インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
【注意】新型コロナウィルス感染防止にともない、展覧会・イベントは中止になる場合があります。必ず公式サイトでご確認ください。[休館情報はこちら]
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  特別展 燕子花図と藤花図 光琳、応挙 美を競う

特別展 燕子花図と藤花図 光琳、応挙 美を競う

■この季節ならではの、お楽しみ
【会期終了】 この時期の根津美術館といえば、尾形光琳による国宝《燕子花図屏風》。今年は円山応挙の重要文化財《藤花図屏風》と比べてお楽しみいただけます。
湿地に群生する燕子花(かきつばた)と、藤棚から落ちるようにしだれ咲く藤。咲き方はだいぶ異なりますが、ともに紫色の花でこの季節を彩ってくれます。

庭園にあるカキツバタと藤棚も見ごろを迎える根津美術館ですが、実は2009年に現在の建物に改築されてから、燕子花図と藤花図が並べて展示されるのは初めて。久しぶりの競演となります。


会場入口から。展示室は屏風が多く、華やかな雰囲気です

まずは国宝《燕子花図屏風》から。根津美術館だけでなく日本美術史を通じても頂点の一つに数えられる、逸品中の逸品です。

呉服商の家に生まれた事もあって、デザイナーとしての才能にも恵まれていた尾形光琳。光琳が40歳代で描いたこの屏風も、花をリズミカルに配置した意匠性の高さがよく指摘されます。

藤花図との比較で言うと、たっぷりとした絵具の使い方が特徴的です。緑の葉も藍色の花弁も、背景の金地が全く見えない程に塗られています。

ただその一方で、単なるベタ塗りでは無い事にもご注目を。藍色は花弁によって差があり、花のふっくらとした立体感も意識しています。


国宝《燕子花図屏風》尾形光琳筆

一方の、円山応挙による重要文化財《藤花図屏風》。燕子花図の約70年後に、同じ京都で描かれました。

金地の背景に植物だけを描いた構成は燕子花図と同様ですが、枝や幹は金地が透けており、即興的な趣き。一筆で濃淡を表現する「付立て(つけたて)」と呼ばれる技法です。

細やかな花の描写は、写生の鬼だった応挙ならでは。微妙に色を塗り重ねて、一つ一つは繊細ながら、まとまるとボリューム感がある藤の花を描きだしました。


重要文化財《藤花図屛風》円山応挙筆

展示室2では、応挙にはじまる円山派、四条派の作品を紹介。一番最後には、重要美術品の《花鳥図襖》も展示されています。

円山派の山口素絢と、四条派の松村景文の合作。「円山四条派」とひとくくりにされる事も多い両派ですが、比べて見るとかなりその表現には差がある事も分かります。


展示室2は、円山派・四条派の作品

取材に伺ったのは、会期初日の4月19日。庭園に足を延ばすと、藤棚は3分咲き、カキツバタは蕾が大きく膨らんで今にも咲きそうでした。

この時期ならではのお楽しみ。会期最終週は午後7時までの夜間開館も実施されます。
[ 取材・撮影・文:古川幹夫 / 2014年4月19日 ]


 
会場根津美術館
開催期間2014年4月19日(土)~5月18日(日)
所在地 東京都港区南青山6-5-1
TEL : 03-3400-2536
HP : http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会詳細へ 特別展 燕子花図と藤花図 光琳、応挙 美を競う 詳細情報
新型コロナウイルス特集 with corona after corona
新型コロナウイルス特集 美術館・博物館・ミュージアムの休館・再開情報(毎日更新)
新型コロナウイルス特集 開幕延期・中止になった展覧会 会場レポート
新型コロナウイルス特集 会期が変更された2020年注目の展覧会
新型コロナウイルス特集 再開したミュージアムで始まった展覧会
取材レポート
エリアレポート 豊田市美術館「久門 剛史 - らせんの練習」
[エリアレポート]
久門剛史展
東京ステーションギャラリー「神田日勝
神田日勝
東京都江戸東京博物館「奇才
奇才
東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ」'
ピーター・ドイグ
国立西洋美術館「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」'
ロンドンナショナル
エリアレポート 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」
[エリアレポート]
フランス絵画の精華
エリアレポート 茨城県陶芸美術館「幻の横浜焼・東京焼」
[エリアレポート]
幻の横浜焼・東京焼
エリアレポート 京都市京セラ美術館がオープン
[エリアレポート]
京セラ美術館
エリアレポート 渋谷区立松濤美術館「真珠 ― 海からの贈りもの」
[エリアレポート]
真珠
足立美術館に「魯山人館」がオープン'
魯山人館オープン
クラシックホテル展
クラシックホテル
アソビル「バンクシー展
バンクシー
岡田美術館「生誕260年記念 北斎の肉筆画
北斎の肉筆画
三菱一号館美術館「画家が見たこども」'
画家が見たこども
エリアレポート 市原湖畔美術館「雲巻雲舒 ― 現代中国美術展・紙」
[エリアレポート]
雲巻雲舒
エリアレポート 東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」
[エリアレポート]
ピーター・ドイグ
エリアレポート 細見美術館「飄々表具 ー 杉本博司の表具表現世界 ー」
[エリアレポート]
飄々表具 杉本博司
エリアレポート ふじのくに地球環境史ミュージアム「消えゆく隣人」
[エリアレポート]
消えゆく隣人
国立新美術館「古典×現代2020」'
古典×現代2020
21_21
デザイナー達の原画
エリアレポート 愛知県陶磁美術館「異才 辻晉堂の陶彫」
[エリアレポート]
辻晉堂の陶彫
第3回 インターネットミュージアム検定
B-OWND 工芸のマーケットプレイスミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2020年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 ハマスホイとデンマーク絵画 特別展「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 フランス絵画の精華
写真展「138億光年 宇宙の旅」 【特別展】竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス 真珠 ― 海からの贈りもの 特集展示 大津絵と江戸の出版
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「鼠」
グランプリは《大根喰う(大黒)》でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2019、グランプリは「つくぞう&つくみ」でした
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2020 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青社グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社