六本木クロッシング2013 詳細情報
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
三井記念美術館「鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝」'
円覚寺の至宝
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
サントリー美術館「information
左脳と右脳
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「恐竜博 2019」
特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 六古窯 ― 〈和〉のやきもの
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社